ピクシブ百科事典

概要

1969年にブラジルの国営航空機メーカーとして誕生。
ブラジル空軍の技術者の力によって、双発プロペラ旅客機「EMB 110 バンデランテス(別名:バンディランテ)」を1972年に初飛行させ、商業的にも成功させる。
1976年には「EMB 121 シング」が初飛行し、1983年には、小型ターボプロップ機の「EMB 120 ブラジリア」と、ターボプロップのタンデム複座型練習機の「EMB-312 ツカノ」を相次いで発表。
海外では航空会社や軍隊でも採用されたが、国営企業の赤字体質は一向に良くならなかった。
1990年、3億米ドル(当時)の開発費用を投じ「CBA123」を開発したが市場では価格を半分にしなければならず開発が中止。
更にブラジル政府の援助が打ち切られ、さらに1991年の湾岸戦争勃発によって航空産業が低迷、赤字は悪化の一途を辿る。

政府はついに民営化を決め、2度の失敗の後、1994年12月に金融コングロマリット「ボザノ・シモンセン」、社会福祉年金運用会社「プレビ」、「システル」が共同で出資し、1億4670万米ドルで買収。
そこで最大株主であるボザノ・シモンセンから出向した社長によって体質改善しながら、国営時代の1990年代から開発していた50人乗りの小型ジェット機「ERJ145」の販売と、35人乗りの短胴型「ERJ135」の開発をする。これが小型のジェット旅客機を望んでいた各国の航空業界のニーズに合い、売れたおかげで4年後には黒字に回復。

1999年にはフランスの航空機製造企業のグループ、ダッソーに、株の20%を売却・提携すると
すぐに、一回り大きな70人乗りの新型機である「ERJ170」、98人乗り「ERJ190」、108人乗り「ERJ195」のERJ(Embraer Regional Jet; エンブラエル・リージョナル・ジェット)シリーズ開発を発表。(2010年に「E-Jet」シリーズに改名。)
2003年6月にERJ170初飛行、矢継ぎ早にERJ190、ERJ195も型式証明を取得。
2013年6月17日、パリ航空ショーで次世代E-Jet「E2」を送り出すことを発表。
ライバルとなるボンバルディア Cシリーズ(現:エアバスA220)やMitsubishi SpaceJetなどより一番遅れて開発に着手したものの、シリーズ初号機E190-E2が2016年2月25日に完成、同年5月23日初飛行している。

関連タグ

航空機 旅客機 リージョナルジェット

川崎重工業:ERJの機体の製造に参加。

関連記事

親記事

メーカー めーかー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エンブラエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130

コメント