ピクシブ百科事典

松本美知恵

まつもとみちえ

『響け!ユーフォニアム』の登場人物で、吹奏楽部の副顧問。
目次[非表示]

プロフィール

名前松本美知恵
誕生日10月28日
身長166cm
星座蠍座
血液型O型
好きな色カーキ
趣味宝塚を見にゆく
特技がうまい
好きなもの煮物水ようかん
嫌いなものポップコーンピーナッツ
CV久川綾


概要

北宇治高校の教師で、担当科目は音楽。吹奏楽部の副顧問を担当している。
黄前久美子加藤葉月川島緑輝の担任教師(クラスは1年3組)でもある。
年齢は43歳(原作公式ガイドブック、230ページ)。なお、主人公の久美子は初めて彼女を見た際に「五十歳は軽く超えているだろう」と見ていた。(原作1巻、15ページ)
原作小説では「白い髪を後ろで束ねている」という描写があるが(原作1巻、15ページ)、TVアニメ版では黒髪前下がりボブというデザインになっている。

本人は「北宇治高校でいちばん厳しい教師」を自負しており、入学早々に教室でバカ騒ぎをする新入生たちに対して高校生としての自覚を持つよう忠告したり、スカートの丈を上げている女子生徒に厳しい指導を入れたりしている(原作1巻、15~16ぺージ、TVアニメ版1期1話~1期2話)。挙句の果てにはサンライズフェスティバルをはじめとする本番演奏の前に、部員たちに対して「気合を入れろ!!」「声が小さい!!!」等といった強烈な激励の言葉を送っている(原作1巻、132ページ、TVアニメ版1期5話)。その毅然とした迫力ある態度に、部員たちからは畏敬の念を込めて「軍曹先生」と呼ばれている。(原作1巻、80ページ、原作3巻、362ページ、第二楽章前編、15~16ページ、22ページ)

その一方で、言葉の節々に生徒や部員たちを気遣う様子を見て取ることもできる。
1学期の期末テスト後に実施されたクラス内の二者面談では、オーディションのソリスト選出の結果によって生じた部内の対立を気にする久美子の様子を察して、「部活は余計なことは考えず、コンクールに向けて音楽を楽しめ」と諭している(TVアニメ版1期10話)。また、自身が下したオーディションの結果によって部内に対立が生まれてしまったことを悩む顧問の滝昇に対しても、「音楽というのはいいですね。嘘をつけない…… 良い音は良いと言わざるを得ない」と、自身の経験を通した言葉をもって遠回しに励ましている。
そして、非常に涙もろい一面も持ち合わせており、吹奏楽コンクールの京都大会(府大会)や関西大会(支部大会)において吹奏楽部が金賞と上位大会への出場権を獲得した際には、人目をはばかることなく号泣しながら喜んでいる。(原作1巻、319ページ、TVアニメ版1期13話、2期5話)
コンクールシーズンを終えて3年生が引退し、2年生と1年生のみの編成となった部の合奏風景を顧問の滝が眺めていたシーンでは、いままでとは打って変わって薄まったサウンドを「毎年毎年最初から始められる。それは素晴らしいことだと思いますよ?」と肯定的に捉えながら、教える側に立つ者としての挑戦と喜びを彼に伝えている。(TVアニメ版2期13話)

北宇治高校の吹奏楽部には、長いあいだ副顧問として携わっている。
今から遡ること十数年前、滝昇の父親である滝透(たきとおる)が顧問についていた頃から吹奏楽部に関わっており、彼の人柄や指導力、そして吹奏楽コンクール全国大会出場をはじめとする北宇治高校吹奏楽部の全盛期を知っている数少ないひとりである(TVアニメ版1期10話)。彼が転勤して北宇治高校を離れてからは正顧問にはならず、彼の代わりに入ってきた当時の顧問の指導による低迷期を副顧問という立場から見守り続けている(原作2巻、147ページ)。また、その当時の顧問とは折り合いが悪く、いまのように練習に関わることはほとんどなかった。(原作2巻、215ページ)
現在は、自身よりずっと若いながらも正顧問の座に就任した滝昇を副顧問という立場からサポートしつつ、部員たちに対しては毅然とした態度で臨む。まさしく、言葉通りの叩き上げの下士官として吹奏楽部に携わっている。

関連イラスト

白シャツ

軍曹先生:松本美知恵
松本美知恵43歳、、、たぶん独身★



パレード衣装(サンライズフェスティバル)

松本美知恵先生
ババアあの衣装着てくれ



関連タグ

響け!ユーフォニアム
女教師 軍曹 鬼軍曹
滝昇 - 北宇治高校吹奏楽部の正顧問。物腰の柔らかそうな見た目に反して的確な指導を行う。
黄前久美子 加藤葉月 川島緑輝 - 担当するクラスの生徒で、吹奏楽部の新入部員。

pixivに投稿された作品 pixivで「松本美知恵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70544

コメント