ピクシブ百科事典

小笠原晴香

おがさわらはるか

『響け!ユーフォニアム』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

名前小笠原晴香
誕生日10月28日
身長165cm
星座さそり座
血液型O型
担当楽器バリトンサックス
好きな色白、黒
趣味ロック鑑賞、ライブに行くこと
特技けん玉
好きなものこってりしたもの。ラーメン焼き肉
嫌いなものふわふわしたもの。ワッフルパンケーキ
CV早見沙織


概要

北宇治高校の3年生で、吹奏楽部に所属。バリトンサックスを担当しており、吹奏楽部の部長とサックスパートのリーダーを務めている。
心優しい性格の持ち主で、その性格から来る押しの弱さと部長としての責務の板挟みに遭い、しばしばコンプレックスに悩まされている。しかし、持ち前の優しさと勇気を兼ね備えたその人柄は多くの部員に慕われている。
副部長を務めている田中あすかのようなリーダーシップを備えていないことを自覚しつつも部長として皆の先頭に立とうとする彼女は、本気で全国大会を目指すこととなった吹奏楽部の変化とともに少しずつ成長を見せることとなる。

人物

小笠原先輩


容姿

飾り気のない純朴さのなかに、どことなく気弱で頼りなさげな雰囲気を漂わせた黒髪の女子生徒。(原作1巻、157ページ、第二楽章後編、47ページ、短編集2巻、62~63ページ)
部長として皆の前に立つ際にはピンと伸びた背筋、凛とした芯のある声音を見せるが(原作1巻、32ページ)、自信を喪失するとたちまちのうちにしゅんと丸まったものになってしまう。(原作1巻、131ページ)
なお、TVアニメ版のキャラクターデザインとしては、当初はカールのかかったセミロングカチューシャポニーテール等のいくつかの案があったものの、最終的にアサダニッキによる原作小説のイラストに準拠した、二つ結びのおさげという形に決定している。

性格

押しに弱く、優しすぎるとまで言われる性格の持ち主であり(原作3巻、16ページ)、自信の乏しさと情緒の不安定さも相まって、主人公の黄前久美子をはじめとする周りの部員たちからは「人を引っ張っていくのにあまり向いていない性格をしている」と評されている。(原作3巻、15ページ)
しかしながら、覚悟を決めるべきところではしっかりと腹をくくる面も持ち合わせており(原作3巻、79ページ)、彼女のことをよく知っている同級生の中世古香織からは「優しいだけじゃなく、勇気もある」と芯の強さを挙げられてもいる。(TVアニメ版1期7話)
また、涙もろい一面も持っており、吹奏楽コンクール京都大会において関西大会(支部大会)への出場権を勝ち取って「チームもなか」のメンバーによる祝勝と激励を受けた際には、感極まって泣き出した挙句に隣の席の岡美貴乃から茶々を入れられている。(TVアニメ版2期1話)

その他

  • あすかによれば後藤卓也を上回るほどの音痴であるらしい(原作1巻、98ページ、TVアニメ版1期4話)。また、部内では雨女という評判も立っているほか(TVアニメ版1期9話)、加えて方向音痴の素質も持ち合わせている。(短編集2巻、64ページ)
  • 好きな食べ物はラーメン。部活を引退後、同級生と卒業旅行に出かけた際にも、家族用のお土産にラーメンを選んでいる。(短編集2巻、105ページ)


演奏技術

Sound!



入部以来、真面目に練習に取り組んできたためにそれ相応の実力を持っており(原作1巻、74ページ)、オーディションを乗り越えて吹奏楽コンクールのA編成メンバーに選ばれるほどの実力を持っている。
もっとも、晴香の真の実力は普段の吹奏楽曲とは別のところで発揮されており、駅ビルコンサートにおけるステージ演奏の場では、これまで一度たりとも見せることのなかったファンキーでカッコいいソロをノリノリで披露してみせている。(原作3巻、118ページ、TVアニメ版2期7話)
また、晴香は前年度の定期演奏会においても「ディープ・パープル・メドレー」のバリトンサックスソロを同様のテンションで披露しており、あすかをはじめとする上級生たちはポップス曲を演奏する際の彼女の豹変ぶりを当たり前のものとして認識している。(原作公式ガイドブック、67ページ、107~108ページ)

彼女の吹くバリトンサックスのモデルは、YAMAHA YBS-62Ⅱ(「『響け!ユーフォニアム』北宇治高校吹奏楽部 体験ブック」、8ページ)。個人所有のマイ楽器(私物)である。(原作2巻、90ページ)
高校を卒業してからも趣味としてサックスを続けていくことを心に決めており(原作公式ガイドブック、108ページ)、大学に進学してからも演奏の場を探すために他校のサークルを見て回るなどの行動を起こしている。(短編集2巻、63ページ)

部内における活躍

三年生


1年生時~2年生時

部内にやる気のなさが蔓延していた頃から真面目に活動していた部員のひとりである。しかし、その当時の顧問の方針により、吹奏楽コンクールへの出場は年功序列順がとられていたため、同級生の香織と同様に、その努力と演奏技術が正当に評価されることはなかった。 また、2年生時(物語の1年前)には傘木希美をはじめとする1年生の一派がそのような部内の現状を目にして絶望しており、結果として彼女たち1年生部員の大量退部を招く一因となっている。(原作2巻、150ページ)

3年生進級~吹奏楽コンクール京都大会

ひとつ上の代の先輩たちが引退をし、晴香たちの代が部を牽引する番になると、晴香を含めた同期の大多数は田中あすかに部長についてもらうことを希望する。しかし、当のあすかがそれを拒否したために、人のよさにつけ込まれる形で晴香が部長の役職を受け持つこととなった。(原作1巻、121ページ、原作3巻、16ページ)
期せずして部長に就任することになった晴香は、本質的に部員の統率に向いている性格ではないため(原作3巻、15ページ)、部内の方針等を決める際には他のパートリーダーたちの意見を聞き、その上で多数決をもって決めるという調整型のリーダーとして舵取りを行うこととなる(TVアニメ版1期4話)。晴香自身も己の統率力の乏しさを自覚しており、「あすかが全部やってくれればいいのに」として部長を辞めたいと思うことも何度もあった。(原作1巻、157~159ページ、原作3巻、80ページ、TVアニメ版1期7話)
しかし、副部長として率先して皆をリードするあすかや、常に晴香のそばに寄り添って支えてくれる香織の助けなどもあり、実際に辞めることなく部長としての仕事を続けている。さらに、吹奏楽コンクールに向けて行われたオーディションによって生じた不和への対処(TVアニメ版1期10話)等を通して、次第に部長としての経験値を積み重ねてもいる。

吹奏楽コンクール関西大会

北宇治高校吹奏楽部が吹奏楽コンクール京都大会(府大会)において金賞を受賞し、より上の大会である関西大会(支部大会)への進出を決めたのと時を合わせて、かつての後輩であった希美が吹奏楽部への復帰を希望してたびたび部活を訪れるようになる。晴香はこの問題に積極的に介入する様子を見せず、副部長のあすかにすべての解決を委ねている。その理由として、一連の騒動の張本人である希美があすかに対して直談判を繰り返していることもあるが、もともと希美自身が晴香に従うような後輩ではないことも挙げられている。(原作2巻、87~89ページ)

夏合宿ではレクリエーションの一環として行われた花火大会の司会進行役を務めたり(TVアニメ版2期3話)、吹奏楽コンクール関西大会の本番前には緊張する部員をなだめたり「北宇治ファイト―!」の発声のもとに部員たちの心をひとつにまとめたりと(原作2巻、289ページ、TVアニメ版2期5話)、部長ならではの活躍ぶりも発揮するようになっている。

あすかの退部騒動~吹奏楽コンクール全国大会

吹奏楽コンクール関西大会において大阪府の強豪校を退けた北宇治高校吹奏楽部は、見事吹奏楽コンクール全国大会への出場権を獲得し、10月末の本番に向けて更なる練習にまい進することとなる。
その過程のなかで、副部長のあすかが大学受験を理由に退部を迫られ、突如として部活に顔を出さなくなってしまう。部内における精神的支柱を担ってきたあすかの消失は、瞬く間に部内全体の士気を急速に下落させることとなり、この事態を重く見た晴香は自身も動揺と不安を隠せないでいるなか、意気消沈する部を立て直すために部長として腹をくくることを決める。

沈み込んだ部内の雰囲気を察して合奏練習を切り上げた顧問の滝昇が立ち去ったあと、晴香は彼と入れ代わるようにして指揮台に立つ。晴香は、あすかがいなくなって不安になる部員たちの内情と自分自身を含めた部員たち全員があすかを「特別」な存在だと思っていることを挙げつつ、いまのあすかは受験を理由に退部を迫られたひとりの女子生徒に過ぎないとして「あすかは、特別なんかじゃなかった」と改めざるを得なくなった認識を口にしている。
そうして、今もなお苦境に立たされているあすかのために「今度は私たちがあすかを支える番だと思う」と畳みかけるように言葉を重ねる晴香は、部員たちに対して強い結束を求め、結果として停滞していた部内の士気を前進させることに成功している。(原作3巻、79~83ページ、TVアニメ版2期7話)

その後も晴香は香織とともにあすかの復帰のための働きかけを行うが、ふたりの懸命の努力にもかかわらず事態は好転せず、また、そのような現状を前に晴香自身も「がっかり、かな……」と、あすかに対して抱いていた期待が薄らいでいることを明かしている(TVアニメ版2期10話)。しかしそんな折、あすかは自身の後輩である黄前久美子からの働きかけをきっかけに復帰の意志を固め、模擬試験の結果をもとに部活復帰の約束を取りつけて吹奏楽部への復帰を果たす。結果的には自身の力だけで復帰を果たしてしまったあすかであったが、晴香はこれまでのあすかに対する働きかけからくる私情よりも、彼女の復帰それ自体を喜んで歓迎している。(TVアニメ版2期10話)

そして、あすかを含めたフルメンバーで迎えた吹奏楽コンクール全国大会の当日、本番前のリハーサルにおいてに晴香は「今日ばっかりは、決してネガティブなことは言わない」と宣言をしたが(原作3巻、331ページ)、すべてが終わったあとの部長挨拶の最中、感極まった晴香は話の途中で泣き出してしまったため、収拾がつかなくなった晴香に代わる形であすかが挨拶を続けている。(原作3巻、363ページ、TVアニメ版2期12話)

引退~卒業式

コンクールシーズンを終えた晴香は、次の代の部長職に吉川優子を指名し、あすかや香織たちとともに吹奏楽部から引退した。
その後は大学受験に向けた勉強と並行しつつ、新体制の部による定期演奏会の公演を手伝ったり、あすかや香織をはじめとする同級生全員で卒業旅行に出かけるなどの活動を見せている。(原作公式ガイドブック、41~56ページ、106~108ページ、短編集2巻「未来を見つめて」)
在校生主催による卒部会においては、新部長である優子からプレゼントを受け取ったほか、3年生部員のひとりとして在校生に対する演奏を披露している。また、それに続く形で在校生による「三日月の舞」が披露された際には、これまでの思い出を振り返りながら涙を浮かべている。(TVアニメ版2期13話)

卒業後

北宇治高校を卒業後、立華高校の吹奏楽部と合同で行われた演奏会にあすかと香織の3人で参加し、自身は香織とともに演奏者として加わっている。(原作公式ガイドブック、177~178ページ)
また、晴香の進学先の大学にはオーケストラ(管弦楽)のサークルしか存在しないため、サックスが活躍できる吹奏楽系のサークルを探して斎藤葵が進学している大学を訪れることとなる。サークルを探す途中に偶然葵と再会した晴香は、そのまま彼女と一緒に吹奏楽サークルの体験入部に参加する(短編集2巻「そして、そのとき」)。それ以降ふたりは親しくなり、互いの大学こそ異なるもののそのままサークル活動を続けているほか、北宇治高校吹奏楽部が吹奏楽コンクール京都大会に出場した際にも、後輩たちを応援するためにふたり揃って足を運んでいる。(第二楽章後編、45~48ページ)


主要キャラクターとの関係

田中あすか

あすはる



吹奏楽部の副部長と低音パートのリーダーを務める同級生。3年生。
晴香は彼女を「あすか」と呼び、対するあすかは「晴香」と呼んでいる。
あすかとは高校に進学してから知り合っており(原作3巻、80ページ)、突飛な言動を取りがちなあすかに呆れながらも3年間をともに過ごしてきている。(短編集2巻、92ページ)
一方で、部内における仕事をすべてそつなく、かつ完璧にこなしてみせるあすかに対して、晴香は少なからずコンプレックス(劣等感)を抱いており、時としてそれが爆発することもある。

吹奏楽コンクール全国大会前に巻き起こったあすかの退部騒動の際には、これまで部内における支柱的な役割を担い「特別」な存在として見なされていたあすかについて、彼女が決して「特別」な存在ではなかったという事実を挙げた上で、これからは自分たちがあすかを支える側に回ろうと部員たちに呼びかけている。(TVアニメ版2期7話)
その一方で、晴香はあすかに「特別」でいてほしいと思っていることを香織に明かしている。(TVアニメ版2期10話)

コンクールシーズンを終えて部活から引退したのち、晴香はあすかにコンプレックスを抱いていたかつての自分自身を悔いていることを久美子に明かしている(原作公式ガイドブック、55~56ページ)。また、卒業旅行の際にもあすかに向かって「あすかだってカリスマ性あるやん」と告げているが、当のあすかは「それは晴香の贔屓目ってやつ」と晴香の額を指先で小突きながらいなしている。(短編集2巻、98ページ)

中世古香織

ベストフレンド



トランペットパートのリーダーを務める同級生。3年生。
晴香は彼女を「香織」と呼び、対する香織は「晴香」と呼んでいる。
原作小説では両者の絡みの描写はほとんどないが、TVアニメ版では相談役として学校の内外を問わずに晴香を支えている。また、吹奏楽コンクールの自由曲におけるソロパートを巡る再オーディションの際には、部長としての立場を離れ、高校の3年間部活における苦楽を分かち合った仲間として香織を支持している。(TVアニメ版1期9話、1期11話)
そして、吹奏楽コンクール全国大会前に起こったあすかの退部騒動の際には、香織は晴香とともにあすかのことを心配するとともに、部長としての覚悟を決めて自立しようとする晴香を支えている。(TVアニメ版2期7話)
コンクールシーズンを終えて部活を引退してからは、吉川・中川の新体制における定期演奏会の準備の手伝いに晴香と一緒に駆けつけたほか(原作公式ガイドブック、47ページ、107~109ページ)、卒業式後に行われた立華高校との合同演奏会にも晴香とともに演奏者として参加している。(原作公式ガイドブック、178ページ)

吉川優子

トランペットパートに所属するひとつ下の後輩。2年生。
晴香は彼女を「優子」と呼び、対する優子は「小笠原部長」もしくは「部長」と呼んでいる。
あすかの退部騒動のなかで、部をまとめるために皆の前に立った晴香に対し、優子は彼女をフォローするとともに、その覚悟を後押ししている(原作3巻、81~82ページ、TVアニメ版2期7話)。
また、自身の引退に合わせて新部長を任命する際には、晴香は当初、優子の持つ特質である「自らの信じる正義をまっすぐに貫きすぎる」がゆえの視野の狭さと意志の折れやすさを不安視し、彼女を部長職に据えることにはあまり乗り気ではなかった(短編集2巻、96~97ページ)。しかし最終的には、人間関係の緩衝役として優秀な夏紀を副部長に置くことで納得をしている。

語録集

———みんな、少しだけ時間くれる?
あすかがいなくて、みんな不安になるのは当然だと思う。でも、このままあすかに頼ってたらだめだと思うの。あすかがいないだけで不安になって、演奏も駄目になって。でも、部活ってそうじゃない。
私は、自分よりあすかのほうが優秀だと思ってる。だから、あすかが部長をやればいいって、ずっと思ってた。私だけじゃない。みんなもあすかがなんでもできるから頼ってた。あすかは特別だからそれでいいんだって。

でも…… あすかは、特別なんかじゃなかった。
私たちが勝手にあの子を特別にしていた。副部長にパートリーダーにドラムメジャーとか、仕事を完璧にこなすのが当たり前で、あの子が弱みを見せないから平気なんだろうって思ってた。

今度は、私たちがあすかを支える番だと思う。あの子がいつ戻ってきてもいいように。
もちろん、去年のことがあるから、むかついている人もいると思う。あすか以外、頼りない先輩ばっかって感じてる子もいるかもしれない。

それでも、ついてきてほしい。
お願い…… します。
(原作3巻、79~81ページ、TVアニメ版2期7話)

北宇治高校吹奏楽部のパートリーダー一覧


サックスパートのメンバー一覧

アルトサックス

  • 岡本来夢(3年)
  • 橋弘江(3年) - 丸眼鏡。宮キリコや2年生の平尾澄子と仲良し。
  • 宮キリコ(3年) - 駅ビルコンサートではソプラノサックスを担当している。
  • 森田しのぶ(2年) - いつもテンパっている。感情表現が豊か。
  • 牧誓(1年)
テナーサックス
バリトンサックス
  • 小笠原晴香(3年)

関連イラスト

冬制服

部長・小笠原晴香
部長副部長


ユーフォまとめ
🎉



夏制服

6月
フォローバックが止まらない


おがせこ先輩
響け!ユーフォニアム



パレード衣装(サンライズフェスティバル)

小笠原晴香
C93 新刊②『Drammatico』表紙


小笠原晴香
小笠原部長



ジャージ

小笠原晴香



北宇治Tシャツ(駅ビルコンサート)

晴香SOLISTER
響け!スケッチ#2



私服

小笠原晴香
みつどもえ?



関連タグ

響け!ユーフォニアム
サックス
田中あすか - 低音パートに所属し、同パートのリーダーと副部長を兼任する同級生。3年生。
岡本来夢 - アルトサックス担当。同じサックスパートに所属する同級生。3年生。
斎藤葵 - テナーサックス担当。同じサックスパートに所属する同級生。3年生。
中世古香織 - トランペットパートに所属し、同パートのリーダーを務める同級生。3年生。

滝昇 - 北宇治高校吹奏楽部の顧問。晴香とは対照的な強制型リーダー。

風町陽歌 - 中の人が一緒で下の名前の読みが同じ「はるか」。しかも音楽関係つながりでもある。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「小笠原晴香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 875359

コメント