ピクシブ百科事典

友情・努力・勝利

ゆうじょうどりょくしょうり

週刊少年ジャンプの三大原則(と言われるもの)。
目次[非表示]

友情努力勝利

週刊少年ジャンプ』(WJ)は、全ての掲載作品にこの要素3つのうち「最低1つ」入れることを編集方針としているとよく言われる。

この原則は、同誌の前身ともいえる『少年ブック』から受け継いだものであり、元は小学校4年生・5年生を対象にしたアンケート(「一番心あたたまる言葉」「一番大切に思う言葉」「一番嬉しい言葉」)によって決められたものである。

たまに誤解されるが、「ジャンプの少年漫画はこの3要素を全て盛り込まなければならない」という訳ではなく、WJ連載作品でも全要素をまんべんなく兼ね備えた作品の方が少ない。

中でも軽視されやすいのは「努力」の要素で、例えば『ONEPIECE』では「勝利」、「仲間(=友情)」はしつこいほど推してくるが、「努力」は重視していない。近年のエンタメではいわゆる「俺TUEEE」のように、”努力”よりも“チート”が好まれる傾向にあるとよく言われ、ジャンプ作品でも主人公の成長の理由づけとして「現実では考えられない身体能力」、「何者かに特別な力を授けられる」、「親や先祖が英雄だったり、生まれつきのエリート」といった設定がしばしば持ち出される(主人公が上記の属性を持ち合わせた上で苦難に遭遇し、これを乗り越えるといったストーリーもよくあるが)。

「『こち亀』のどこに友情・努力・勝利があるんですか?」という具合のツッコミがされることもあるが、実際3要素の一つも入っていないジャンプ作品も結構多い。ジャンプ漫画賞の公式アカウントでは、この3原則について「公式で掲げた原則ではない」「あってもなくてもどちらでもいい」とコメントしている

この傾向は最近に始まった話でもなく、ジャンプ黄金期を現出した編集者のひとり鳥嶋和彦(元WJ編集長)は「友情」「勝利」を「子供にとって正しい」としつつも、「努力」については「子供は好きじゃない、むしろ大嫌い」「全く無意味ですね。あんなのはバカが言うこと」と言下に否定している。そんな鳥嶋の担当した『ドラゴンボール』などの作品にも主人公が強くなる「努力」のプロセスは存在するが、氏の意向を反映してか必要最低限の描写に留められていることが多い(鳥嶋の言によると、修行シーンばかり見せられる読者が飽きて離れてしまわないように、とのこと)。
近年のWJのヒットコンテンツである『鬼滅の刃』は、歴代のジャンプ作品の中でも珍しく、3要素の中で「努力」の見せ方に最も重きを置いた作品であり、「三大要素への原点回帰」と評する声もある。

各原則

友情

味方のために尽くす、チームワークを重視する、味方の仇討をする、相手を思いやる(愛情)、などといった、行動を重んじるもの。

努力

一つの目標に向かって努力する。

勝利

敵に勝つこと、スポーツ・格闘などで勝利することを重んじるもの。

「友情・努力・勝利」に直接言及したジャンプ作品

銀魂 とっても!ラッキーマン
ドラゴンボール劇場アニメ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」のみ)

表記ゆれ

努力・友情・勝利

関連タグ

週刊少年ジャンプ ジャンプ漫画 スポ根 少年漫画 男子小学生

関連記事

親記事

少年ジャンプ しょうねんじゃんぷ

子記事

兄弟記事

コメント