ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

響け♪ユーフォニアム

あにめひびけゆーふぉにあむ

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』の第1期。本項目では、同作を基にした劇場版およびドラマCDについても解説する。
目次 [非表示]

概要

武田綾乃による青春部活小説響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』を原作とする、京都アニメーション制作のTVアニメーション。2014年の12月に『響け!ユーフォニアム』のタイトルでTVアニメ化が発表され、翌年の2015年4月から同年の6月末にかけて放送されている。

監督は『涼宮ハルヒの憂鬱』『中二病でも恋がしたい!』などの作品を手がけた石原立也、シリーズ演出は『けいおん!』『たまこラブストーリー』などの監督として受賞歴のある山田尚子が担当している。

アニメ化するにあたり、原作小説では主人公など一部の登場人物を除いて宇治弁(京都弁の一種だが、言語学的には京言葉よりも河内弁に近いとされる)が使われていたところを標準語に変更、さらに制服のデザインや作中に登場する吹奏楽曲なども一新されている。


劇場版

2015年10月に京都四條南座で開催されたスペシャルイベントにおいて、本作の内容を基にした劇場版『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』の制作が発表されている。TVシリーズで放送された13話分を振り返る内容の総集編になっており、上映時間は1時間43分。2016年4月23日に公開されている。


ドラマCD

TVアニメ版の内容を補完するものとしてドラマCDもリリースされており、1年生編の夏までのエピソードを収録した第1弾『TVアニメ『響け!ユーフォニアム』ドラマCD』が2015年8月に、1年生編の冬から2年生編の春先にかけてのエピソードを収録した第2弾『「響け!ユーフォニアム」5th Anniversary Disc ~きらめきパッセージ~』が2021年3月にそれぞれ発売されている。


作品情報

TVアニメ第1期

題名響け!ユーフォニアム
監督石原立也
シリーズ構成花田十輝
キャラクターデザイン池田晶子
シリーズ演出山田尚子
音楽松田彬人
媒体TVアニメ
アニメーション制作京都アニメーション
製作『響け!』製作委員会
放送開始2015年4月~6月

各話リスト

話数サブタイトルアイキャッチ(登場パート)
第1話ようこそハイスクールクラリネットバスクラリネット
第2話よろしくユーフォニアムオーボエファゴット
第3話はじめてアンサンブルフルートピッコロ
第4話うたうよソルフェージュアルトサックス
第5話ただいまフェスティバルテナーサックス
第6話きらきらチューババリトンサックス
第7話なきむしサクソフォントランペット
第8話おまつりトライアングルトロンボーン
第9話おねがいオーディションホルン
第10話まっすぐトランペットユーフォニアム
第11話おかえりオーディションチューバ
第12話わたしのユーフォニアムコントラバス
第13話さよならコンクールパーカッション
番外編かけだすモナカ指揮者

放送したテレビ局

ここまで2015年4月から7月初めまで放送

  • tvk - 第2期放送を前に2016年7月4日-9月26日に放送。

劇場版

題名劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜
監督石原立也
脚本花田十輝
キャラクターデザイン池田晶子
シリーズ演出山田尚子
美術監督篠原睦雄
色彩設計竹田明代
楽器設定高橋博行
撮影監督高尾一也
音響監督鶴岡陽太
音楽松田彬人
音楽制作ランティス
音楽制作協力洗足学園音学大学
演奏協力フレッシュマン・ウィンド・アンサンブル
音楽監修大和田雅洋
アニメーション制作京都アニメーション
製作『響け!』製作委員会
配給松竹
公開日2016年4月23日

ストーリー

中学校最後の吹奏楽コンクール。結果は金、しかし全国には出場できない「ダメ金」。

それでも金を取れたと喜ぶ黄前久美子

しかし、横にいた高坂麗奈は涙を流し全国に出れなかったことに「死ぬほど悔しい」と未練に満ちた言葉をこぼす。

久美子は「本気で全国に出れると思ってたの?」と冷めた言葉を投げ掛ける。

それに激昂した麗奈は久美子に問い掛ける

     アンタは悔しくないわけ?


それから部活を引退した久美子は、中学校を卒業。

吹奏楽部をするつもりは毛頭なかった久美子は、吹奏楽では弱小校の北宇治高等学校に進学した。

しかし、高校の正門で吹奏楽部の勧誘のための演奏パフォーマンスに遭遇する。

そこから、クラスで出会った友人、加藤葉月川島緑輝(さふぁいあ)からの誘いで、吹奏楽部の体験入部に行くことに。

その体験入部で偶然、麗奈を見つけてしまい……


そして、次の曲が始まるのです!


登場人物

親記事「響け!ユーフォニアム」内の項目「登場人物」を参照。


主題歌

オープニングテーマ

DREAM SOLISTER

歌・作詞 - TRUE(唐沢美帆) / 作曲・編曲 - 加藤裕介


エンディングテーマ

トゥッティ!

作詞・作曲 - ZAQ / 編曲 - 高田暁 / 歌 - 北宇治カルテット(黒沢ともよ朝井彩加豊田萌絵安済知佳


愛を見つけた場所」(8話)

作曲 - 奥華子 / 編曲 - 松田彬人


DREAM SOLISTER(Wind Orchestra Ver.)」(13話)

作曲 - 加藤裕介 / 編曲 - 松田彬人


プロモーションビデオ

Starting the project

作曲 - 松田彬人 / (吹奏楽版)編曲 - 津崎知之


備考

オープニングは前回のハイライトをまとめたアバン映像を入れてからOPに入るが、8話・14話(OVA)ではアバンなしで本編後にOPが入り、13話では作品タイトルのカットだけのOPなしで本編からスタートした。


小ネタ

TVアニメシリーズでは2期以降も含めて、各話の終わりを「そして、次の曲が始まるのです!」という久美子の決め台詞と「つづく」のテロップで締めくくるのがお約束となっているものの、各期の最終話は違う台詞+「終」のテロップで、1期番外編のみ葉月の「始まる!」のセリフ+「おわり」のテロップで締められている。さらに、2期5話では久美子の締めの台詞の代わりに、みぞれの「たったいま、好きになった」という台詞で締められている。


原作小説版の例に倣(なら)い、2期も含めたTVアニメ版では地上波での放送時にフィクションであることのテロップに「もし同一の名称があった場合も、(略)」の文言が加えられている(アニメ版に登場する主要人物以外の吹奏楽部部員の苗字のほとんどに由来があるため)。


AbemaTVで本作が放送された際、エンディング初めの砂嵐の部分で映像がフリーズするというトラブルが頻繁に発生し、エンディング曲の「トゥッティ!」にちなんで「トマッティ」(止まる+トゥッティ)というコメントがコメント欄に並ぶことがあった。なお、ABEMA(AbemaTVから名称変更)のオンデマンド配信ではそのトラブルは改善されている。


関連動画

プロモーションビデオ第1弾(2015年1月)


プロモーションビデオ第2弾(2015年3月)


『響け!ユーフォニアム』特別告知(2015年11月)


『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』予告映像(2016年2月)


関連タグ

響け!ユーフォニアム(原作小説、登場人物、用語解説などはこちら)

京都アニメーション 2015年春アニメ

北宇治高校吹奏楽部 響け!ユーフォニアムの楽曲一覧


外部リンク

関連記事

親記事

響け!ユーフォニアム ひびけゆーふぉにあむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 307

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました