ピクシブ百科事典

クリム・ニック

くりむにっく

クリム・ニックとは、TVアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:逢坂良太

人物像

本名クリムトン・ニッキーニ。
アイーダ・スルガンと同じく海賊部隊に所属するモビルスーツパイロット。階級は中尉(後に大尉に昇進)。
アメリア大統領ズッキーニ・ニッキーニの息子という立場にあるが、本人はその権力に甘んじる事はせず、政治に関しては無頓着。加えて内面には父ズッキーニに対する不信感も持ち合わせる。
アイーダから「モビルスーツ大好き男」と呼ばれる程に好戦的な性格の持ち主であり、1パイロットとして自ら戦場に立つ。

常に強い上昇志向を胸に抱き、それに裏打ちされた天才的な操縦技術と絶対的な自信を持つエースパイロットであり、モンテーロや宇宙用ジャハナムなどの試作機、新型機を任せられている。
その地位は実力で勝ち取ったものであり、ゴンドワンとの大陸間戦争でその頭角を表し、幾多の実戦を繰り返して功績を積み上げてきた。その実力はズッキーニにも認められるものであり、彼からの信頼も篤い。
利用出来る物は利用し、また人心の掌握にも長ける策略家であり、戦術眼についても確かなものを備えている。実戦に於いても敵の欠点を的確に突き、自らの失敗を即座に認識する事からも、パイロットとしての優秀さが伺える。

しかし、その一方でオーバーアクション気味で演技掛かった立ち振舞が目立ち、また自らを天才と評しながらも抜けた部分があるなど、お調子者や三枚目という印象が拭えない。
自分の悪口を聞き逃さない地獄耳の持ち主だが、その一方でお世辞やおだてに弱く口達者な人間によって利用される事も少なくはない。
整った容姿を持つ事がその独特のキャラクターに拍車を掛けており、そういった意味では美形であるにも関わらず性格や立ち振る舞いで損をしているようにも捉えられる。
また、自身のパイロットとしての腕前に酔っている事から独断専行や高圧的な態度も目立ち、それが油断に繋がる事も少なくは無い。
そういった姿勢から、周囲からは「ドラ息子」「自称天才」と揶揄される事もあるが、ラライヤ・マンディに懐かれながらも邪険に扱わない優しさも伺わせる。

自信家であるが故にアイーダやベルリが動かす事が出来たG-セルフを自らが扱えない事に対してコンプレックスを抱いており、特にベルリに対しては嫉妬とも言える感情を露わにする。
そういった経緯から時としてベルリと皮肉の応酬を繰り返す事もあるが、ベルリによって幾度と無く命の危機を救われており、また彼の事を戦力として頭数に入れて計算しているなどその実力を認めている。

海賊部隊がキャピタル・テリトリィへ向かうのと前後してアメリア本国へ召喚され、サラマンドラ艦隊のモビルスーツ大隊長に就任し、大尉へと昇格。キャピタル・タワー占拠の為に部隊の指揮を執った。
その後、キャピタル・ガードの宇宙憲章を逆手に取った作戦でキャピタル・タワーの最上部「ザンクト・ポルト」を占拠するが、月の裏側にあるスペースコロニー国家「トワサンガ」のドレット艦隊の襲来を目の当たりにする。一度はドレット艦隊に対してキャピタル・アーミィと共闘するが、その際に用いた策を看破された事によって敗走を余儀なくされる。
その後アーミィの起こした混乱に乗じてサラマンドラにてトワサンガへと向かい、ドレット軍の戦力を我が物にしようと画策。彼らの軍門に降り、同じくトワサンガへと入国したマスクらと轡を並べながらも水面下で対立した。
そしてドレット軍との共闘関係が崩れてからは再びアメリア軍本隊と合流し、キャピタル、ドレット軍との三つ巴の戦いへと身を投じ、ベルリ達から提供されたモビルスーツダハックを用いて多大な戦果を挙げるが、最後は父と離反。
戦後クレッセント・シップによる世界一周の旅に出た際には、演説を行う父に対してクレッセント・シップをぶつけるという強行で彼に対する決別の意を顕にし、その後ミックと共にクレッセント・シップを下船した。

関連イラスト

くりむにっくさん
クリム・ニック


元気のGだ!!
クリム・ニック



関連項目

Gのレコンギスタ
ベルリ・ゼナム アイーダ・レイハントン ラライヤ・マンディ ミック・ジャック
モンテーロ ジャハナム ダハック
残念なイケメン おかっぱ

pixivに投稿された作品 pixivで「クリム・ニック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 498368

コメント