ピクシブ百科事典

モンテーロ

もんてーろ

モンテーロとは、アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

キャピタル・テリトリィと敵対する海賊部隊の保有するモビルスーツ
同部隊のエースパイロットであるクリム・ニックの専用機。

アメリア軍の第三世代モビルスーツであり、「モビルスーツによる単独長距離侵攻」をコンセプトに大気圏内に於ける高い運動性能と安定性を追求して開発された試作機。
その運用形態の性質上機体の外観はグリモアとは大きく異なり、シルエットも猛禽類を思わせるスマートな物となっている。
ニュークリアス構造のコックピットブロックなど、グリモアとある程度の部品共通が成されているものの、ほぼワンオフに近い生産形態から整備性は低く、修理を行うにも苦労が伴う。

コックピットレイアウトもアメリア軍の共通フォーマットを採用しているが、モンテーロは胸部から突き出たパーツが上下に展開する事でパイロットが乗り込むための足場となる独自の機構を有する。

本機のシルエットを決定付けている両肩のシールドはバインダーとしての機能の他、備え付けられた高出力スラスターを用いて本機の機動力と運動性を支えており、重力下に於いてはその推力を持ってしてモビルスーツ単独での長時間飛行を可能とする。
また、シールドは裏面に武装を保持する為のマウントラッチを有しており、ここにビーム・ジャベリン等を懸架する。

パイロットであるクリムの腕もあって海賊部隊の主力機・旗機と言える活躍を見せるが、キャピタル・アーミィがエルフ・ブルックなどの新型機を繰り出す中で次第に性能面で劣勢に立たされて行き、最終的に整備用のパーツ枯渇に伴い用済みとされ、クリムが本国へ帰還している最中に戦力の頭数を揃えるべく無人で運用され、その末に撃墜された。
ただし、その戦闘データはクリム用に用意された宇宙用ジャハナムに受け継がれている他、運用ノウハウは宇宙用ジャハナムの開発にもフィードバックされている。

その後、キャピタル、アメリア、トワサンガが三つ巴の戦いを展開する最中に量産体制が敷かれ、モスグリーンに彩られた機体が多数配備された。
形状はクリム機と同様であり、ビーム・ジャベリンや専用のビーム・ライフルなどの装備も共通である。

武装

頭部バルカン砲/胸部バルカン砲

G-セルフG-アルケインなどと同様に頭部に配された炸薬式機関砲。
胸部にも大口径のものが装備されている。

ビーム・ライフル

高機動長距離移動型というモンテーロの性質を鑑みて開発された専用の携行型ビーム兵装。
バッテリーマガジンの搭載数を軽減し消費エネルギーを抑えているが、新型コライダーの搭載により一発あたりの破壊力を据え置いている。
中・遠距離戦で効果を発揮し、ビーム・ジャベリン使用時の隙を埋めるサイドアームとしての役割も担う。
非使用時にはリアアーマーにマウント可能。

ワイヤー・フック

左腕に内蔵されているアンカー。
グリモアも同様の装備を有しており、電流を流す事で敵の電子機器へダメージを与える。
クリムはビーム・ワイヤーで防御を崩し、同時に放ったワイヤー・フックで敵機を撃墜する芸当をこなしている。

ミサイル

宇宙世紀時代のジェガンヘビーガンのハンド・グレネードと同様のレイアウトで配された誘導弾。
ミノフスキー粒子散布下に於ける命中率は高く無いが、緊急時にはビームを防ぐ為の弾幕としても使用される。

ビーム・ジャベリン

本機最大の特徴とも言える装備。
その名の通り、ビームを発生させる槍であり、これによってビーム・サーベルよりも長いリーチの槍術を繰り出す事が出来る。
本来は対艦攻撃用の特攻兵装であり、ジャベリンの名の通り槍投げの要領で投擲する事で真価を発揮する。
その性質上使い捨ての武装という意味合いが強いが、ビーム・サーベルとしての機能を備え、内蔵されたビーム・ワイヤーによるトリッキーな攻撃も可能となっており、更に回転させれば盾代わりになるなど、運用の幅は広い。
非使用時には上下に分割しシールド裏面に懸架され、それによって最大4~6回のジャベリン投擲を可能としている。

余談

本編序盤に於いてはワンオフ機として描写されているが、設定初期段階ではアイーダ・スルガン用の赤いモンテーロも用意されていた。
モンテーロはプラモデル等の商品展開に於いて「モンテーロ(クリム・ニック専用機)」と表記されており、アイーダ機が設定された名残を見る事が出来る。

関連項目

Gのレコンギスタ
グリモア G-アルケイン G-セルフ ジャハナム ヘカテー(MS)
クリム・ニック

pixivに投稿された作品 pixivで「モンテーロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67829

コメント