ピクシブ百科事典

G-アルケイン

じーあるけいん

G-アルケインとは、TVアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

アメリア軍の秘密部隊である海賊部隊が保有するモビルスーツ
高度なテクノロジーが記された「ヘルメスの薔薇の設計図」を基に建造された機体であり、その中でも特徴的な「G系統」と呼ばれる系譜に属する。
アメリア軍としては初のG系統機であり、これまでアメリア軍が蓄積してきたモビルスーツ開発技術を投入して制作された機体としての側面も持つ。
第1号機がテスト運用を兼ねて海賊部隊に配備され、アメリア軍総監グシオン・スルガンの娘であるアイーダ・スルガンの専用機として運用される。

頭部にはG-セルフと同様に角を思わせるアンテナとツインアイという宇宙世紀時代のガンダムを思わせる意匠を有しており、これがアイーダがG-セルフにその名を与える由来となった。
また、本機の頭部にはグリモアと同様にフォトン・ラジエータを搭載しており、過剰パフォーマンス時にはこれを展開する事で余剰エネルギーを放出する事が可能となっている。

アメリアに於ける技術革新と士気向上の象徴として扱われている一方で、各種部品の工作精度の問題から本来の仕様通りに完成しておらず、当然ながらそのポテンシャルも設計通りに発揮出来ているとは言えない。
その為、同時に建造されていたG系統用の物と思われるバックパックユニットの多くは装備する事が出来ず、それらはG-セルフによって運用されている。
また、本来の設計であればG-セルフと同様のフォトンフレーム、フォトン装甲を有する筈であったが、技術力の不足によってそれらの再現は不可能であった。ただし、フォトンフレームの研究成果は額や口元の起動マークに現れている。

本機は腰部に背面翼と、それと一体化したブースターを追加装備しており、操作にはある程度の慣熟が必要となるものの、これによってカットシーモンテーロと同様にモビルスーツ単体での飛行が可能(過剰パフォーマンス時には単独で成層圏にまで上昇するだけの推力を生み出しており、その性能の高さを伺わせる)。
更にバックパックとブースターユニットを基点としたモビルアーマー形態への可変機構も有しており、これによって行動半径を広げる事が可能となっているが、アイーダ自身が「自分の美意識に反する」という理由から、積極的に可変を行うことはしない。

なお、当機はアイーダと共にトワサンガ、ビーナス・グロゥブなど様々な戦場を転々とし、最終的に「フルドレス」と呼ばれる追加装備を手に入れるに至った。
フルドレスは、後頭部増加フォトン・バランサーと8基の腰部バインダー、そしてバインダーに搭載された拡散レーザー砲から成る追加装備であり、これを装備する事によって高い機動力と制圧能力を付与される。
その名は「正装」を意味し、フルドレス装備に伴いG-アルケイン本体及び携行武装もアップデートが行われている。

武装

頭部バルカン砲

モンテーロやグリモアと同様に頭部に装備された炸薬式バルカン砲。

ビーム・ワイヤー

前腕部に装備されているビーム・ワイヤー。
海賊部隊共通の装備だが、G-アルケインのそれは他の海賊部隊の機体とは違い機体本体に装備されている。
リール部分はグリモアやモンテーロのそれと比較して小型であり、ワイヤーの使用可能回数は少ない。

対艦ビーム・ライフル

身の丈を超える大型のビーム兵装。
その名の通り対艦用の装備である事から遠距離からの狙撃や大型の標的に用いる事で威力を発揮するが、一方で白兵戦に於ける取り回しが難しい。
近接戦闘時にはグリップをスライドさせる事によってビーム・ソードとして使用されるが、エネルギー効率が悪く、数十秒しかビーム刃を形成する事が出来ない。
フルドレスへの換装と共にカラーリングが本体と同じカーマインに改められた。

ビーム・サーベル

両肩に収納されている、メガ粒子を用いた近接格闘戦兵装。刃は細いが、切断力は絶大。
対艦ビーム・ライフルのビーム・ソードモードとは違いサイズやエネルギー消費量は標準的なものとなっている。

シールド

腕部に装着される増加装甲。
拡散レーザー砲「センサーバーナー」とスラスターを有し、センサーバーナーは攻撃の他にも敵機の迎撃や防御等に用いられる装備である。

拡散レーザー砲

フルドレス時に追加された8基のバインダーに搭載されている。
搭載された拡散レーザー砲は攻撃のみならず敵のビームを受け流すなど防御にも活用される。

余談

アイーダは当初モンテーロに搭乗する予定であったが、企画が進む中で搭乗機がG系統機に変更される事が決定し、G-アルケインがデザインされた経緯を持ち、そのデザインには「リボンの騎士」がモチーフとして盛り込まれている(ちなみにアニメ版・リボンの騎士には演出として富野監督も参加している)。
可変機であるが、監督である富野由悠季が「アルケインが可変機であることを忘れていた」為、「思い出してもMA形態の見た目が富野の美学に沿わない」為、結局最終話まで一度も変形機構を披露しなかった。
なお、変形機構自体はイベント上映された外伝「GのレコンギスタFROM THE PAST TO THE FUTURE」や漫画版『ガンダム Gのレコンギスタ』にて披露されている。

関連項目

Gのレコンギスタ
G-セルフ モンテーロ グリモア ジャハナム
アイーダ・レイハントン ベルリ・ゼナム

pixivに投稿された作品 pixivで「G-アルケイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161186

コメント