ピクシブ百科事典

ジャイオーン

じゃいおーん

ジャイオーンとは、アニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

金星のスペース・コロニー「ビーナス・グロゥブ」にあるジット・ラボラトリィに於いて開発されたモビルスーツ
ジット・ラボラトリィの技術保全局長キア・ムベッキの専用機であり、G-セルフG-アルケインなどと同じく「G系統」に分類される。

本機の開発を行ったジット・ラボラトリィは宇宙世紀時代のモビルスーツ開発技術を長い年月をかけて保全・改良し続けており、ジャイオーンに投入されている技術も膨大な時間をかけて研鑽されて来た信頼性の高い物であり、それによって高い基本性能を発揮する。
最大の特徴として機体背部に巨大な「手」の形を模した「ビッグアーム・ユニット」と呼ばれる多目的バックパックを装備しており、ジャイオーンはこのバックパックを装備・運用する為の機体として改修が加えられてきた。
ビッグアームを除く本体部は目立った機能を有していないシンプルな設計であるが、高性能フォトン・バッテリーを搭載している事から機体出力は高く、またビッグアーム・ユニットに搭載されたファンネルを同時に制御する為に高度な制御処理能力を持つ。

角を思わせるアンテナを持つその外見は宇宙世紀時代の「ガンダム」に類するが、フェイス・エクステリアはG-セルフのようなツインアイではなく、ジャハナムのセンサーボールに類似するセンサーディスプレイによって覆われており、その「顔」は物理構造を持たないが故に状況に応じて様々な表情を見せる。

同じく金星圏で開発されたG系統機であるジャスティマジロッドの小隊の指揮を執る事を想定した指揮官機であり、チェスに於ける「キング」の役割を担うと同時に、大型モビルアーマーであるジロッドの護衛機としての役割を持つ。

地球圏へのフォトン・バッテリー輸送の任を終え、金星のビーナス・グロゥブに帰還したクレッセント・シップと、それに随伴したメガファウナを襲撃し、ベルリ・ゼナムG-セルフと交戦するが、その際にビーナス・グロゥブのシー・デスク底面に穴を開け、それを塞ぐ為にパイロットであるキアと共に大型モビルアーマー「コンキュデベヌス」を伴いコロニーの海底へその身を沈めた。

武装

フォトン・レーザー

頭部に搭載されているレーザー砲。
G-アルケインなどのそれとは違い実弾ではなくフォトン・エネルギーを撃ち出す。

ビーム・ライフル

ジャイオーンの主兵装となるビーム兵装。
高い粒子収束力を持ち、ビームによる衝撃を一点に集中させることが可能。取り回しにも優れ、ジャイオーンはこれを片手で扱う事が出来る。
また、洗練された設計によって、構成パーツが非常に少なく整備性に優れる。

ビッグアーム・ユニット

左右合計八本の「指」を持つ、巨大な「手」の形を模した多目的バックパック。
指を構成するアームは、親指に相当するシールド状の大型アームとソード・ファンネルとして使用可能な小型アームに大別され、それぞれの指先にビーム砲としても使用可能なビーム・サーベルを有する。
戦闘時にはこれを機体を覆うように展開する事によって防御態勢を採り、大気圏内での運用時にはこれを飛行用の安定翼として使用する事も可能。また、余剰出力を放出する為のバランサーとしての機能も備え、機体出力の安定化にも一役買っているなどその用途は多岐にわたる。
可動部の大半が外部に露出しており、関節部をダイレクトに狙われた場合はアームユニットを容易に破壊されてしまう欠点を持つ。

ソード・ファンネル

ビッグアーム・ユニットの指先部分を飛翔させるオールレンジ攻撃兵器。
先端部に備えられたビーム・サーベルによる刺突攻撃や、ビーム砲による射撃が可能。

コンキュデベヌス

ジット・ラボラトリィで開発された大型モビルアーマー。
宇宙世紀時代に開発されたアームドベース・オーキスなどと同様にモビルスーツを中心部にドッキングする事でこの巨体をコントロールする。
全身に各種大型ビーム砲、Iフィールド・ジェネレーターなどを搭載し、また「オーヴン」と呼ばれる特殊電磁兵装を持つ。
オーヴンは大容量フォトン・バッテリーから生み出される電力をマイクロ波に変換し、これを照射する事で敵パイロットへ直接ダメージを与える。出力調整もある程度可能であり、こと正面方向への照射に関しては長い射程距離を誇る。

関連項目

Gのレコンギスタ
G-セルフ G-アルケイン G-ルシファー ジロッド ジャスティマ
キア・ムベッキ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャイオーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46807

コメント