ピクシブ百科事典

ルイン・リー

るいんりー

ルイン・リーとは、アニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:佐藤拓也

人物像

ベルリ・ゼナムと同じくキャピタル・ガード養成学校に通うパイロット候補生。ベルリの同期生ではあるが、飛び級生のベルリにとっては2年先輩にあたる。
キャピタル・ガード養成学校では主席を務める程の成績優秀者であり、年下であるベルリにとっては兄貴分であると共に良き友人。また、マニィ・アンバサダのボーイフレンドでもある。

大人びた性格を持ち、面倒見が良く他者に気を配れる一方で、自身がクンタラ(宇宙世紀末期に於いて食糧危機から人喰いが起きた際に被捕食者側となった人間の末裔)である事から周囲から白い目で見られる事もあり、本人もその事に対して強いコンプレックスを持つ(ただし、それは逆に説けば、差別されていようともその能力は正当に評価されるという事でもある)。
自らがクンタラである事を指摘されると逆上する事も少なくはなく、そういった事情もあり不意の攻撃に対しての対応に長けており、攻撃を回避する際には次の攻撃に対応するべく防御を怠らない。

キャピタルと敵対する海賊部隊との戦闘が頻発する中で、養成学校の教官であるデレンセン・サマターによってキャピタル・アーミィに推薦され、大尉の階級を得る。
その際、ベッカー・シャダムによるパンチを防御した事から「守りの姿勢」を反省し、自らの姿勢を切り替える為に仮面を着用し、「マスク」となった。
マスクとしてアーミィの一員となった後は、クンタラ出身者を集めた「マスク部隊」を率いる指揮官に任命され、新鋭機であるエルフ・ブルックマックナイフを駆り海賊部隊と対立。かつての後輩であるベルリに対しても劣等感を顕にして躊躇いもなく銃爪を引く。
アーミィ内に於いてはリギルド・センチュリーの社会に於ける「クンタラは要職には就けない」という前例を覆しマスク部隊の戦果をもってクンタラの地位向上を目指すが、同時にクンタラによるキャピタルの支配という野心も抱くようになる。

マスクとしての彼はその仮面の機能と自らに課した精神的な成約により、高いパイロット能力を発揮するが、アーミィ入隊以前と違い立ち振舞いがオーバーアクション気味になっておりそれ故に他者を驚かせるような行動や言動を見せる事も少なくはない。しかし、その一方で自分の部隊が実質的な実験部隊である事に対して強い反感を抱いており、部下の戦死を軽んじられた事に対して激昂するなど、元来の優しさを仮面で隠せずにいる。

主戦場が宇宙へと上がってからはクンパ・ルシータからの信頼を勝ち得る一方で、キャピタル・タワー頂上部「ザンクト・ポルト」での戦闘でトワサンガから来襲したドレット艦隊を迎え撃つべくクリム・ニックらと共闘し、その後自らの座乗艦であるガランデンとマスク部隊を伴いトワサンガへと向かう事になる。そしてトワサンガの中心となるコロニー「シラノ-5」にてドレット軍の軍門に下ったと思わせながらもドレット軍の戦力をアーミィの物にせんと暗躍。ドレット軍から出されたG-セルフ奪還の指示を受けながらも戦うが、それが結果として戦火を広げる事となり、またG-セルフを擁するメガファウナが金星のビーナス・グロゥブへ旅だった事もあり失敗。更にマニィとも離れ離れになってしまう。

その後、ドレット軍の総司令官ノウトゥ・ドレットがゲル・トリメデストス・ナグを人質にカシーバ・ミコシを占拠した事で共闘関係は破断。この際、ゲル法王とカシーバ・ミコシを開放する活躍を見せた。
その後、地球へのレコンギスタ(回帰)を目的に来訪したジット団のフルムーン・シップに対して共闘を求め、彼らと合流。それと前後して再会を果たしたマニィからベルリの出生の秘密を聞き、彼に対する劣等感をより一層強めていった。
そして、併合したジット団の戦力を以ってドレット軍、アメリア軍双方に壊滅的打撃を与えるが、最後の決戦に於いてベルリの駆るG-セルフとの決戦に於いて敗北。
戦う術を取り上げられ、キャピタルで戦争を幇助する人間達が居なくなった結果、野望を捨て、ルインとしてマニィと共に旅に出た。

関連イラスト

バナナ!!!
夕焼け空に吠える



関連項目

Gのレコンギスタ
ベルリ・ゼナム マニィ・アンバサダ デレンセン・サマター バララ・ペオール クンパ・ルシータ
エルフ・ブルック マックナイフ カバカーリー
マスク

ユウキ・タツヤ

pixivに投稿された作品 pixivで「ルイン・リー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123926

コメント