ピクシブ百科事典

キック力増強シューズ

きっくりょくぞうきょうしゅーず

キック力増強シューズは『名探偵コナン』に登場する発明家・阿笠博士の発明品である。

概要

名探偵コナン』名物「阿笠博士の発明品」の中でも、最も盛り上がる場面でよく使用される代表的なアイテム。
赤いスニーカーの形をしており、その名の通り脚力を上昇させる特殊な
初期から登場しており、蝶ネクタイ型変声機腕時計型麻酔銃と並んで活躍する場面が多い。

シューズ側面の円型部分を指で回し、電気磁力で足のツボを刺激することで極限まで筋力を高めることができ、最大レベルにすれば空き缶などその辺のゴミですら大の大人である犯人を圧倒的な破壊力で倒せるほどの凄まじいレベル。サッカーボールと併用すれば、鉄柵を破壊、威力「中」でゴールネットをぶち破って樹木をへし折ることも可能で、怪盗キッド相手に使用した時など、石の柱を割箸のように叩き折っていたほどある。まさに、チートアイテムの代表格。勿論高校生程度の蹴りまで抑えることもできる。
どこでもボール射出ベルト入手後はそれと併用して使用されるようになった。

ただし問題もあり、あくまで筋力を上げているだけなので、あまり硬い物を蹴ると脚の骨が折れる。施錠されたドアを蹴破ったりしたら命の保証はない(そういうシーンでは大概蘭姉ちゃんor京極さんが活躍することになる)。
逆に柔らかい物や脆い物を蹴った場合、破壊力に耐え切れずその場で粉砕してしまうこともある(キャベツを蹴った際にはその場でバラバラになってしまった)。
他には、シューズが何らかの要因で損傷すると、使用不能になる点など。

元々サッカーでプロ選手から褒められるほどの腕前を持っていた新一だけあって命中精度は半端ではなく、犯人のサッカーボールを使ったトリックを数回実験しただけで100%出来るようになったり、離れた所で子供に襲いかかろうとした暴漢の持っている凶器だけを吹っ飛ばしたり、ビルの屋上にいる犯人に電話をかけ下を除きこませた瞬間に顔面に命中させたり、転落している人を蹴って下にいた別の人との接触を防いだり、飛行するラジコンにプロポをぶつけたりと恐ろしい程の命中率を誇る。

筋力を高めたことで走ったり跳んだりといったことも強化することができ、劇場版第17作『絶海の探偵』では驚異的なジャンプを披露した。直前にボールを蹴ってそのままジャンプし壁に跳ね返ったボールを、イージス艦の砲塔に反射して、落ちてくる物体にあたるように蹴るという動作をレベル調整なしで片足のみで行った。ただしジャンプの瞬間よりその次のキックのほうが、印象強く描かれている。
次の劇場版第18作『異次元の狙撃手』ではスケボーで反対車線に入ってしまい車とぶつかりそうになった所で、車に飛び乗りながら起動、そのまま数十メートル先までジャンプした。また、強化したまま伸縮サスペンダーでビルから落ちてそのまま片足ジャンプして頂上でオーバーヘッドキックを決めている。どちらも飛距離が大きかったり、一瞬スローになったり、盛り上がりが高まったころ合いだったのもあってか、とても際立ったアクションシーンとなっている。1キロほど離れたベルツリーの第一展望台付近に花火ボールを爆破させたことから考えて、300メートル以上はジャンプしていることになり、ボールもその付近まで届いたことも考慮するとこの時の威力は最高レベルまであったのかもしれない。

余談だが2017年現在まで使用されたコナンのアイテムで唯一強化された描写のないアイテムである(もちろん強化されている可能性もあるが、どちらかといえば威力の段階をより細かくした程度の描写しか見られない)。上記にある通り、すでに強力なアイテムであるため必要ないと考えられる。

関連項目

名探偵コナン 阿笠博士 江戸川コナン 工藤新一 サッカーボール 阿笠博士の発明品 

使用された劇場版(枠内は蹴ったもの、他の使用用途 ×=失敗)

pixivに投稿された作品 pixivで「キック力増強シューズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41946

コメント