ピクシブ百科事典

チョーカー型変声機

ちょーかーがたへんせいき

チョーカー型変声機は『名探偵コナン』に登場する発明家・阿笠博士の発明品である。

概要

阿笠博士の開発した最新アイテム。喉の振動を利用して自由に声を変えることができる。

今回は、江戸川コナンのためのアイテムではなく、女性の痴漢撃退などに使用されるのが主な目的だった。しかし、評判が良かったにも関わらず、なぜか販売は中止されていた。

基本的な使用方法は、蝶ネクタイ型変声機と同じだが、蝶ネクタイと違って目立たない分、首元を隠して秘密裏に声を変えることができる。

この方法を最も活用したのは、緋色シリーズにおける、沖矢昴に変装した赤井秀一安室透の攻防戦である。この対決は、チョーカー型変声機の存在を掴んだ安室を赤井が出し抜く形となった。

関連項目

名探偵コナン 沖矢昴 赤井秀一 阿笠博士 阿笠博士の発明品 緋色シリーズ

コメント