ピクシブ百科事典

蝶ネクタイ型変声機

ちょうねくたいがたへんせいき

『名探偵コナン』に登場する発明家・阿笠博士が開発した眠りの小五郎必須アイテム。

概要

蝶ネクタイの形をしたボイスチェンジャー。番号で声を選ぶことができる。

眠りの小五郎推理をする際に使用する、腕時計型麻酔銃と並ぶ探偵アイテムの代表格。

毛利小五郎以外にも様々な声を出すことができるため、事件解決のみならず、黒の組織の人間を欺く際に利用するなど、最も多くの貢献をしている。また、毛利蘭に心配を掛けないように、工藤新一の声で彼女と電話越しでの会話ができるのもこの道具があってこそである。
尚、流石に声を聞いたことが無い人物までは真似ることが出来ない。

江戸川コナンの正装では必ず蝶ネクタイを付けるため出番と使用頻度ではダントツとなっている。アニメ版では、「あの探偵事務所じゃ使い道がなかったりしてな」と全く当てにしていなかった。

利便性の高さから、他人に存在が知れただけで正体がバレる危険性を秘めた道具でもある。
その為、「ボタンスピーカー」と合わせて遠距離から声を出すこともある。

普段は赤い蝶ネクタイだが、黄色いものや劇場版第9作『水平線上の陰謀』では白いものも登場しており、マスク型変声機チョーカー型変声機ボイスレコチェンジャーなど色や形状など意外にバリエーションが多い。またスピーカーについても先ほどの劇場版第9作でカフスボタン型スピーカーが限定で登場した。こちらは犯人追跡メガネで使える盗聴機能付き。

夢のアイテムだが、現実世界でも電気通信大学・中鹿亘助教が、自分の声を他人の声そっくりに簡単変換できる技術を開発したことが報じられた。野生の阿笠博士である。

関連項目

名探偵コナン 江戸川コナン 毛利小五郎 眠りの小五郎 阿笠博士の発明品

pixivに投稿された作品 pixivで「蝶ネクタイ型変声機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71009

コメント