ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

小野道風

おののみちかぜまたはとうふう

小野道風とは平安時代の貴族。小野篁の孫で小野好古の弟。「三跡」の一人で和様書道の基礎を築いた人物とされる。

概要

平安時代の貴族。本来の名前の読みは「みちかぜ」だが有識読みで「とうふう」と読まれることも多い。

聖徳太子に仕えた小野妹子の末裔とされる。

小野篁の孫で藤原純友討伐に功があった小野好古は兄。一説には小野小町は祖父・篁の親戚とされる。


寛平6年尾張国の出身とする説がある。

和様書道の基礎を築いた人物とされ、藤原佐理藤原行成と並び「三跡」と称される。

当時から名声は高かったが、一方で祖父に似て非常に気性が荒かったとも伝えられている。


関連タグ

藤原佐理 藤原行成 三跡


柳に小野道風花札の一つ。十一月の光札と小野道風が描かれている。

関連記事

親記事

平安時代 へいあんじだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3241

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました