ピクシブ百科事典

蛍雪の功

けいせつのこう

苦労して勉学に励み、それが報われる事。

概要

中国東晋の時代、車胤(しゃいん)という青年は家が貧しくて、夜に本を読むための灯りの油が買えなかった。
そこで夏に蛍を数十匹掴まえ絹の袋に入れ、その光で書物を読んで勉学に勤しんだ。
そして、やはり貧乏だった孫康(そんこう)という青年は、冬の夜に窓辺に雪を積み上げ、雪に反射する月光で読書したという。

後に2人とも立身出世を果たし高位の役人になった事から、『苦学を重ねて成功する』という意味に用いられている。

唱歌『蛍の光』の歌詞もこれに由来する。

pixivに投稿された作品 pixivで「蛍雪の功」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84

コメント