2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

中国東晋の時代(3世紀後期頃)のお話。
車胤(しゃいん)という青年は家が貧しく、夜に本を読むための灯りの油が買えなかった。
そこで夏にを数十匹採ってきて絹の袋に入れ、その光で書物を読んで勉学に勤しんだ。
そして、やはり貧乏だった孫康(そんこう)という青年は、冬の夜に窓辺に雪を積み上げ、雪に反射する月光で読書したという。

この苦労が実を結び、後に2人とも高位の役人に出世した事から、『苦学を重ねて成功する』という意味に用いられている。
ちなみにこの二人は実在した人物で、苦学の末に立身出世したのも本当だが、車胤は司馬元顕(しばげんけん。当時の皇族の一人)の非行を告発しようとしたところで当人にバレて自害させられてしまった(後に元顕も捕らえられて処刑という末路を辿った)。

唱歌『蛍の光』の歌詞もこれに由来する。

現代でも南米ペルーにて似たようなエピソードが存在する(外部リンク)。

関連タグ

故事成語

外部リンク

監視カメラに不審人物が!?警察が映像を確認したところ、そこには街灯の明かりを利用して宿題をする少年の姿が(ペルー) : カラパイア

関連記事

親記事

故事成語 こじせいご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「蛍雪の功」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102337

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました