2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ガールフレンド(仮)

がーるふれんどかっこかり

Amebaにて配信されている学園を舞台としたスマートフォン向けソーシャルゲーム。
目次[非表示]

概要

「耳で萌える学園恋愛ゲーム」をコンセプトに、2012年10月29日よりAmebaで配信されているiPhoneAndroid、両OS対応のブラウザで遊べるブラウザゲーム。Google Chrome(2014年9月より)でのみPCからのプレイも可能。モバイルアプリとして本作プレイ用のブラウザも存在するが、性的表現の規制により一部カードが非表示となっている。
総勢100名以上の女性声優が出演している。有名な人から新人、大御所まで何でもアリである。
その声優が演じるたくさんの女の子がガールフレンド候補となっており、その中から運命の女の子を捜し求め続ける…。
キャラクターデザインはQP:flapper、開発・運営はQualiArts

タイトルに(仮)が付いており、英名も『Girl Friend Beta』となっているが、決してベータ版といった意味合いではない。
(以下、公式ブログより引用)“ガールフレンド(仮)は正式なタイトル名です。何故(仮)が付くかというと…、出会っていくたくさんの女の子がガールフレンド候補で、その中からずっと運命の女の子を捜し求め続ける…というゲーム趣旨からになります。”

好きな女の子を集めてイチャイチャウフフするゲームと思いきや、イベントでは他の男子生徒プレイヤーと殴り合いをしたり、どこからともなく現れては女子生徒を襲う変人(悪◯◯男)を殴り倒したりするなど、広告媒体などから見るイメージとはかなりかけ離れたものであるため、ゲームを始めたばかりのプレイヤーはそのギャップに噴くことも多いらしい(しかし、大半はすぐに慣れるのだが)。

ストーリー

あの日の“君”は一体誰?
教室に届いた“君”の言葉——
“君”の声が僕の背中を押してくれた

もう一度、君の声が聞きたい

君に会いたい


君の声が僕を強くする


プレイヤーは聖櫻学園(せいおうがくえん)高等部の2年生となり、様々な女の子たちと出会いながら様々な困難を乗り越えて行く事になる。
(余談だが、聖桜学園になると作品が変わるので注意)

ゲームシステム

システム自体はソーシャルゲームにはよくあるカードバトル系のゲームである。
プレイヤーは自身のレベルを上げつつカード(=女の子)を集め、強化し、他プレイヤーとのバトルや様々なイベントに挑んでいく。

カードのタイプは女の子のイメージごとに分かれており、「SWEET」「COOL」「POP」の3種類。
開始時に選ぶことになるプレイヤーのタイプもこの3つで、「文化系なSWEET」「理系なCOOL」「体育会系なPOP」というキャラクターになっている(詳細は後述)。
ちなみにどのタイプを選んでも全ての女の子と出会って仲良くなれるうえ、違いも微々たるものなので自分に近いタイプを選ぶと良い。プロフィールから一度だけ変更することもできる。
自分と違うタイプの子を好きになっても全く問題無し。どうしても後悔したくない人は攻略Wikiを参考に。
ちなみにリリース当初からプレイヤーの比率はSWEET>COOL>POPとなっている。

レアリティはN(ノーマル)からUR(ウルトラレア)までの7段階で、うちR(レア)以上のカードには女性声優によるボイスがついている。
R(レア)カードはプラチナキューピッド(1枚300コインだが各種報酬として無料で手に入れられることが多い)で大量に排出されるため戦力となるのは序盤だけで、レアとは言うもののHR進展SRカード以上が主戦力となる中級者以上のプレイヤーにとっては強化用の素材カードという扱いしか受けていない傾向にある。しかし素材に使うと主センバツカードの声援ボーナスがアップするため、素材用カードとして重宝されていることもまた事実でもある。

女の子に設定されている攻守のパラメータはこのゲームでは「応援力」と表記される。
要するに女の子を戦わせるのではなく、「君の声が僕を強くする」のフレーズの通り、女の子の声援に力をもらってプレイヤーが戦っていくという設定である。
レイドイベント中などのバトル画面をよく見てみると、プレイヤーが女の子から力をもらっているようなエフェクトがあることがわかる。
よって女の子同士が直接バトルする展開は、登校でのエリアボスとの対決時以外には無い。

主人公

ボーイフレンド(仮)
ガルフレつめ


プレイヤーの分身となる聖櫻学園高等部2年C組の男子生徒。
ゲーム開始時に3つのタイプから選択することが出来、ミニキャラではあるがタイプに応じて異なる容姿のアバターがつく(容姿のカスタマイズ等は不可)。
名前はプレイヤー名(Amebaアカウントのニックネーム)とは別に苗字・名前・あだ名を設定することができ、カードテキストや劇場等の女の子たちの台詞に反映される。非公開情報なので、プレイヤー自身の本名なんかを設定しても何の問題もない。また、プロフィール画面からいつでも変更可能。
創作においてはなくてはならない存在なのだが、アニメでは見事に抹消されている。
ボーイフレンド(仮)の主人公とは違い、あまり喋らない(喋ると言ってもデートお誘いのみくらい)ので特徴と言った特徴が掴めない。
大体「タイプ+君」で呼ばれることが多い(SWEET君、COOL君、POP君)。

  • スイートな文系
くせっ毛気味の茶髪の、平均的な印象の高校生男子。制服は適度に着崩している。
登校のアニメーションは、カバンを片手にパンを咥えて学校目指して走っている様子。

  • クールな理系
サラッと流した長めの青髪の、見るからにインテリ系なメガネ男子。制服はちゃんと着込んでいる。
登校のアニメーションは、白衣姿で本と三角フラスコを手に何やら実験をしている様子。

  • ポップな体育会系
ツンツンの真っ赤な短髪が目を引く、快活そうな男子。制服の上着は脱いで腰に巻いていて、シャツの袖は捲っておりネクタイは外している。
登校のアニメーションは、普段も足元にあるサッカーボールをリフティングしている様子。

登場キャラクター

ガールフレンド(仮)のキャラクター一覧を参照。

プラチナキュピ

  • 超ミラクル40連キュピ

その名の通り40連キュピを行い、手に入るおまけも豪華である力の入ったキュピ。
キュピを行うごとにNEWSSRガールキュピの入手確率が10%ずつ高くなり、NEWSSRガールは火力が非常に高いので大抵はこのキュピがメインになりがち。

  • キャッスルキュピ
回す度にNEWSRガール確定、や炭酸等は入っているお迎えチャンス一回が発生する。ちなみにNEWSRガール確定が出ても最高コストのガールが一切出ないので使用率は低い。

  • テスト勉強
元々は「ズバッとお悩み解決隊」というある一定の時期のみプレー出来るイベントであったが、「テスト勉強」と名前を改められ、恒常イベントになった。プレイするには集中ポイント(イベント専用ゲージ。他のパラメータと違い、上限は100P固定)を消費する。
3×3の合計9マスに手持ちのガールを1人ずつ配置して、<上段の左→右>⇒<中段の左→右>⇒<下段の左→右>の順番で相手ガールに勉強を教える(攻撃)という、ロールプレイングゲーム風のイベント。本命ガールは「リーダー」となり中央のマスに固定され、リーダー効果が発動する。リーダーマスの真下には他のプレイヤーの本命ガールが「助っ人」して配置される。
クリアすると経験地と報酬を入手でき、経験地稼ぎに最適。

このイベントの攻略の鍵は強力なレアガールを使う事と、各ガールの属性を上手に突く事。『SWEET系はCOOL系に強く、COOL系はPOP系に強く、POP系はSWEET系に強い』とじゃんけんのような三すくみになっており、苦手属性はダメージが半減し、得意属性は多くのダメージを与える事が出来る。後は声援(魔法・必殺技)の使い所。敵に直接ダメージを与えたり、ヘトヘトゲージ(敵の攻撃を受けると溜まるゲージ。ゲージが満タンになるとゲームオーバー)を回復させたり、特定の属性ガールの攻撃力をアップさせる等と効果は様々である。三すくみ&声援を吟味して、上手くガールを配置・編成するべし。

クリアしたステージは何度も挑戦することが可能。各ステージには規定のターンが設けられており、そのターン以内にステージをクリアすると「スピード解決」となり、報酬のポイントがアップする。敵を倒していると銅色・銀色・金色のプレゼント箱をドロップする事があるのだが、金色のプレゼントからはSRバッジなどが手に入る。クリア回数に応じて手に入りにくい大リングやキュピチケも手に入る為、ガンガン挑戦していこう。

Webコミック

  • もっと!ガールフレンド

2015年から無料で配信されていたWebコミック。
イベント「たすけて!マイヒーロー」と連動して、その回のメインを担当するガールを中心にイベントのストーリーを補完したような内容になっている。イベントとの連動に合わせるため、3話で分割されたコミックが時期に合わせて公開されていた。
基本的に各ガールは1回だけメインとなっていたが、例外として一部ガールが2回メインを勤める回もあった。
2017年の夏頃に一旦終了し、下記の「もっと!!ガールフレンド」へ移行した。

  • もっと!!ガールフレンド
2017年から「もっと!ガールフレンド」の無料で配信されているWebコミック。
こちらはほとんど人気の少なかったガールをフォローしたオリジナルのコミックを連載している(UR経験のある椎名心実及び不知火五十鈴等や、新規ガールとして登場直後の月隈林子などの例外あり)。
イベントとの連動が無くなったため、前作の3話の分割ではなく1話での完結となっている。
今作では月のメインに選ばれたガールはその月内で新規カードが登場している。

ぷちガールちゃん

『あなたがバトルをしたりイベントに参加したりするときに応援してくれる"おちびなガール"です。』(公式ヘルプ)
実装当初は会いに行っておしゃべりするくらいしか役割がなかったが、ユーザー同士のバトルやイベントで応援してくれるようになったり、お出かけしたり、ぷちひろばで愛らしいリアクションをユーザー同士で共有しあったりと、自分だけのぷちガールを作れたりと少しずつリニューアルが進んでいる。

聖櫻エリア

2018年4月23日よりオープンしたボーイフレンド(仮)で言うアドベンチャーモード。
ガールに話しかけるごとにセンパツに設定しておいたガールの好感度やランクが上がり、ランクが上がると施設が広がるだけでなく振り分けポイントや思い出のキュピチケがもらえる。ただしここで手にいれた振り分けポイントは1日たつとリセットされるので過信しないように(流石にバランスブレイカーになりかねない為か)。

お茶の間フリーザー

夜の食事の時間、お茶の間ブレイカーとして話題を呼んだCMがある。

声優さんの可愛らしい声と可愛いイラストの女の子がお茶の間を見事に凍らせてしまったのである。
更に、拍車が掛かり、オジンオズボーン篠宮暁が大喜びするCMが更にお茶の間を凍らせたのである。

「(ガールフレンド(仮)は、アメーバで、)検索、検索ぅ♪」と言う言葉も生み出した。
※但し貶している訳ではない。


そして、来る2013年12月、再びガールフレンド(仮)のCMが復活した。 何故作った…
再びお茶の間を凍らせた… かと思いきや、2種類ある内のもう一つで事件が起きた。

このCMでとあるネットスラングを生み出してしまった。
(※ファンの事を考慮して自重)
ちなみに、彼女だけではなく、あの人アレとしてネタにされつつあった。

ボーイフレンド(仮)もついに出た!
(・・・が、2022年4月にサービス終了した)

CM効果?

上記のCMと例のスラングが影響して、ガールフレンド(仮)に一大ブームが到来した。生徒数(ゲーム利用者数)は12月末の350万人から約一月で400万人、3月上旬には450万人を達成(あのモバマスをも上回る)、アプリ版のダウンロードも増加。この記事の参照数も、GFイラコン開始当初ですら2万回に届かなかったものが、1月15日に最大値となる72万回を達成した。また、各種イベントの参加人数から推計したアクティブユーザー数(1つのイベントに期間中1ポイント以上の得点をあげたユーザーをアクティブとみなした場合の人数)もCM放送前の15〜20万人から30万人超へと急増した。なお、2014年3月期のアクティブユーザー数は16~23万人台を推移しており、一時の状況と比べて落ち着いている様子である。

その一方で利用者数の急激な増加はAmebaのサーバーにダメージを与え、1月のレイドイベント内の新企画「風船王国」が中止となった他、イベント『部活対抗★勧誘バトル~ごほうびは一緒に乗馬ε=(^ー^)ノ~』でも、度重なるサーバダウン・メンテナンスの末にイベント中止と言う事態になってしまった。
尤も、サーバーが落ちる現象をはじめとした不具合の発生はお世辞にも少ないとは言えなかったが、イベント自体が中止になることはそれまで無かった。

上記の通り、カードの女の子とイチャイチャするゲームと思いきや、殴り合いや変態からの救出や捕虜といったギャップについて行けず、休学する生徒も続出。その反面、各種イベントの上位ランキングのボーダーは上昇する一方で、高コストSRカードなどの上位報酬が以前よりさらに入手困難なものと化している。(後述)
聖櫻学園、恐るべし……。

一転、迷走へ

上記のフィーバーが一段落した2014年夏以降、システムの各面に異変が起こってくる。
ここでは現在の問題点についても記載する。

  • カード音声の収録遅れ
 古い所では2014年9月の「日帰り温泉」の一部カードで音声が収録されないままである。さらに2014年12月以降、担当声優が決まらないまま新カード(日野奏恵、織部千華、林田たまき、吉永和花那、芙来田伊吹)がリリースされるという非常事態が起きている。(なお、上記キャラは2016年7月までに全員ボイス実装された)
諸事情があるのだと思えるが、「収録が遅れる理由に関してはアナウンスされていない」(いつまでに収録するはあるが出来ない理由は書かれていない)。井ノ上奈々(川渕一美役)がロードレースの時期に「早く収録したい」とコメントしていたので声優や事務所は問題に絡んでいないと推測されている。
2018年頃から担当声優の健康上の理由で収録を見合わせていた朝門春日については、2021年に交代した声優により2021年登場分については新たなボイスが収録されている。しかし、2019年登場のカードについてはいまだボイスが収録されていない(こちらも2021年内までにボイスが実装された)。
なお、2020年頃にも「昨今の世界的事情」で全般的に収録が遅れることがあったが、それも含めて現在は「未実装音声に関するご報告」として、順次未実装音声の実装化の報告を更新している。

  • 「ヒトコト」中断
 トップページには、Twitterをインスパイアしたとみられる「ヒトコト」欄があり、ガールのおしゃべりを見られるようになっているのだが、2014年夏以降更新がなくなる。2015年1月から2月頃まで一時的に更新復活したものの、再び停止状態に。
そこから2015年6月までは、バースデーキュピの時に関連するエピソードが更新される程度でまったく機能しない状態になっていた。
2015年7月からは、更新が再開されている。また、トップページ(マイページ)に項目が無くなり、メニューから選択するか新着情報から移動するようになっている。

  • キャラ崩壊
 2014年秋頃から、「キャラクターの口調がおかしい」「セリフに誤字がある」との指摘が、公式サークルに投稿されるようになった。
例えば甘利燈の一人称が『甘利』ではなく「私」や「燈」になった細かい部分はあった(当記事参照)が、この頃から頻繁に目立つようになり、これまでニックネームで呼ばれてたのに名前のみになったりしている。もちろん、主人公(プレイヤー)が女の子から呼ばれる場合も例外ではない。
(苗字+君の村上文緒が名前+君、挙句の果てには名前+さんになっていたり、また、同じく苗字+君の夏目真尋が名前+君はおろか、基本二人称は『あなた』なのに、物語では度々「キミ」にされている。)
顕著な例としては君嶋里琉(1年生)が森園芽以(1年生)に先輩と呼ばれたり。里琉自身はプレイヤーを例外的に『名前+くん』で呼ぶが、先程のが影響したのか名前呼び捨てで呼んできた事例があった。(現在は修正済み)
同年12月には「ガールフレンド(仮)のシナリオチェッカー」を派遣で募集するという求人が求人サイトに載ったことにより、この時点でキャラクターのセリフをチェックする人材が不足していたことが露見してしまった。
各サイトではチェッカーの有無にせよ「最終的な誤字チェックをしてないのか?」とユーザー間で波紋を呼んでいる。

  • 月額会員制導入
 2015年2月18日から、月毎に別途料金を支払う事で様々な恩恵を受けられる『プレミアム会員制度』を導入する事を発表。324円コース、1080円コース、5400円コースの3つから選択する事が出来る。ユーザーの反応は「ゲームに毎月5000円も払う余裕なんかねえよ。」「リアルマネーを持ってる重課金ユーザーは増々強くなってしまい無課金ユーザーとの格差が激しくなる。」「こんなに露骨に搾取する手段に出るなんて畳み(⇒サービス終了)に来たのではないか?」と否定的に捉える意見が多い。
だが、実際に導入されてみると最高額の5400円コースでも極端に大きなメリットが得られるわけではなく、「入りたい人だけ入ればいい」というある意味健全な(運営にとっては不健全な?)形に落ち着いている。

  • 仕様の変更
 2015年4月~5月頃より、ゲームの仕様変更が頻繁に行われるようになった。
それ自体はソーシャルゲームには良く見られることであり、ある意味歓迎すべきことだが、主にイベントのバランス変更でユーザーにとっての改悪が多くなっている。
例を挙げるならば、イベントにおけるボスの体力の大幅増加や、いわゆる報酬ボックスから得られるアイテムの目減りなど。
 ゲームバランスの変更に伴い、報酬となるSRカードについては、主に中級報酬(いわゆる「金鍵報酬」など)の入手条件の緩和や、下位報酬(いわゆる「マカロンガール」)の充実などがされているが、それでもユーザーにとってはキツいことに変わりはない。コスト増によるカード性能の底上げもされているが、その分3枚揃えられなかった時のアイテム交換(バッジ・リング等)に必要な個数も増えるというユーザーにとっては嬉しくない現象も起きている。
勿論改悪だけではなく、改善と言える仕様変更もされているが、その改善要素が微妙でテンポも悪く通常のユーザーにとっては悪い部分に目が行きやすいのが現実である。

  • 一部ガールの偏り
主にマドンナ総選挙で上位に入っているの登場が多くなり、例えば2018年には毎月篠宮りさが毎回登場しており、逆に螺子川来夢等某別番組の影響で知名度が上がったにも関わらず1年に一度も登場しなかった異例もある。
特定ユーザーにとっては長時間待たされることになるだろう。

  • 課金前提の記念カード
2周年記念以降の2014年からは毎年ログインで記念カードが入手でき、全部揃えて最終進展すると特別な絵柄となる(5周年のみ進展のない「にゅーろん★くりぃむそふと」メンバー一人々々のカードとなり、5人分揃えると特別ビジュアルと特別ソングが聞けた)。しかし課金なしで全部揃えることが出来たのはその5周年記念が最後で、2018年の6周年以降はSSRカード(最終進展UR)に格上げされた替わりにログインで入手できるカードは最大2枚のみとなってしまい、残り(その年によって2~3枚)は2回の期間限定キューピッドの特典でしか入手できなくなってしまった。これに味をしめたのか以後もこの形態を続けている。そのため、出席のみ及び無課金などでは最終進展が不可能となってしまった(6周年で選ばれたガールは玉井麗巳で、以後クロエ・ルメール、真白透子、時谷小瑠璃と続いている)。

その他、2020年以降は新年キャンペーンで記念カードが入手できるイベントがあり、ログインで入手できる枚数は1枚で、残りはキュピの特典での入手(1枚目のみ無料キュピ)と言う形となる。こちらの場合はSRカード(最終進展SSR)で、順に鴫野睦、浅見景、玉井麗巳と続いている。ただし睦のみ最高4枚で、景以降は最高5枚まで入手できる。

更に2022年にもGWキャンペーンで正岡真衣の記念SRカードが入手できるイベントがあったが、こちらはログインでの入手ではなくすべてキューピッドのおまけとしてでしか入手できない(ただしそれなりにコストとスペックは高い)。なお、全5枚のうち1枚目のみこのカードが出るまで回せる「onemoreプレゼントキューピッド」で入手できた。

これらのカードは当然ながらこの時に入手できないと以後の入手は難しく、更には機会を逃したプレイヤーへの救済措置もなく(要はバッジやリングなどでは交換できない、ただし新年SRのみ登場以後のラブレターでの交換は可能)、バッジやリングでの入手やそれに代わるアイテムを使った進展方法など、運営においては早急な改善を望みたいところである。

  • ラブリー進展
2021年12月に新たに「ラブリー進展」が実装され、アイテムの「きらめく髪飾り」を使って「自身のお気に入りのガールをレベルアップ」できるという触れ込みだったが、最終進展SSRや同URやなどハイスペックのガールに使用してスペックが逆に下がったという騒動に発展した。これに運営も慌てたか、ラブリー進展したガールを通常ガールに戻すアイテムを用意するとアナウンスし、最終進展したガール用のモドリップに相当するアイテム「ラブリーヘアオイル」を2022年5月より実装することとなった。
なおラブリー進展は進展対象が各属性一人までと、コラボや仲良しなど一部特殊ガールは対象外となっている。

  • その他
最終進展ガールを1進展目に戻す「モドリップ」やガールの攻援力をと守援力を入れ変えることができる「くるリンゴ」など一部のアイテムの入手方法がかなり不定期のキュピのおまけなど入手性が極めて悪く、通常販売を要望するプレイヤーも多い中いまだに入手方法が限られているケースが続いている。
ちなみに、モドリップは間違えて3進展してしまった場合に戻すことが出来る反面・・・
・マカロン等を使って好感度を6以上にしたガールには使用できない
・進化やエール素材に使ったガールやアイテムは戻らない
・3M+EX進展(4枚使用)した場合でも3枚しか戻らない
・・・というデメリットもある。
しかしながら、2枚の2進展を造ろうとして間違えて2進展目を進展元として3枚で進化させたり、イベント上位報酬などで2枚しか入手できず、バッジで1枚交換(イベント上位報酬はリングでの交換はできない)してやむなく3進展で最終進化させてしまうなど、最終進展に失敗したガールを元に戻す手段や選択肢が現状モドリップしかない状況であることから、上記の記念ガール同様、運営においては常設販売等とデメリットの改善を1日も早く望みたい。

過去に登場したSRガールと交換できる「SRラブレター」が3周年記念の2015年から毎年展開しているが、これもまた入手性が極めて悪く、周年記念など極一部もしくは超不定期のキューピッドのおまけでしか入手できず、その交換レートレベルがあまりにも高すぎるケースが多い(初回無料のキューピッドで入手も出来なくもないがそのほとんどが初期の低コストしか交換できない枚数しか入手できない)。更にはラブレター自体統一されておらず、登場毎に異なるものとなっている。そのため、年度の異なるラブレターの併用や最新のラブレターとの交換や統一化はできず、コラボキャラクター以外でも一部交換不可なカード(プレゼントガールの優木苗や一部の仲良しカードなど)も存在する。ゆえに枚数が足りなく交換したいガールに交換もできないままバッグ(アイテムボックス)の中に埋もれているユーザーも多いだろう。
こちらにも改善を強く要望しているユーザーは多数いるが、実装から相当の年数が経過しているにも関わらず、残念ながらいまだ改善には至っていない。

ガールフレンド(♪)

2015年12月にサービスが開始された、本作を元にした3Dリズムアクションゲーム。タイトルの読み方はガールフレンドかっこおんぷと読む。
詳細は該当項目へ。

テレビアニメ

2014年10月から12月まで、テレビ東京テレビ大阪テレビ愛知奈良テレビAT-Xで放送された。ニコニコ生放送でも配信した。
テレ東から他の放送局が8~11日遅れ、ニコ生は2日遅れの放送となる。
アニメでは、ゲームでのプレイヤーにあたる役はなく、女の子同士のおつき合い中心の描写となっている。

アニメ開始前にTwitterで発表されたキャストだけでも50人以上という大所帯。さらにアニメが始まってみると発表されたキャスト以外の出演者もいるということで、人気声優山盛りのアニメになった。とはいえ、さすがに全員登場することは叶わなかった。

ゲームとの連動要素としては、アニメで放送されたエピソードの裏側の話を「聖桜学園劇場」と同じくノベル形式で描く「アニメサイドストーリー」をゲーム内で配信。主人公(プレイヤー)はそこで登場ガール達やアニメの話とちょっとだけ絡むことになる。
7つのパートに別れており、アニメ本放送当日にPart1が公開され、その後次の放送までの1日ごとに1パートずつ開放されてゆく形式だった。
Part1以外のパートを見るには宿題の報酬である「グッドシール」1枚と交換して得られる「鑑賞チケット」を入手する必要があった。
その他、アニメ放映時は登場キャラの限定キュピチケットを定期的に配布するなどしていた。

藤堂静子深見絵真のように、アニメ版で先行登場してのちにゲームに実装されたキャラクターもいたが、ゲームでは古参キャラであるもののまだ担当声優のいなかった遠山未涼はアニメ版で声の役を務めた前田玲奈がのちにゲームでも起用されるという異例のケースとなった(ゲームではなくアニメでCVが先に付くという意味で)。なお、アニメ作中では台詞らしい台詞は発していなかったが、エンドロールではしっかりとクレジットされている。
ちなみに、本家ゲーム内のカードでボイスが実装されるのはそれから1年4か月程待つこととなる。

TV放送版の提供クレジットはクロエ・ルメール役の丹下桜が読み上げている。

スタッフ

原作ガールフレンド(仮)
監督林直孝
シリーズ監修横手美智子
ストーリー原案・キャラクター設定原案南郷智行松木亜砂子
キャラクター原案QP:flapper
キャラクターデザイン堤谷典子
美術設定工藤由美
美術監督江島浩一
音楽川井憲次
アニメーション製作SILVER LINK.
製作ガールフレンド(仮)製作委員会

主題歌
OP曲
『楽しきトキメキ』
作詞・作曲・編曲:新屋豊
歌:にゅーろん★くりぃむそふと
※TV放送版1~3話のOP映像は俗にいう「未完成版」で、4話以降はAメロ~Bメロ前半以外のほぼすべてに修正が加えられ、Bメロ後半~サビ前には「にゅーろん」メンバーの歌に合わせたOP曲演奏シーンのカットを追加されている。BD/DVD版ではその1~3話も修正されたバージョンが使われている。11話のみOPなしのためEDでの曲のクレジットはないが、作中挿入歌としてAメロ部分まで使用されていた。

ED曲
『はれるかなぁ』
作詞・作曲・編曲:新屋豊
歌:椎名心実(CV:佐藤聡美)
※話によってはED映像が使用されなかったり途中から挿入されることがある。

『進化系Girl』(9話)
作詞・作曲・編曲:新屋豊
歌:にゅーろん★くりぃむそふと
※12話挿入歌としても使用された(ノンクレジット)。

作話リスト
話数サブタイトル脚本
第1話はじめての約束横手美智子
第2話ブルー・メロンパン下山健人
第3話カメラとショートケーキ佐々木なふみ
第4話猫と雨の夜吉田玲子
第5話ダージリンをみんなと高山カツヒコ
第6話スイート・ビター・ポテト下山健人
第7話ドギー&スクランブル高山カツヒコ
第8話クリームソーダの向こう佐々木なふみ
第9話進化系Girl横手美智子
第10話プリンセス&プライド吉田玲子
第11話さよならア・ラ・モード横手美智子
第12話ガールフレンドxxx横手美智子

携帯用ゲーム機ソフト

PSVita用ソフトとしてバンダイナムコエンターテイメントより恋愛アドベンチャーゲームが発売されている。
詳細はきみと過ごす夏休みへ。

パチスロ

オリンピア(平和の子会社)より「パチスロ ガールフレンド(仮)~聖櫻学園メモリアル~」として2017年7月18日より登場。
「会いに行きたくなるパチスロ」をコンセプトとしている。
機種紹介に「聖櫻学園マドンナ総選挙上位ガールがフル稼働!」と謳っているが、実際は2016年総選挙TOP10ガールのうち、朝比奈桃子と浅見景、上条るい、加賀美茉莉が登場していない一方で2016年総選挙TOP10外ガールでは真白透子が唯一、パチスロに登場している。
パチスロのリリースに合わせ、ゲーム内でもパチスロ登場記念キューピッドが開催された。


舞台

2018年7月16日から22日にかけて品川プリンスホテルクラブeXにて上演予定。あにてれとアイドルグループ「=LOVE」の合同プロジェクト「あるあにてれ×=LOVE ステージプロジェクト」の一環として開催される。

雑誌

本ゲームのイラスト集などの書籍は複数の出版社より発売されているが、本作専門の雑誌「ガールフレンド(仮)マガジン」が月刊誌として2014年8月~2015年1月(6号)に、ガールフレンド(♪)のリリースに合わせた隔月刊誌として2015年10月~2016年2月(3号)迄の計9号がKADOKAWA/アスキー・メディアワークスより刊行された。
前者では1号から各号に心実・明音・エレナ・文緒・クロエの順で縄跳びをする絵柄のSRカード『皆で縄跳び』のシリアルコードが封入されていた(5枚揃うと1枚の絵柄になる)。これらのカードにはセンバツボーナスに「JUMP↑JUMP↑JUMP」が追加される。そして6号ではその絵柄のポスターがとじ込み付録として封入されていた。なおシリアルコードについては期間限定のため、未使用の物であっても現在は使用できない(そもそも現在はコードを入力するページ自体がない)。

小ネタ・余談

  • 聖櫻学園の女子制服及び体操服の色は学年ごとに異なる。1年生は緑、2年生は青、3年生は赤。制服のスカート及びリボンorタイ他(キャラにより様々)、冬服上着の襟のライン等で判別できる。
  • 『たすけて!マイヒーロー』や『お願い!ハンターズ』で使われる勇気炭酸や『聖櫻学園物語』のオヤツのアイテムはイベント終了後、元気炭酸に交換することが出来る。「メニュー」をタップ⇒「バッグ」をタップして、イベント終了後のアイテムを交換しておこう。
  • 「2013年4月」から登場してるマイヒーローのボスキャラ「悪部長」「悪ヨッパライ男」「悪ギター男」は現在2016年まで同一人物。また、2013年5月から登場している「GWマン」は毎年違う人物だが「同じ戦隊に所属している仲間」という設定がある。
  • 風町陽歌を中心に江藤くるみ黒川凪子朝比奈桃子蓬田菫で結成された「にゅーろん★くりぃむそふと」と言うバンドがいる。現時点で、学園内で“何かのグループに所属している”(グループ名付き)のは彼女たちのみの模様。


音声リリースに関して

※ここではアニメ版放送前後時点でCVのないキャラクターの声優起用や途中での声優交代等についてを記述し、新規追加の段階で既に担当声優の決定しているキャラクターについては記載しない。

  • 七海四季役の三澤紗千香だが、七海四季が正式にリリースされたのが2014年12月の登校追加のエリアボスなのだが三澤自体は2013年8月の追加声優発表第二弾で既に発表されていた。
  • 吉川繭子役の大前愛華は2014年9月の日帰り温泉にて吉川繭子HR昇格と共に公式ブログで発表されたが、リリース後は『CV:未定』にされており、一時音声が付かなかった。一部では大前から変更があったのかと不安の声もあったが、2015年3月の音声リリースで正式に彼女が担当となった。
  • 岸田稚慧役の辻坂茜が、2015年8月の遊園地デートでリリースされているが、実はこの配役は『マドンナ選抜総選挙14』でネタばらし(ポロリ)されていた。(証拠画像)
  • 2015年9月25日、織部千華のCVが伊瀬茉莉也と表記され話題となっていたが、当日の内に『表記ミス』として再びCV:未定に戻された。その後、2016年5月にCVが後藤邑子であることが発表された。
  • 2017年12月21日に指導ガール3人+水野楓夏の担当声優が発表され、久保田友季には鈴木亜理沙荒井薫には井上ほの花畑山政子には障子聖奈、水野楓夏には白石晴香が起用されることとなり、同27日からのイベント「聖櫻学園物語~二次会!先生の忘年会~」にて初めてCVが付く。なお、荒井薫役の井上ほの花は、天都かなた役で母親の井上喜久子と共に親子で同一ゲームに登場することとなり、指導ガールではあるが教師であるため立場が逆転している(ただしゲーム内での共演はまだ確認できていない)。ちなみに、このイベント以降ライブラリ内聖櫻学園物語の思い出エピソードにボイスが付くようになった。
  • 2018年2月16日に、初期登場キャラでありながら長らく担当声優が付いてなかった島田泉の声優に富田美憂の起用が発表された。
  • 2018年9月28日には、同じく初期キャラでありながら担当声優がなかった伊勢谷里都東野梓役に青山吉能井澤詩織の両名の起用が発表された。これにより、若林璃子を除く全てのガールに担当声優が付くこととなった。
  • 2020年6月19日更新分のゲーム内お知らせ「聖櫻学園通信」Vol.50にて、担当声優の活動休止などで長らく新カードが登場していなかった小倉愛音羽ユリ羽鳥晶の3人のキャラクターの声優変更が発表され、各キャラクターに小林都嶋野花杉村ちか子の3名が新たに起用された。新しい声優でのカードは2020年7月より順次登場し、既存のボイスありカードについてはボイス変更をせず旧声優表記のままで継続使用する。その他ガール名鑑やログインボーナス画面等、各所の声優表記は変更となる。以後、声優が途中で交代となるキャラクターについての対応はこのような形を取ることとなる。
  • 2020年10月25日更新分のゲーム内お知らせ「聖櫻学園通信」Vol.56にて、聖櫻エリアへの新ガールの登場のアナウンスと共に、SR指導ガールである畑山政子の担当声優を務めてた障子聖奈の活動休止による声優変更が発表され、新たに生田ひかるが起用される。新声優によるボイスは10月26日にガール名鑑にて実装され、声優表記も変更された。同時に他の指導ガールや2020年新規追加キャラにも自己紹介ボイスが追加され、これによりガール名鑑にてボイス未実装となっているガールは朝門春日のみとなった。なお公式ではアナウンスされてないが、政子は指導ガールのためカードへのボイスは実装されていないものの、聖櫻学園物語等のエピソードなど既に収録済みのボイスについては、他の声優交代したボイスありカードのキャラクター同様に継続使用されることとなる。
  • その朝門春日役の種田梨沙が健康上の理由により2021年4月を以て降板することが同月25日更新の聖櫻学園通信で明らかとなる。そのためガール名鑑のページやログインボーナス画面、ボイス未実装のカードから種田の名前が消え(しばらくは「CV:-」表記となる)、30日更新のキューピッドの新着カード「Yシャツ21」でも名前の表記のない登場アニメーションとなっていた。
  • 更に2か月後の6月19日に「雨の日21」の新カード登場アニメーションで春日の新カードが登場し、そこに種田の名前が表記されていたが、約30分後にCVなしの表記に修正され、直後にお知らせ内の新カードのお知らせで「CVに誤りがあったため修正した」と言う旨の追記がされていた。
  • その後も春日の担当声優が未定の状態が続いていたが、2021年10月5日のゲーム内お知らせにて新たに月嶋真弓が春日の新声優を担当することが発表され、同時にログインボーナス画面での声優名追記が復活し、未実装カードにも声優名が表記されることとなった(上記既述の種田降板後に登場した2カードについては10月中旬に月嶋のボイスが実装された)。更に長い間未実装だったガール名鑑の自己紹介ボイスが漸く追加され、これにより登場ガール全員の自己紹介ボイスが用意されることとなった。そして、月嶋に代わってから初となる新規カード「デートの日21」も登場した。

関連イラスト

椎名さんと櫻井さん。
ガールフレンド(仮)コミックス表紙
ガールフレンド(仮)
ガルフレまとめ5



関連企画

『〈ガールフレンド(仮)〉公式イラストコンテスト!』(2013.11.19〜2014.01.13)【終了しました】
http://www.pixiv.net/contest/girlfriendkari.php

<ガールフレンド(仮)>公式イラストコンテスト!開催



<ガールフレンド(仮)>公式イラストコンテスト!結果発表
http://www.pixiv.net/info.php?id=2234

関連タグ

Ameba ボーイフレンド(仮) ガールフレンド(♪)
ソーシャルゲーム
2014年秋アニメ
GFイラコン
萌えスロ

外部リンク

ガールフレンド(仮)(公式サイト)
GF速報
公式ツイッター
公式ブログ
攻略Wiki
アニメ公式サイト
パチスロ版公式サイト

関連記事

親記事

Ameba あめーば

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガールフレンド(仮)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ガールフレンド(仮)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40095968

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました