ピクシブ百科事典

真白透子

ましろとうこ

真白透子とは、『ガールフレンド(仮)』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

学年・所属2年
年齢17才
部活帰宅部
誕生日12月24日
星座やぎ座
身長155cm
体重40kg
スリーサイズ78cm-55cm-78cm
趣味スノードーム集め
好きな食べ物大根おろし
嫌いな食べ物牛乳
劇場での紹介新しい事に一歩踏み出す転校生
CV堀江由衣


真白透子とは、『ガールフレンド(仮)』のキャラクター。

「COTO」名義で活躍する駆け出しアイドル女の子
聖櫻学園に転向してきた理由は前の学校の校則が厳しく芸能活動を認めなかった為であり、彼女の父が聖櫻学園理事長武上創士郎と知り合いだったことから武上の紹介で校則が自由な聖櫻学園に転校した。転校したてという設定のため初登場時は制服のスカートが違っていたが、それ以降は聖櫻学園のデザインの物になっている。

小指には子供の頃、丘の上の公園で出会った「大切な人」に貰った指輪をいつも身に着けており、辛い時や挫けそうな時はこの指輪をみると少しだけ元気がもらえるとの事。貰った当時は中指につけていたが成長に伴い指に入らなくなり、高2となった現在では唯一はめられる小指にいつも身に着けているほど大切にしている。
「大切な人」とは【情景の君】カードにてついに再会を果たすことになる。


引っ込み思案でおとなしい性格だが、これは、優秀家系に生まれたコンプレックスが原因である。

家族構成は両親と兄と姉が一人ずついる末っ子であり、父は有名なデザイナー、母は元モデル。兄と姉も現在はモデルとして活躍していると言う芸能家族であり、彼女も初めはモデル事務所に所属していたが、モデルとしては背が低すぎる彼女に仕事の場は無く、事務所の勧めでアイドルとして活躍する事になったという経緯があり、この事が彼女に強烈なコンプレックスを抱かせる事になる。

補足をしておくと日本での17歳女子の平均身長は約158cmなので155cmある彼女は決して背が低すぎるわけではない。現実にも荻野可鈴など身長150cm台でもファッションモデルとして活躍している女性も多い。
しかしパリコレなど世界的なファッションショーなどで活躍する場合、話は違ってきて女性でも身長170cm以上が最低条件とされており、Pixiv辞典に専用ページがあるショーモデルとしては冨永愛(179cm)、や(174cm)などがいる。彼女の口から「自分だけ家族で背が低い」という事を語っているため、恐らく兄も姉も母もショーモデルなのではないかと推測される。

引っ込み思案だが芯は強い性格であり、魔法少女まどか☆マギカでのコラボイベントではキュウべえの誘惑に全く関心をよせず、寧ろやるべき事が分かったと彼(?)に感謝の弁を述べる姿を見せた。
また芸能人だからという理由で特別扱いされたくないからと学業もしっかりこなす努力家であり、学校の成績は学問・運動ともに優秀。
ただし家庭の環境からか家事全般は苦手のようで洗濯機の使い方を知らなかったりもした。
(上記のような家庭環境ゆえ、物心ついた時から衣服は全てクリーニング業者まかせであった事を話している)

一方で自分が期待に応えられず応援してくれたファンや両親、事務所関係者を失望させてしまう事を考えるあまり極度に失敗を恐れてしまい自信が持てないという弱さもある。
本人は失敗も恥をかくのも怖くないと語っているが前述したコンプレックスの一因からくるのか、生真面目すぎる性格ゆえか「結果を残せなかった自分に慰めの言葉をかけてくれること」が耐えられないためその恐怖心が結果として失敗を恐れる要因になってしまっている。
それゆえ、健康診断の血圧測定時には測定エラーが出た場合を想像して緊張のあまり足がすくむ程である。

同じ学年の花房優輝は自分に近い境遇を経験してきた為か主人公以外では数少ない気軽に話せる相手であり絡むことが多い。
また学園の先輩である一色愛瑠もアイドルを目指す者同士として絡むことが多い。

ガールフレンド(♪)において

リアルアイドルという立場からか本編には一切登場しないがキャクターソングは有り、カード化も多数されるなど優遇されている。

人気関連

2016年の聖櫻学園マドンナ総選挙では初登場ながらも19位にランクインという好成績を収めた。
17年は21位にまで落ちてしまうが、18年には12位を収め人気面は高い。
また2016年総選挙TOP10外のガールでは唯一パチスロに登場している。

関連イラスト

真白透子
真白なビーチ



関連タグ

ガールフレンド(仮)
アイドル 転校生
ミス・モノクローム 中の人繋がり・アイドルを目指す者同士
花房優輝 気になる存在
一色愛瑠 仲良し

pixivに投稿された作品 pixivで「真白透子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32034

コメント