ピクシブ百科事典

海藤わたる

かいどうわたる

TVアニメ『Go!プリンセスプリキュア』の登場人物。
目次[非表示]

CV:興津和幸

概要

海藤みなみ/キュアマーメイドの兄。
初登場は16話だが、それ以前からみなみが兄に言及するシーンがいくつも描かれている。

海藤家の御曹司で、若くして船舶やリゾート経営を初め10の関連企業の社長を勤める。
自身の恵まれた血筋に決して甘えることなく、かといって変にコンプレックスも持っておらず、自分が海藤家に生まれたことに正しく誇りをもっている。
ノーブル学園の卒業生でもあり、秘密のバラ園にある風車小屋のタイルには「海藤家の立派な跡取りになる」という夢を刻んでいた。

正確な年齢については不明だが、春野ももかが登場した第14話において、「自分が幼い頃に兄がノーブル学園へ入学したときに感じた寂しさ」をももかが抱いている寂しさと重ね合わせていたことから、はるかとももかの年齢差(6年)と同じ程度ではないかと考えられる。

イケメンなのだが若干チャラ男的な雰囲気があり、アロハシャツにジャケットを着てノーネクタイというラフな格好を好んでたり、堅苦しい挨拶を苦手とし少しキザな言い回しを好むなど、一見すると金持ちのドラ息子のように見えないこともない。
しかし実際には「人がいてこその会社」という考え方を持つ優れた経営者であり、周囲の和を大切にする気さくな男性である。周囲の人々は誰しも彼を好ましい人物として捉えており、親の七光りなどと見下す者はいない。
軽い性格のように見えるわたるだが経営者としてはしんどい時も色々あるようで、自分がいろんなものに支えられてなんとかやっていけているという自覚が強い。天賦に恵まれた若き天才というタイプではないがゆえに、謙虚さを失わなかった好人物である。
はるかきららも初対面したときにその魅力にちょっとキュンとなっていた。

「海藤家を継ぐ」という学生時代の夢は半ば叶ったような形になっているが、それで満足することなく、今は「海を通じて世界中の人をつなげる」という壮大な夢をもっている。
海藤グループは海洋権益に強みをもつ企業体で、わたるは海というものを自分の存在を支える偉大な存在として純粋な気持ちで敬っている。自身をそんな海の中で強く生きていけるシャチのような男になりたいという矜持をもつ。
16話ではロックによりその夢を絶望に染め上げられゼツボーグの素体にされるも、妹の奮闘で助け出されている。

みなみは人格形成において兄の影響を多大に受けている。
みなみの夢は「父や兄のような人間になる」というものであり、兄は自分の人生における理想形であり目標である。
みなみは小さい頃は兄にべったりだった様子だが、今は逆に兄に対して過度に甘えたり依存することはしないようにしている。兄に依存するのでなく、兄のような立派な人物になるために自立しようとしているためだ。
わたるの方はみなみのことを信用しているが故に彼女に過度に干渉することはないが、もう自分がいなくてもやっていけそうなことにちょっと寂しさを感じているところもある様子。
ただ45話で、はるかやきらら、ゆいが学園でのみなみを支えてくれている様子を目にした時は、自分の代わりにみなみが甘えられる場所ができたことに素直に喜んでいた。

余談

ゴプリまんが16(仮)


関連タグ

Go!プリンセスプリキュア
海藤みなみ

美翔和也 明堂院さつき 青木淳之介 四葉ヒロミチ(設定のみ) 愛崎正人 プリキュアの兄達。

千早群像中の人繋がりキュアイオナ

pixivに投稿された作品 pixivで「海藤わたる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42624

コメント