ピクシブ百科事典

はるカナショック

はるかなしょっく

『Go!プリンセスプリキュア』第38話「怪しいワナ…!ひとりぼっちのプリンセス!」にて起こった、超トラウマ級の展開。
目次[非表示]

「はるか、君は… プリンセスになんてなるな! なるんじゃない!」

詳細

 38話において、クローズに苦戦するキュアフローラ春野はるか)を見たカナタは、自分のせいではるかを苦しめていると思ってしまう。そして……

 彼女を心から案じるカナタの言葉が、はるかを絶望に追いやってしまう。

以下、38・39話のネタバレが含まれます。















 この回の何がショックだったかというと、「敵の精神攻撃に主人公が心折れかける」→「大切な人の言葉を支えに立ち上がる」→「その大切な人が戦場に駆けつけてくれる」という王道逆転フラグを積み重ねた上で、その大切な人が主人公を決定的に傷つけ、逆転フラグをへし折るという視聴者の誰も予想しえなかったある種の超展開が用意されていたことである。しかもその大切な人は、傷ついてほしくないという一心から発した言葉によって主人公を傷つけてしまったのだ。
 フラグが丁寧に積み重ねられ、それが予想外の方向から折られるまでの流れを段階的に振り返ってみる。


フラグ1――敵の精神攻撃に心折れかかる主人公

 プリンセスプリキュアの中心であるキュアフローラを倒すべく、クローズは、黒須という男子学生に化けて工作を行い、はるかの仲間たち(みなみ、きらら、トワ、ゆい)が「自分の夢のために一時的に学園から離れる」ように仕向け、はるかも仲間たちを笑顔で送り出した。
 そして学園に一人残されたはるかを森の中へ誘いだし、クローズは正体を現して攻撃する。プリキュアは全員揃ってこそ本来の力を発揮する。様々な試練を乗り越えてきたキュアフローラも、たった一人では大幹部のクローズにはそう簡単に勝つことはできない。

 クローズははるかを孤立させ、仲間の救援が来ないところで倒そうと考えたわけだが、ことさら狡猾なのは、はるか自身が仲間たちの夢を応援する形で学園から送り出し、それによって不利な状況に持ち込まれてしまった、という既成事実を作ることだった。
 みなみは「自分が学園から離れるとプリキュア活動に弊害が出るかも」と懸念していたし、トワに至っては黒須に疑いの目を向けてさえいた。しかしはるか自身がそんな仲間たちを説得して学園から送り出したのだ。
 つまり、はるかが孤軍奮闘する危機的状況は、「みんなの夢を守りたい」というはるかの気持ちによって生み出されたもの。仲間がそれぞれの夢を追うことは、はるかにとっては何の得にもならない。仲間の夢とはるかの夢は全くの別物なのだから、だれかの夢を守り、応援したって自分が損をし、追い詰められるだけ……。はるかに心の奥底でそう自覚させることこそがクローズの意図だったのだ。

フラグ2――大切な人の言葉を支えに立ち上がる

 クローズは「夢はお前を追いつめる、仲間達の大事な夢は、お前を絶望させる悪夢だ」 と罵倒し続けるが、はるかは「離れていても私は仲間たちに支えられている」 と真っ向から否定する。
 はるかは夢が孤独を生むことを誰よりもわかっている。「プリンセスになりたい」などという自分の夢を笑わない理解者は滅多にいない。だからこそはるかは、自分の夢を「理解してくれる」というただそれだけのことに、救いを感じる。
 仲間たちは自分の夢を優先していても、決してはるかの夢を軽くは見ない。ただそれだけのことに、はるかは心底感謝しているのだ。

 そして、はるかの子供っぽい夢を理解してくれる人々は、誰もが自分の夢を持っていた。強い夢を持つ人は、他人の夢を簡単に嘲笑ったりしないことをはるかは理解している。だから「みんなの夢を守る」ことははるかにとって大切なことなのだ。
 はるかは仲間たち――特に、幼い日の自分の背中を押してくれたカナタのことを脳裏に浮かべながら、クローズに苦戦しつつも立ち向かっていく。
 「ピンチになってもくじけず信念を貫く」というフローラの健気な姿を見た大きいお友達は誰もが、メンタルの強さで絶望的状況を跳ね返すプリキュア王道パターンが、今作ではこの38話で描かれるだろうことを確信していた。

フラグ3――その大切な人が戦場に駆けつけてくれる

 そこに、パフとアロマからはるかの危機を聞かされたカナタが駆けつける。ボロボロになりながらも独りで果敢に戦うキュアフローラの痛々しい姿に強いショックを受けるカナタ。
 記憶を失う以前の彼であれば、「我が母国が誇る伝説の英雄の力を受け継いだキュアフローラならば、こんな状況でも逆転できる」と信じられただろう。しかし今のカナタが目にした光景は「最近自分に懐いてくれている元気な女の子が、傷だらけになりながら恐ろしい怪人を相手に戦い、今にも殺されてしまいそう」にしか見えないのだ(記憶を失ったカナタが登場した35話から直前の37話まで、カナタはプリキュアたちの戦いを目撃しているが、この三話分はそこまで苦戦していなかった)。

 一方のはるかは、カナタが来てくれたことで士気が向上。「なぜこんなに傷ついてまで戦うんだ」 と尋ねるカナタの様子に多少の違和感を感じつつ、はるかは肩で息をしながらも笑顔を浮かべて答える。

「カナタが支えてくれたから」

 離れていても、自分の夢を応援してくれている人がいる――はるかはそれを「支え」と表現する。彼女がここまで頑張れるのは、カナタがはるかの夢を応援しているからだ。
 そもそもはるかが夢を持ち続けられたのも、幼少期に出会ったカナタが自分の子供っぽい夢を笑わず、素晴らしいものだと言ってくれた上に、「夢を忘れないで」と願ってくれたおかげである。カナタと何年も会えなくても、「プリンセスの夢」を持つことを願っている人がどこかにいると信じられることが、はるかに大きなモチベーションを与え続けていた。
 そのカナタが駆けつけてくれたのだから、「みんなの夢を守る、強く、優しく、美しいプリンセス」を目指す自分が立ち上がって戦わないわけにはいかないのだ。

 ここまでの展開を踏まえれば、「記憶を失ったカナタがはるかの決意に再度触れたことで、断片的に過去のことを思い出す」等、状況が好転するようなパターンを予想できるだろう。

 だが、そんな奇跡は起こらなかった。

 それどころかはるかの言葉を聞いたカナタは、「何も覚えていないけれど、かつての自分がおかしなことを吹き込んだせいで、目の前の女の子が死にそうになっている」と解釈してしまったのだ。
 今のカナタには、はるかが抱く「プリンセスへの夢」に対して思い入れがあるわけではない。カナタの胸中では、かつての自分はとんでもないことをしてしまったのではないかという罪悪感、今の自分ははるかの支えになれる存在ではないという無力感、それでも黙って見ているわけにはいかないという焦燥感など、様々な感情が渦巻く。

「あの男の言った通りだ。夢が……君を追い詰める」

そして、すべてのフラグがへし折られた。


 混沌と混乱に陥ったカナタは、はるかと自分を「解放」するため、すべてをリセットする禁断の言葉を放ってしまう。

「はるか、もういい。もう頑張らなくていい。
 これ以上、君が傷つく必要はない!
 君をそうさせている原因が、ボクにあるというのなら……
 ボクのせいで君が夢に縛られているのなら……
 ボクが間違っていたんだ……」

 自分の言葉が呪いとなっているなら、それを解くには逆の呪いをかければいい。はるかをプリキュアから解放するために必要なのは、かつてのカナタ王子を否定する言葉をカナタ自身から放つこと。
 カナタが口にしようとしていることを察したはるかは悲壮な顔で「やめて!」 と叫ぶ。しかしカナタは止まらない。はるかをプリキュアの使命から、目の前の危険な戦いから解放してあげられるのは、自分しかいないのだから。
 カナタははるかが逃げられないように肩を押さえつけ、まっすぐに目を見ながら、今の自分の純粋な本心を語る。

「夢なんて……、そんなものもういらない。はるか、君は……

 プリンセスになんてなるな!
 なるんじゃない!」

 この言葉がダメ押しとなり、はるかの心は打ち砕かれる。
 キュアフローラの変身は強制的に解除され、彼女は戦うことのできないただの女の子に戻されてしまったのだ。

夢の閉じる刻



 クローズは無防備なはるかを攻撃することはせず、勝負はついたとばかりにその場を立ち去る。彼女が二度とキュアフローラとして戦えないだろうことを看破してのことだ。
 その証拠に、今まさにはるかの絶望を吸収し、絶望の森の繁殖が今まで以上に活発化している。後は放っておけばいい。カナタのおかげで、クローズは真の意味で勝利できたのだ。
「誰だか知らねぇが、よくやってくれたぜ……。これで目的は達成だ」

 危険な敵は去っていった。そして、戦えなくなったはるかはもう危険な目に遭う必要はない。それは、カナタが望んだ通りのことだ。
 しかし心を折られたはるかの顔は、冗談でもなんでもなくメイン画像のとおり。

Go!プリ38話 はるか
絶望はるかちゃん
BADEND
涙


 魔女か、さもなくば3年前の仮面ライダーの怪人でも生み出しかねない表情を浮かべ、はるかはカナタのそばから走り去ってしまう。

余波

 この時のカナタのセリフは当然、視聴者の間で物議を醸した。
 もちろん、カナタのセリフに怒りを覚える視聴者も「はるかが自分のために傷ついている」と考えた彼が、はるかの身を案じて発した言葉であることは理解している。
 問題は、カナタが過去の自分を否定しているかのような態度を取ったことである。はるかが幼い頃のカナタとの思い出を砕かれたように、視聴者が今まで知っていた「カナタ王子」というキャラクターのイメージをも、このエピソードは根底からブチ壊したわけだ。カナタの態度ははるかに対してだけでなく、視聴者に対する裏切りでもあったと言えるだろう。

 ただ、この時のカナタは記憶喪失である。
 お人好しな性格や、生まれついての優雅な立ち居振る舞いのような「表層的な部分」は体に染み付いたものとして残っていたが、自己のアイデンティティだった「夢を大切にする思い」は失われてしまっていた(特にこの38話では、はるカナショック以前のシーンでそのことが強調されている)。
 もはやこの青年は、我々が知るプリンス・ホープ・グランド・カナタとは別人なのである。そのあたりを甘く考えていた視聴者もいたのではないだろうか。

 カナタが、はるかとの絆であった「夢の大切さ」にこだわりを持たないことは、かつてのカナタ王子を知る視聴者には残念に映るかもしれない。しかし自分の夢を忘れたカナタが、夢そのものを大切に思うことはありえないのである。「夢を大切にする」という思いは、生まれながらに誰もが持つ先天的なものではない。夢を大切にする思いは強い夢を持つ者にしか生まれないというのは、どうしようもない現実である。
 夢を忘れてしまったカナタが「見知らぬ誰かの夢を守るためにはるかが傷つく必要なんてない」と考えるのは仕方がないことだろう。まして、「かつての自分」がはるかが戦うことを願っていたというのなら、過去の自分を否定もしてしまう。

 さらには、はるかたちからディスダークの脅威やプリキュアの使命を聞かされてはいても、カナタにとってはどこか知らない国の出来事としか思えない。ディスダークに対する危機感なんてリアルに持てないし、プリキュアの使命とやらの重要性も真剣に捉えていない
 もちろん、ディスダーク側が本気を出せば、ホープキングダムの時のようにすべての人間を絶望の檻に閉じ込めることができるだろう。ただ、38話の時点で絶望の森が人間界で繁殖している事実はプリキュアでさえ知らなかったため、この地球に危機が迫っているという認識がまずない。
 今のカナタは、プリキュアがいないと困るという考え方が薄いのだ。

 何にせよ、問題のセリフを放った時のカナタが「ごく普通の女子中学生が、本人には全く無関係な戦いを強いられていると考えてしまったのは確かである。それならばプリキュアなんて危険なことは今すぐ辞めさせるべきと考えてしまうのも仕方がないことである。
 過去作を例に挙げれば『フレッシュプリキュア!』の終盤、主人公の桃園ラブが母親のあゆみに自分の正体を明かした時、「自分が頑張らないと地球は大変なことになる」と説明しても、あゆみは「娘に危険な戦いをさせるわけにいかない」と涙ながらに止めようとした(その後娘たちの想いを尊重し、最終的に送り出している)。今回のカナタの行動も根源的には同じようなものである。

 本作のテーマは「夢」である。夢というのは約束されたものではなく、障害や試練も多いものであることは、本作のみならず1時間前の作品主役の父のエピソードでも語られているとおりである。
 だがしかし、夢を止めようとするのは、本作のディスピアのような悪人ばかりではない。例えば「芸能界に入りたいという子供の夢を、将来を危惧して止める親」のように、夢を否定してでもその人の身を案じる人もいるのである(その行為の善し悪しはともかく、少なくともその人なりの善意ではある)。

 はるかにとっては、他人の悪意ではなく「善意」が自分の夢を否定した時、どう立ち向かうのかという大きな壁が立ちふさがることになるが、それは次の第39話で語られる。⇒復活のF(フローラ)
 ちなみに38話の初回放送は2015年10月25日。翌週11月1日は全日本大学駅伝中継のためにニチアサキッズタイム全体が放送休止となり、ファンは39話が放映される11月8日までの2週間を悶々とした思いで過ごすこととなった。⇒レイニー止め

 なお擁護派も多いとはいえ、これまでの『プリキュア』においてプリキュア(の主人公)をこのような形で追い込んだ例はカナタが初めてであり、記憶喪失であることを鑑みても主人公を戦闘不能に陥れてしまったという事実は決して擁護しきれるものでもないという意見も少なからず存在する。
 とはいえ、カナタの場合は幸か不幸か、作中で彼の行いに苦言を呈するような描写がないという点で救われているかもしれない。どこぞのブルーが辿った流れとは正反対といえるか。

製作者たちの反応

 カナタの再登場から38話に至る流れについては、シリーズディレクターの田中裕太、シリーズ構成の田中仁ともに「どこかではるかに試練を与えなければ、彼女は先に進むことが出来ない」と考えており、そこへABC担当プロデューサー・土肥繁葉樹の「等身大の女子中学生なら、身近な小さい出来事こそ絶望につながるのでは?」というアドバイスがあって、件の脚本が仕上がったという。

 続く39話の展開を踏まえた上で作られた38話であったが、実際に放映されてみると、「はるカナショック」が与える精神的ダメージはスタッフ、キャストをも平等に襲ったようだ。
 Twitter上では田中裕太が「絶望した…俺が…」と落ち込み、浅野真澄「いっそのこと(カナタを)固いもんでなぐれ」と憤った(いわゆるショック療法で記憶喪失を治せ」という荒療治のこと)。雑誌インタビューでも立花慎之介は「こうやって知らず知らずのうちに人を傷つけることがあるんだろうな」と痛感した旨を明かし、田中仁は「ズーンとしてしまった」と衝撃の大きさを語っている。

投稿に関する注意

 カナタの発言に怒りを覚えたユーザーにより、Pixivではみなみ達がカナタに制裁を加えるという穏やかではないテイストのイラストが増加した。上記のようにカナタの発言は仕方ないどころか解釈次第では当然とさえ言えるものでもあるのだが。

硬いもので
今週のゴプリらくがき


(実際に作中でイラストのような事態が起こらなかったことは幸いだったとも言える)

 前作『ハピネスチャージプリキュア!』におけるブルーにも言えることだが、こういった「自分が気に入らないキャラを作中のキャラに制裁させる」という行為は、制裁させているキャラの性格を改悪しているも同然であり、(絵師の思惑とは裏腹に)制裁キャラに対して閲覧者が不快感を持つ可能性も十分にある――というか、ブルーに関しては「Pixivのブルー叩きが悪意ありすぎて気持ち悪い」という意見が実際に外部から出ている(Twitterや掲示板サイトでもブルー叩きは非常に多いのだが、Pixivはイラスト・漫画投稿サイトという特徴上、目立ちやすいのであろう)。
 カナタが気に入らず、彼を叩くイラストを描くのは絵師の自由だが、想定した意図とは違うマイナスの感想も一定数持たれているという事実には留意した方がいいと思われる。
 結果としては、絵師の自由という大義名分が尖り過ぎていたという案の定の評価に落ち着いてしまっているわけで……。

関連タグ

Go!プリンセスプリキュア
春野はるか カナタ王子 カナはる
プリキュアシリーズにおけるショック繋がり : ファルセットショック / レジーナショック / トワイライトショック / ロックショック
先輩たちの絶望顔 : 絶望ピース / 絶望マーチ
みんなのトラウマ 闇堕ち
地獄への道は善意で舗装されている レイニー止め

花は再び咲き誇る : 復活のF(フローラ)

pixivに投稿された作品 pixivで「はるカナショック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75977

コメント