ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「「夢は止まった!!」」
CV:井澤詩織(ストップ)、伊東みやこ(フリーズ)

概要

第31話にて、地獄から復活したクローズが蒔いた「絶望の種」から誕生した双子の新幹部。常に一緒に行動する。
誕生して間もないためなのか外見的には幼い容姿をしており、両者とも緑と白を基調とした服装を着用している。プリキュアシリーズの幹部としては珍しい外見である。

シリーズ構成の田中仁曰く、ディスダーク三銃士はロックミュージシャンをモチーフとしているのだが、新幹部のストップ&フリーズもそれに倣い、ダフト・パンクのイメージで、キャラクターデザインの中谷友紀子に考えてもらったとのこと。
また脚本では性別の指定は無いとのことだが、ストップが女の子っぽく、フリーズが男の子っぽくなっている。

「閉じる」や「閉ざす」といった意味を持つ単語(close、shut、lock)が名前の由来となっていたディスダーク三銃士と異なり、この二人は「停止」の意味や用法を持つ単語(stop、freeze)が名前の由来となっている。

絶望🐇仮面🐁
静止と凍結



ストップ

ウサギを模した耳の付いた、銀色が基調の仮面を被った少女(風)。

フリーズ

ネズミ(クマ説もあり)を模した耳の付いた、金色が基調の仮面を被った少年(風)。半ズボンを履いている。

性格

ふたりとも陽気な性格で、喋る際におどけたようなポーズを取ることが多く、見た目の醸し出す雰囲気たが、仮面で表情は全く見えず、話し方にも抑揚がなく、過去の少年幹部のように笑ったり怒ったりすることもない。
シリーズ構成の田中は、セリフが機械的で表情もなく特徴がないため変なポーズをさせるようにしたと語っている。

ディスピアや直属の主であるクローズに対しては敬語で接し、ゼツボーグを生み出すのも淡々とおこなっており、機械的な印象が強い。
その一方で、「メイクをすればいつもよりパワーが満ち溢れる」というシャットのアドバイス(?)を真に受けるなど純心(というか単純)な一面もある。

ストップ&フリーズ&クローズ
レイフレ13 新刊2とお品書き



戦闘能力

シャット以上の実力を隠しもっており、目の部分から緑色の光線を放つほか、素早さと瞬間移動の能力を駆使することで相手を怯ませ、抜群のコンビネーションでプリンセスプリキュアに匹敵する戦闘能力がある。
さらに第42話では目から緑色のビームを発射できることが判明した。
だが、ふたりはクローズの配下なのでランク的には一番下であり、ディスダーク三銃士の新たな一角を担う強力な新幹部ではない模様。

ゼツボーグの召喚

人の夢を覗くときは仮面の黒い部分が緑色に光る。
ゼツボーグを召喚するときは2人同時であり、ゼツボーグを呼びだす口上は、「ストップ・フリーズ・ユア・ドリーム!」(Stop Freeze your dream!)。
「ストップ」をストップが、「フリーズ」をフリーズが、「ユア・ドリーム」をふたりで同時に言う。
この2人が生み出したゼツボーグは2つの錠前トークンを有しており、それらが両目のようになっており目の色が緑である。

夢は止まった
二人は!ゼツボーグ!



また、ゼツボーグが敗れても、
「夢、止まらなかったな」「止められなかったな」
「「だが、絶望した」」
と、単なる捨て台詞とは思えない言葉を残して撤退するのが常であり、不気味さを感じさせている。
これは、クローズが人間界に撒いた「絶望の種」を成長させるために必要な人間の絶望を収集することが目的で、ゼツボーグが敗れても、収集した人間の絶望を「絶望の種」に吸収して成長させることが本来の目的であることが伺える。

また、「絶望の檻」に閉じ込めた人間の心境を、自分たちの目を光らせて調べるというロボットのような仕草も見受けられる。

最終形態

第49話において、ストップとフリーズが本来の姿へと変身した形態。
本編中で描かれているように、クローズが撒いた絶望の種は本来は「絶望のイバラ」を発芽させるためのもの。絶望の種から生まれたストップとフリーズは絶望のイバラが人の姿を取ったものだったのだ。(もしかしたら仮面とスーツの下はイバラが触手の様に蠢くグロテスクな姿だったのかも・・・)

本来の姿では、ストップが銀色でフリーズが金色のイバラの木そのものの姿。
無数の枝が絡み合い一本の大樹となっているが、その絡み合う枝の中央部分に目と口が不気味に存在する。
2人の口から緑色の強力な破壊光線を放つことが可能で、その際は鋭い牙をもった口を大きく開いている。
この49話でディスピアがプリキュアに倒され、ディスピアが作り出した巨大なイバラの城も消滅するが、一瞬だけ描かれた遠景シーンで2本のイバラの木が残っていた。
それは銀と金のイバラであり、放映直後からストップとフリーズが未だ生き残っているのではないかと予想されていたが・・・?

すとふり



究極形態

第50話(最終話)にて、ディスピアが消滅の寸前に残る力すべてをクローズに継承することで、彼を生かしていたことが判明。ストップとフリーズのイバラが残っていたのは、この二人はクローズが生み出したからだろう。
究極体となったクローズはディスピアの意思を継ぎプリキュアたちとの決着をつけるべく最終決戦を行う、この際、ストップとフリーズも究極体となったクローズを支援するために新たな形態に進化した。

究極形態では、ストップは銀色でフリーズは金色ののような姿となっているが、その頭部は変化前に近いヘルメット姿である。
素早い身のこなしを生かした突撃や緑色の破壊光線を武器とする。
しかし最後は2体ともクローズのエネルギー源として吸収されてしまい、本編での出番を終えた。

【MMD】絶望のプリンスと侍者



余談

過去キャラとの関連


中の人

担当声優の井澤詩織と伊東みやこは両者ともプリキュアシリーズ初出演。
井澤は3年後のHUGっと!プリキュアにてゲストキャラクターの役で再出演する事になる。

関連タグ

Go!プリンセスプリキュア ディスダーク クローズ(プリキュア)
プリキュアの敵一覧 双子 異形頭

関連イラスト

美脚なふたり
ストップ&フリーズ


落書き
ストップ&フリーズ

関連記事

親記事

ディスダーク でぃすだーく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ストップとフリーズ(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68092

コメント