ピクシブ百科事典

パンプルル姫

ぱんぷるるひめ

パンプルル姫は『映画Go!プリンセスプリキュア』の3つのストーリーの一つ『パンプキン王国のたからもの』の登場キャラクターである。
目次[非表示]

CV:花澤香菜

概要

パンプキン王国のプリンセス。
パンプキン=カボチャをモチーフにしたドレスを纏い、実の他に花の意匠も入ったティアラを被る。全体的なイメージカラーは橙色だが、髪はピンクのショートヘア。

ある日、突然現れた謎の男(ウォープ)によって城の塔に幽閉されてしまう。両親はその男に誑かされ欲望の虜となり娘の存在自体を忘れてしまい、パンプルル姫の存在は初めからいなかったことになってしまった。
両親から愛され恵まれた環境にいたパンプルルはこの状況の変化に耐えられず、自己保全のためか全てを諦めることで日々を過ごしていた。幽閉された空間では姫は自由ではない代わりに安全と快適な生活は与えられていたのだ。
姫は王国の民である妖精たちに慕われていたが、自ら籠の鳥になることを受け入れた彼女を妖精たちもどうすることもできず、無為な日々が過ぎていった。

本作の映画は短編、長編、中編の3部作で構成されており、この中でパンプルルは長編のヒロインにあたり、中編のヒロインであるレフィと共に本作のキーキャラクターとして活躍する。

パンプレフィちゃん!
Go! Go!! Go!!!



人物

清楚でおしとやかな性格で、「助けられるのを待ち続ける囚われのお姫様」という、おとぎ話のステロタイプなお姫様のイメージをそのまま形にしたようなキャラクターであり、とにかくアグレッシブで活動的なプリンセスプリキュアの4人とは好対称となっていた。
しかし、そのプリキュアたちの奮闘で妖精たちが王国の自由を取り戻すために立ち上がった様子を目の当たりにし、パンプルルは王子様の助けを待ち続けるお姫様であることを止め、自らの意思で危険を顧みずに塔から脱出。
その勇気がミラクルライトを生み出し、元凶であるウォープがプリンセスプリキュアに倒されたことで両親と再会することができた。

パンプキンプリンセス!
プリンセスプリキュア映画感想らくがき



余談

7年ぶりの映画ゲストの王女キャラ

劇場版ゲストとして登場する「王女」は、『お菓子の国のハッピーバースディ♪』のチョコラ以来約7年振り。
むしろ自分自身がプリキュアに変身して前線に出る事例の方が多いというのも何と言うか…。

中の人関連

担当声優の花澤香菜は『プリキュア』シリーズ初出演。花澤は劇中歌「Sharin’Miracle」も唄い、同曲が収録されるCDが2015年10月28日に発売された。
一方父親である国王役のチョーと母親である王妃役の山像かおりは、『GoGo!』にそれぞれイソーギンアナコンディとして出演。
…そこ、「お前らいつの間にデキていたんだ」とか言わないように。

関連イラスト

パンプルル姫
ハロウィンパーティーごきげんよう!


Go!プリ劇場版 豪華三本立て見てきました
ぱんぷきんな姫



関連タグ

Go!プリンセスプリキュア 映画Go!プリンセスプリキュア
パンプキン王国のたからもの

かぼちゃ/アンプルール:キャラ名の語源

pixivに投稿された作品 pixivで「パンプルル姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112300

コメント