ピクシブ百科事典

ウォープ(プリキュア)

うぉーぷ

ウォープは『映画Go!プリンセスプリキュア』の3ストーリーの一つ『パンプキン王国のたからもの』の敵キャラクターである。(メイン画像右)
目次[非表示]

CV:諏訪部順一

説明

映画Go!プリンセスプリキュア』の3ストーリーの一つ『パンプキン王国のたからもの』の敵キャラクター。
パンプキン王国の大臣として登場するが、正体は夢をゆがめて絶望を集める闇のコレクターで、元ディスダークの幹部(ディスピアの自分に対する評価が低いことに不満を抱いて離脱したらしい)。
ちなみに名前は「歪む」を意味する「warp」に由来されている。

ウォープは他のディスダークの幹部たちのように、人間の夢への思いを閉ざすこととはしない。逆に、彼は相手の夢をより強い思いとなるように増強させる。ただし、彼の魔力で夢を増強されたものは夢を歪んだ形に変えられてしまう。そして、その歪んだ夢を叶えるためなら何者をも犠牲にしても構わないほどの強欲な人間に化す。こうなった人間は必ず周囲を不幸にし、最終的に自滅の道をたどることとなる。そうして生まれた幾人もの絶望を自らの持つガラスの本に閉じ込めて鑑賞することがウォープの最大の愉悦である。

パンプキン王国の国王と王妃の「国民と家族がともに幸せになること」という夢を歪めてしまい、皆が幸せになるためには国が豊かになるべきと吹き込む。こうして国王と王妃は国の経済的発展のためならば民をも犠牲にする暗君に変貌。
さらにウォープは王と王妃が最も大切にしていた娘のパンプルル姫をガラスの塔に密かに幽閉。王と王妃の前に娘が現れなくなったことで、いつしか二人は自分に娘がいたことさえ忘れてしまった。そして二人の最も愛する人間は自分の夢を叶えるために忠実に働いてくれる大臣のウォープとなり、彼は国の実権を完全に握ることになる。

そして彼は最終的に前々から用意していた計画として、プリンセスプリキュアをこの国に誘い出す。圧政に苦しむ国民(かぼちゃの妖精)たちの絶望をいくらでも吸収できるこの国の中でならば、プリキュアたちにも勝てるくらいの力を発揮できるからだ。彼の目的は、プリキュアたちを自らの本に閉じ込めてお気に入りのコレクションを充実させること……

だが、プリキュアたちの決してあきらめない活躍で、絶望していたパンプキン王国の妖精たちが立ち上がって彼女らと共闘し形勢が逆転。
追い詰められたウォープは巨大な黒いカメレオンの姿になってパンプキン王国の国土を純粋な破壊力で蹂躙。その様子に再び絶望した妖精たちを体内に取り込み、さらなるパワーアップをしてプリキュアを追いつめる。
しかし、パンプルル姫が生き残った妖精たちと共に脱出。姫と妖精たちからミラクルライトの応援の力を受けたプリキュアはモードエレガント・ハロウィンにパワーアップし、合体技「プリキュア・ハロウィン・エクレール」によってウォープは倒された。

中の人について

担当声優の諏訪部順一は様々なアニメに出演していることからいずれコラボネタが投稿されると思われる…と思ったら早速投稿されていた。

Goプリ劇場版予想



中の人の当たり役としては、某庭球のプリンス氷の王様が有名だがミュージカル版における演者かつての三十分前にて主人公を演じておりなにげにニチアサとは関わりが深かったりもする(ちなみに、彼にいつも付き添う後輩中の人かつての一時間前にて敵組織幹部を演じている)
また上の関連イラストにおけるキュアスカーレット中の人とは某ゾンビアクションもので共演している。

関連タグ

Go!プリンセスプリキュア 映画Go!プリンセスプリキュア
プリキュアの敵一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォープ(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10588

コメント