ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ムーンライト伝説

むーんらいとでんせつ

ムーンライト伝説とは、アニメ版「美少女戦士セーラームーン」シリーズの初代主題歌である。
目次 [非表示]

ゴメンね素直じゃなくて 夢の中なら言える

思考回路はショート寸前 今すぐ会いたいよ


概要

アニメ版『美少女戦士セーラームーン』の初代オープニングテーマ。1990年代を代表するアニメソングの一つ。

無印からSuperSまでの4年間でアニメーションを変えつつ使用された。無印最終回の挿入歌としても使われている。耳に残りやすく重厚感のあるメロディとミステリアスで韻の踏まれた歌詞が特徴。

最終作「セーラースターズ」のオープニングテーマは「セーラースターソング」に変更されたが、ムーンライト伝説はシリーズ最終回エンディングに使用された。


作詞:小田佳奈子
作曲:小諸鉄也
歌:DALI(無印Rまで)、桜っ子クラブさくら組(SSuperSまで)
編曲:池田大介(無印〜Rまで)、林有三(S〜SuperSまで)

Aメロとサビが同じ音程であることからこの曲はサビがあると言えるのか言えないのか、はたまた最初からサビだけの曲なのかといった議論がある。


アニメの大ヒットと海外輸出を受けて息の長いヒット曲となり、様々な言語のバージョンが存在する。特にアメリカ版の魔改造ぶりが有名。また、『Crystal』で主題歌を担当したももいろクローバーZをはじめとした、数多くのカバーバージョンも存在している。

オリジナル盤のシングルは、1995年2月、日本レコード協会からゴールドディスク(出荷枚数20万枚以上)に認定された。


DALIは四人組のアイドルグループで、「ムーンライト伝説」のリリース直後に解散しているが、その後高橋美鈴と西本麻里は「MANISH」を結成した。

桜っ子クラブさくら組はミュージカル版の初代内部太陽系戦士を演じたアイドルグループであり、別名義は内部太陽系戦士役の声優ユニット「Peach Hips」に合わせた「ムーンリップス」である。


サビの「ミラクルロマンス」は、後に本作のアイテムを化粧品化した商品のブランド名にもなった。


2021年の東京オリンピック新体操団体でウズベキスタン代表のチームが「ムーンライト伝説」を使用したプログラムで演技をした。(詳細はこちら。


また、作曲家の小川寛興が倍賞千恵子に提供した「さよならはダンスの後に」のメロディへの酷似に気付き、JASRACを通して抗議、使用料を受け取る代わりに和解が成立している。


関連動画

劇場版美少女戦士セーラームーンCosmos前編』版(内部太陽系戦士キャストによるカバー)。

『Cosmos』のオープニングは、この楽曲に加えてSやSuperSなどの旧作をオマージュした映像が話題となっており、かなりの高評価を得ている。


関連タグ

美少女戦士セーラームーン 主題歌

セーラースターソング:旧作アニメ最終章の「セーラースターズ」主題歌。なお、こちらはセーラー火球スターライツが『Cosmos』でカバーしている。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2354460

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました