ピクシブ百科事典

桃宮いちご

ももみやいちご

アニメおよび漫画『東京ミュウミュウ』の主人公。
目次[非表示]

プロフィール

所属第三中学校中学1年
身長152cm
体重42kg
スリーサイズB82-W54-H80
誕生日3月15日うお座
血液型O型
CV中島沙樹


人物

原作第1部およびアニメの主人公。
恋に戦いに奔走する明るい女の子。少々ドジっ子で天然ボケの慌てん坊だが、根は真面目でカフェ内では物凄い働き者で、戦いとなると一気にリーダーっぷりを発揮する。
ドキドキしたりビックリすると猫耳猫尻尾が出てしまう。またミュウイチゴの著しい力の成長に伴い、更にドキドキすると完全に猫化する体質となってしまった(誰かとキスすると元に戻る)。
普段の髪型はツインテールかストレートのショートヘアであることが多い。
れたす程ではないが発育が良く、中学生離れしたナイスバディをしているが周囲からそれらしい指摘はあまりなく、特にアニメ版では歩鈴から「寸胴体型」と言われ、タルトだけでなく他の子供達からもおばさん扱いされるなど散々である。
家族構成は両親のみ。一人っ子であるため、兄弟はいない。

漫画でのいちご

第1部で波乱の恋模様を展開した末に「青山君」こと雅也(後述)とめでたく結ばれた。
第2部では雅也と共に留学に行っていたイギリスから帰ってきて途中参戦。力が弱まったので(しかもミュウミュウでいられるのは3分のはずが、ラストの方ではいつまでもミュウミュウでいられた)、ベリーに主人公とリーダーの座を譲ったものの、まだまだ大きな活躍を見せ、またベリーに恋のアドバイスもしてあげるなど先輩ぶりを発揮している。

アニメでのいちご

アニメではアイドルユニットのエボリュウションのアイザワの大ファン。
また、物語後半から完全に猫になったことを切っ掛けに人間の姿でも猫との会話が通じるようになる。
終盤で青山に遂に自身の正体を明かすが、当の青山はミュウイチゴと初邂逅した時点で正体がいちごと知っていたらしい。

またアニメ版第5話「嵐の新体操 ネコの舞で輝く星になるにゃん」では、ひょんな事で部員曰く、「私達、今年出来たばかりの部なんですけど。」という創立ホヤホヤの新体操部の助っ人部員になったいちごが(最初は入部に際し断ったものの、キャプテンの合図で部員達が跳びかかった挙句、無理矢理制服を脱がして強引に着せたレオタード姿にいちごが「うわぁ~超カワイイ~一度着てみたかったんだ、レオタード!」と喜んだいうのもありますが…)悪戦苦闘しながらも、ミュウミュウの力で新体操の技を磨く。
部員達みんなで「区立中学校新体操競技大会」に出場、だが個人演技が始まる直前に緊張で体が動けなくなるいちごだったが、青山君が間一髪駆けつけて、元気になったいちごは華麗な演技を披露する。だが、そこへキッシュが妨害をしかけ、集団演技の最中だったいちごは騒ぎを利用して、上手く抜け出し、観戦を見に来ていたみんと、れたすと一緒に変身して、アシカ型キメラアニマと戦い、無事浄化に成功したのだった。ちなみに、大会は途中演技の失敗があって準優勝だったものの、部員達やいちごにとっては満足した出来であった。ちなみに、帰りは青山君とラブラブで帰れると思ったら…助けたアシカに邪魔されてしまいましたとさ。

ちなみに、この回では主に部活時に着用していた白をベースに黄色のハート模様が入った「練習用レオタード」と、

センシティブな作品


後半の大会出場時に着用していた白をベースにマゼンタ色の波型模様が入り、首まで一体型かつ胸元にダイヤ型にカットされた「試合用レオタード」(「大会用」と言った方が良いかもしれないが)の2種類の新体操レオタード姿を披露した。なかなかセクシーだったものの、まだアニメが始まって間もない時期だった事もあり、あまり注目されなかったのが残念だが…なお、その後新体操部を辞めたのか、そのまま所属し続けたのかは不明。なお、その後アニメ第22話「夏よさらば、いちごの一番長い日」で夏休みの宿題に追われるいちごの所へ部員のメンバー(声から推測すると恐らくキャプテンか?)が携帯で電話してきて、「ああっ、いちご。これからさぁ、クラブのみんなとプールへ行くんだけど、ぜひ付き合わない?」と誘われたものの、いちごが「ごめ~ん、行けなぁ~い(謝る)」と断ったシーンがあったので、それなりに関係は保っていると思われる。ただ、残念な事に第5話以降新体操部のシーンは無かったし、秋の大会を目指す話も無かったので、あくまでも推測ではあるのだが…

桃宮いちご(新体操レオタード)
センシティブな作品
アニメ準拠レオタード2
桃宮いちごちゃん



ミュウイチゴ

いちご!


桃宮いちごが変身する。イリオモテヤマネコのDNAが入っている。
アザの位置は右太もも内側の股の付け根だが、彼女のみ右腿にバンドを巻いている。
変身すると語尾にやたらと「〜にゃん」が付く。イメージカラーはピンク。
髪形は原作ではツインテールのままの時もあったが、アニメではウェーブのかかったセミロングヘアに統一されている。 また髪色も、原作では変身前・変身後ともにピンクだったが、アニメでは変身前が赤茶→変身後はピンクになっている。
瞳の色も変身前が灰色に近いダークブラウン(または黒)からマゼンダ系の濃いピンクに変化する(瞳の色は、他のミュウミュウではミュウプリンミュウザクロを除き、イメージカラーにそったものに変化するのみ)。
決め台詞は「地球の未来に、ご奉仕するにゃん!」
第46話のみ、青の騎士がミュウイチゴと協力攻撃することになった時に青の騎士との合体攻撃を行った。
PSゲームでのみ二段変身が存在する。二段変身後はスカート部分が変化し、髪形がツインテールになっている。また、手袋が少々長いものになる。

必殺技

リボーン ストロベリー チェック
ストロベルベルから放つ浄化技。目映い光を発し、そこから無数の虹色の光弾を敵に放つ。

リボーン ストロベリーチェック ヒーリング
アニメでは第11話以降から登場。仲間の武器から噴射されるエネルギー体をストロベルベルと合体させる事で発動する、より強力な浄化技。原作では武器そのものを合体させて発動する。また、「リボーン ストロベリーチェック サプライズ」(後述の「リボーン ストロベリー サプライズ」とは別の浄化技)を発動させることもできる。なおアニメ版では、5人の合体攻撃で放つ七色の光線には電撃攻撃と共に身動きを封じる効果がある。アニメ放送時での「リボーン ストロベリーチェック ヒーリング」は、ミュウイチゴの掛け声なしの、いわば自動発動により無名の合体攻撃として初登場し(続けて連続攻撃で「リボーン ストロベリー チェック」でガララを倒す)、二回目以降は4人の武器から噴射されるエネルギー体をストロベルベルが吸収することによる合体(自動発動なし)でミュウイチゴの掛け声と共に「リボーン ストロベリー サプライズ」の技が使用された。その後も「リボーン ストロベリー サプライズ」が合体攻撃と単独攻撃との共通の技としてのメインとして使用された。
別の用途としてストロベルベルを正面にかざす事で、バリアに包まれる(第1話のみに登場)。また第30話以降に、ストロベルベルを発光する物体に変化させ敵に向かって投げつける物理的攻撃技も使用(攻撃力が低いため、主に敵の注意を逸らす目的で使用)。原作ではこれらの技はない。また、第44話以降にストロベルベルを正面を向けてミュウミュウ達の技を吸収する事でエネルギー補給+威力を上げる事も出来る(合体攻撃の応用)。

リボーン ストロベリー サプライズ
アニメ版では第15話以降に登場する技。技の威力を上げるパーツとして、ミュウベリーロッドが登場し、これをストロベルベルに装着して発動する。目映い光から発せられる無数の虹色の光弾と光線を放つ浄化技。アニメでの合体攻撃としても使用された。

リボーン アクア ドロップス
アニメ版第26話以降に登場する技。
白金らが開発したミュウアクアロッドを用い、無数に噴出した青白く光るシャボン玉系の光弾で、あらゆる汚染や猛毒または巨大竜巻などを一瞬にして浄化してしまう。(原作では、回収した純度100%のミュウアクアを収めた容器をマシャに与えることでマシャがロッドに変形する。また、いちごを除いたミュウミュウが1人につき1度ミュウアクアを感知し、回収したそれを使って発動させている。)

余談

ストロベリーリキュールとピーチリキュールを両方使った「ストロベリーパラダイス」というカクテルが存在する。

関連イラスト

センシティブな作品
ご奉仕するにゃん☆


いちご
ミュウイチゴ



関連タグ

東京ミュウミュウ ミュウイチゴ
青山雅也 キッシュ 赤井りんご 白雪ベリー
キシュいち
変身ヒロイン ピンクヒロイン

関連記事

親記事

東京ミュウミュウ とうきょうみゅうみゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桃宮いちご」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 849437

コメント