ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 『吸血鬼すぐ死ぬ』世界においては野菜アメーバですら吸血鬼化してしまうほど吸血鬼が頻繁に出現しているのだが、その中でも特に知能・知性が高く、人間と大差ない物を差す。
 いわば我々が一般的にイメージする吸血鬼そのものであるが、性格は協調性に欠け目先の享楽に弱い…平たく言えば総じてバカ・変態の集まりである。ドラルク曰く「長生きすると頭ポンチになるヤツも居る」。

 多くはドラルク同様尖ったエルフ耳、長い牙などを有する(中には吸血鬼熱烈キッスのように完全な異形の姿の奴もいる)。肌色は、ドラルクのように青白い者もいればゼンラニウムのように黄色人種と大差ない者もいたりと多様。日光やニンニクを苦手としている者が多い。
 劇中、彼らの台詞は角張ったフキダシで表現される。

基本的に上記の享楽主義故にハンター達に喧嘩を売って騒ぎを起こしたり一般人に危害を加えたりするものも多いが、中にはアダムや変な動物のように大人しくしているものもいればあけみやドラルクのように人間と共存しているものもいる。

 ハンターや吸血鬼対策課は主にこういった連中と戦うのを生業としているわけだが、高等吸血鬼は多くが半不老不死であり、肉体が損壊しても日光に長時間当たったり十字架銀弾を刺されない限り何度でも再生することが多い(例えばドラルクは200年生きているがこれと言って老け込んではおらず、老化は極めて遅い)。なので大抵は退治したあとにQRCといった施設に身柄を引き渡す形で処理している。

 大きく分けて先天型後天型が存在し、ドラルクのように高等吸血鬼同士の結婚で生まれた場合は100%先天型の吸血鬼となるが、高等吸血鬼に吸血や輸血をされた人間も、体質によっては後追いで吸血鬼となりうる(これは相手が高等吸血鬼だったとしても同様であり、ドラルクが股間に花を生やしたりする危険性もある)。
単行本に掲載されている設定資料集によれば、ヒトは生物の中でも特に吸血鬼化しづらい種族らしく、仮に高等吸血鬼が噛んでも

  • 吸血鬼側が濃く強い血を持っている
  • 長い年月をかけて何度も噛まれる
  • 月光院やカノちゃんのような吸血鬼因子が強い体質の者
等といった条件を満たさない限り、高等吸血鬼化する確率は低い。
 下等吸血鬼に攻撃されても、一時的に日光に弱くなるなど吸血鬼っぽい症状は出るが、これは「仮性吸血鬼」と呼ばれており、病院でワクチンを接種すれば人間に戻るし、老化速度も変わらない。

 彼らは自分たちの一族以外は特に尊重しておらず、高等吸血鬼同士でも戦うことはたいして珍しくも無い。
 人間と交配して生まれた子供ダンピールと呼ばれ、(人間に変装している高等吸血鬼を見破る、吸血鬼の気配を感知するなど)人間にも吸血鬼にもない能力を有していることもあり珍重される。
ダンピールは親吸血鬼の血を呑むと、100%の吸血鬼となり、ダンピールには戻れない(他の血族に噛まれた場合でも殆どの場合吸血鬼化する)。
人間の血を呑んだ場合は一時的に身体能力が強化される。

種族的に陽気で浮かれポンチの為、タンバリンの音に引き寄せられる習性がある。

167死にて吸血鬼専門の料理店がある事が判明し、昼間は普通の料理店だが、夜になると吸血鬼用のメニューを出す店もある。特に血液専門店は液体食ゆえに回転率が高い。
こういう店は複数の人間の血をブレンドして提供される上に、人間は70億も数がいるので値段が安い。1人の人間から血を取る「シングルブラッド」は高級酒のような扱いをされており、値段は張るが雑味のないまろやかな味を味わえる。
あまり吸血鬼らしくないが、彼らから言わせれば「お前ら人間の吸血鬼像はなんで19世紀で止まっているんだ。探偵はみんなバナナみたいな帽子被っていると思っているだろ」との事(武々夫は「コナンがたまに被ってます〜」と揚げ足を取っているが、正確には漫画の表紙などでホームズの格好してるだけで、本編では全然被ってないので武々夫の方が間違っている)。

ドラルク曰く、初対面の吸血鬼に血液ボトルを土産に持っていく事は、人間で例えると初対面の人に米やハムを送るのと同じである。また、プレゼントに銀色の装飾を使うのも、これまた人間に例えるとお祝いののし袋に白黒のものを使うのと同じである。
更に、寝ている棺桶ごと杭を打たれて死ぬという伝承から、棺桶の場所を訊ねるのは「貴方の命を私に委ねてください」というプロポーズとして捉えられる。転じて寝室の場所や地下室への行き方を訊ねるのも、同様にプロポーズとして捉えられてしまう。

アニメでは伝説の傭兵きれいな方の関戦闘力53万ガチ最強の真祖など豪華声優陣が演じる事が多く、視聴者から「次の吸血鬼はどんな大物が演じてくれるんだろう」と期待する声が多い。

ちなみにロナルド達が対峙する敵の中にはごくたまに吸血鬼とはなんの関係もないただの変質者(人間)が出てくることも少なくないため、紛らわしさへの配慮なのか本編では登場する際に「我こそは吸血鬼○○!!」と自己紹介するのがお約束になっている。

特徴と能力

  • 長寿
  • 死んでも灰になって寄り集まることで元に戻る
  • 催眠術(ドラルクは下手)
  • 変身能力(ドラルクは下手)
  • 血を呑まなくても別に死ぬわけではない(牛乳などでタンパク質を摂る必要はある)
  • 人間用の食事を摂取できるかは個体による(人間同様の飲食が可能な者が多数であり、元人間はよりその傾向が顕著。ドラウスのように血やタンパク質以外は栄養吸収されないタイプもいる)
  • 生き血を呑ませることでその生物を使い魔とする
  • 鏡やフィルムに映りにくい(デジタル媒体や、霊力を持つ特殊な鏡には映る。作中世界では、吸血鬼用レンズを搭載したカメラも流通し始めている。あと尻にグッと力を込めれば普通の鏡やレンズでも可)
  • 人間の病気には罹らない(虫歯も同様)
  • 互いを「同胞」と呼び合う
  • 低体温
  • トマトを好む者が多い
  • その他、固有の特殊能力を持つ者が多い……が大抵が本人も扱いに困るようなクソ能力。彼ら曰く「人間だって全員がオリンピック選手になれるわけじゃねーだろ」との事。


作中に登場した高等吸血鬼

竜の血一族

人間に友好的な吸血鬼の一族。吸血鬼の中でもトップエリートで能力も財力も桁外れ。
結構な大所帯で、一族同士は極めて仲が良く貧弱なドラルクの事を心配している。


新横浜の住人


古き血の吸血鬼


読者公募で採用された吸血鬼

いずれも吸血鬼吸血鬼を呼ぶ月によって呼び寄せられた。


指名手配犯

()内は吸血鬼対策課の指定した危険度。
日本にはSランクはいないが吸血鬼に敵対的なイギリスには結構Sランクがいるらしくみみずは存在しないらしい。

  1. S:大規模な被害を出す危険性あり
  2. A:犠牲者を出す恐れあり
  3. B:ケガ人を出す恐れあり
  4. C:即時の危険はないが要観察
  5. みみず放置しとけ
  6. ドラルク
の順に危険らしい。


余談

第78死によると、「東京より新横の方が吸血鬼が多い」、「とにかく変な高等吸血鬼がやたら集まる」、「常夜神社に封じられた吸血鬼が引き寄せている」とのこと。最後に関してはデマと切り捨てられているが、果てして…?

関連項目

吸血鬼すぐ死ぬ ヴァンパイア 人外 愛すべき馬鹿
吸血鬼すぐ死ぬの登場キャラクター一覧
吸血鬼すぐ死ぬの組み合わせ・カップリングタグ一覧

関連記事

親記事

吸血鬼すぐ死ぬの登場キャラクター一覧 あいすべきばかたちをまとめてしょうかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「高等吸血鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8517

コメント