2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

二つ名“不滅の炎”・爆炎の吸血鬼
身長169cm
誕生日11月9日(自称)
血液型不明
好きなものタピオカ・邪魔くさいものを焼き払うこと
嫌いなものナタデココ・湿度・ゲリラ豪雨
趣味タピオカ研究・直火料理
備考肌は赤が映えるタイプの陶器のような白さ


概要

ドラウスノースディンと同様古き血の吸血鬼の一人である高等吸血鬼。一人称は「私」。

本来吸血鬼が苦手とするはずの「炎」を操ることから、「不滅の炎」「爆炎の吸血鬼」の二つ名で吸血鬼から畏怖されている。ちなみにイシカナとは、旧文明の言葉でイシカ=激しい、恐ろしい シカナ=強い炎の合成語である(出典:オータム書店「失われし古代文明を紐解く」より)。
しかし400年越しに何故かタピオカを操る念動力に目覚めてしまい、能力を生かせるタピオカ屋を出店するべく「吸血鬼と人間の混沌が心地よい」「横浜とか東京よりチョロくて成功しそう」という理由で新横浜に訪れた。
味に自信が無いのでドラルクに味見を頼もうと考えるも、古き血の吸血鬼のプライド(及びドラウスに知られた際厄介事を招く可能性の高さ)が邪魔して頼めず、知らないうちにタピオカを味見させる「暗タピ計画」を実行するも色々あって失敗。結局正直に事情を話し、直接味見してもらうことになった。最終的にドラルクの料理の秘訣(味見役)であるジョンに手厳しく評価され、以降高評価を貰うべく奮闘している。

性別については公式でぼかされており(参考ツイート12)、性癖に関しても「男女特にこだわらない」と発言して(させられて)いる
第215死では「おばちゃん」と揶揄されているが、同話でヴェントルーやドラウスも同様に揶揄されていたのでおそらく性別は無関係。
第270死ではロナルドから「タピオカ屋のお姉(?)さん」と呼ばれ、第307死では古い付き合いの仲間たちからも「おじさん(?)」とコメントされていた。
その他、角度によっては青年らしく見えるコマもある。

ファンブック2によると日本出身の吸血鬼。
神として祀られていたこともあれば、鬼として恐れられていたこともあるという。神は本人のガラではなかったが、若くてかわいい巫女が勝手に侍ってくるのは悪くなかったらしい。
血族らしい血族は持たず単独で行動しており、血を分けた相手がいたとしても、「血族」の枠の長に収まるのはガラではなかったのだろうという見解が示されている。同族に恐れられる炎の能力を持っていたのも自由と孤独の理由だったようだ。
人間に対しては親人間寄りの中立で、「自分にとって都合が良いうちは人間に好きにさせておく、何かあったら燃やせばなんとかなる」という大雑把な精神だったらしい。古き血のメンバー入りしたのは、人間についてより「燃やしても何とかならない」古き血の吸血鬼達、そして御真祖様に関心があったからというのが大きい様子。
タピオカを操る力に目覚めてからは商売に難しさと面白さを見出しており、客を喜ばせるメニューやタピオカショーを考えたり炎の力で温タピが簡単に作れることに気づいたり新たな日々を送っている。常連客と話すことも多くなり町に詳しくなった今では、上記の大雑把な精神も変わってきていることが示唆されている。

余談

週刊少年チャンピオン創刊50周年企画のチャリティオークションにて、本作出演&希望した方法でドラルクを殺せる権利が出品された結果生まれたキャラクター。
ちなみに落札価格は31万6000円
参考リンク1 参考リンク2 参考リンク3

関連項目

吸血鬼すぐ死ぬ 吸血鬼すぐ死ぬの登場キャラクター一覧 高等吸血鬼
古き血の吸血鬼 火属性 タピオカ 性別不明

ロビン…イシカナ同様、中性的な容姿の持ち主である吸血鬼退治人。こちらはイシカナと異なり、男性と明らかにされている。

関連記事

親記事

高等吸血鬼 ゔぁんぱいあろーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110138

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました