ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

“傀儡女(くぐつめ)”の二つ名を持ち、「催眠術の一族」と言われる強大な一族の当主であった高等吸血鬼(バンパイアロード)。吸血鬼三兄弟母親でもある。


後述する理由により血族から放逐され、一族そのものは「ちょーっと前にお家騒動で潰れた」エルダーが語っている(参考ツイート)。


人物

「高慢で激高癖があった」「当主の器ではなかった」など、息子である吸血鬼マイクロビキニ(ミカエラ)とは性格が似通っている点がある事がヴェントルーの発言によって明らかにされているものの、未だ謎が多い人物(参考ツイート)。


またエルダーやヴェントルー以外の古き血の吸血鬼達からは、「いたな、そんなやつ」「アイツも頭良さそうなツラして一番アホだったわな」と評されており、あまり良く思われてなかった模様(参考ツイート)。現在の生死・行方は一切不明。


息子達との関係

吸死まとめ

上述の通り吸血鬼三兄弟の母親だが、半吸血鬼のダンピールとして生まれた息子達をすぐに吸血鬼化させた

野球拳大好き(ケン)は第三者から母の話題をふられると「暗ぇもん」と言う理由で詳細を話そうとせず、更に愛憎を抱いているなど彼女に関してはあまり良く思っていない模様。マイクロビキニ(ミカエラ)は兄弟と顔が似ていない事がコンプレックスとなり、トラウマを抱えている下半身透明(トオル)は長兄の野球拳大好きを親代わりに育った為に母の事を全く知らないなど、複雑な家庭環境が窺えるエピソードが多い(参考ツイートその1その2その3)。


三兄弟の吸血鬼化エピソードや、ミカエラの顔のコンプレックスについてはファンブック参照。


強さ

彼女の戦闘シーンは今のところ未登場だが、作者がTwitterに投稿したキャラクターの強さを表す一覧表にはシルエットの状態でだがガブリエラの姿も描かれており、その強さはノースディン・ヴェントルー・全盛期のナギリを上回る様である。


作中の動向

ギャグ漫画らしからぬシリアスな印象を抱かせるキャラだった為か、設定が少しずつ仄めかされるだけの存在だったが、本編(第269死)にて名前とシルエット(つばの広い大きな帽子にクリノリンドレス姿)が登場。そしてその後の第297死の回想シーンにて、遂に初登場した

吸死24巻

 

当時、竜の一族の当主として実質的に吸血鬼社会の頂点に立っていた御真祖様に催眠術をかけて、彼を旗頭に吸血鬼の軍勢でロンドンを蹂躙しようと画策した

しかし当の御真祖様には彼女の強力な催眠術は全く効かず、ロンドンに観光に行った御真祖様はヘルシング教授と仲良くなって彼女の計画は破綻してしまい、その後は失策を詰められてか己が一族と骨肉相食の争いを繰り広げた末に、何処へと隠遁してしまったらしい。


余談

  • 性格や能力といった詳細の殆どは未だ明らかにされていないが、上述の通り長らく作者Twitterなどのみで仄めかされるミステリアスな存在であった為、ファンの間での想像や憶測で語られる事が大変多いキャラクターである

  • 彼女に関してはファンによって大きく印象やイメージが異なる為、詳細を知るにはアカウントジャックと言われる作者Twitterをまず参照する事が最も望ましい。

  • ファンの間では「子供を虐待していた毒親であるかの様に語られる事が多いが、全てファンのネガティブな憶測でしかなく、彼女が過去に実際に何をしたのかは現時点では何も明らかにされていない。とはいえ、家族とうまく付き合っている野球拳大好きが上述の通り「愛憎を抱いている」らしい事、更に母親似のマイクロビキニも「顔にコンプレックスを抱いている」などと言及する辺り、少なくともいい親ではなかった模様。

関連項目

吸血鬼すぐ死ぬ 吸血鬼すぐ死ぬの登場キャラクター一覧

 

高等吸血鬼 古き血の吸血鬼


吸血鬼三兄弟 吸血鬼野球拳大好き 吸血鬼マイクロビキニ 吸血鬼下半身透明


催眠術

関連記事

親記事

高等吸血鬼 ばんぱいあろーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 425162

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました