ピクシブ百科事典

サテツ

てつのひだりて

「吸血鬼すぐ死ぬ」に登場する吸血鬼退治人。

概要

 新横浜吸血鬼退治人組合所属の若き吸血鬼退治人
 ボサボサの前髪と筋骨隆々の体躯、右目の下の傷が特徴的な青年。外見は厳ついが引っ込み思案でやや内気、極度のお人好しでもある。長い白髪は後ろで束ねており、右側頭部にネジのような飾り(?)が付属している。体格通り非常に大食い。
実家は自動車修理工場で、弟のコバルがいる。「サテツ」は本名ではないが、父親からはたまにそう呼ばれている。

 「鉄の左手」の異名が示す通り、鉄製のアームのような左手もとい左腕が特徴だが、実際はアームカバーであり義手でもなんでもない。
アームカバーで相手を豪快に殴り潰す戦法を取り、その威力は一撃で地面にクレーターを作る程。当然それを振るう腕力も並外れて高く、施錠された鋼鉄のドアを引き千切る程の怪力
 アームカバーは複数種類あるのだが、ドラルク曰く「見分けろというのは一般人にガンダムを見分けろというようなもの」らしい。
 Y談おじさんの催眠術にて、強気な女性が好みであることが判明。ドラルクからの呼び方は「腕の人」

 自分のアイデンティティが左腕しかないことを真剣に悩んでおり、事あるごとに目立とうと頑張るものの、大抵裏目に出る。年が近いロナルドショットとは飲み友達で、ドラルクに対する扱いはロナルドを含む他の退治人達の中でも特に寛容的であり、優しい振る舞いで接している。

黒歴史時代サテツ


 若い頃はバリバリのヤンキーだった。弟が吸血鬼に襲われて負傷した一件から退治人を「市民も守れない役立たず」と見下し、ヤンキー仲間と自警団活動に走っていたものの、駆け出し時代のロナルドと協力して下等吸血鬼を退治した一件からプロを目指し現在に至る。
今でこそ大人しい性格だが、子供や動物をいじめる悪党に対してはヤンキー時代の凶暴な人格が牙を剥く(本人曰く黒歴史らしく、怒って暴れた後は深く反省し羞恥する)。なおヤンキー化した理由は弟から借りた不良漫画にドハマりしたからであり、そこも含めて黒歴史の模様。
当時は鉄パイプに加え、左手にチェーンを巻いてパンチで闘っていたようで、現在のファイトスタイルはその進化形とも言える。
 ギルドに入ってからは現マスター・ゴウセツに師事していた。

 第41死では公園でマナー違反程度の軽犯罪で悪さを働く吸血鬼マナー違反ジョンをいじめたことに激怒し、ヤンキー時代の凶暴な人格を露にして黙らせて以来、マナー違反からは「兄ィ」と呼び慕われるようになる。しかしその後も悪事を働く彼には度々説教しており、手を焼いている。
 また、ヨモツザカからは昔飼っていた犬のコロと似ていると面影を重ねられている。ジョンがドラルクの身を案ずる数少ない存在であるように、サテツも毎回トラブルを起こしては周囲から制裁を喰らうヨモツザカを擁護しようとしたり、腰を痛めたヨモツザカへのお見舞いに彼の好きなドーナツを持っていくなど、ヨモツザカの身を案ずる数少ない人物である。

関連項目

吸血鬼すぐ死ぬ バンパイアハンター 元ヤン スカーフェイス
ロナルド ショット ヴァモネ ゴウセツ コユキ マリア(吸血鬼すぐ死ぬ) シーニャ・シリスキー 
ホームランバッター ターチャン ショウカ メドキ 篭目原ミカヅキ
吸血鬼マナー違反 ヨモツザカ

紅本明里…ヤンキー時代が黒歴史な元ヤン繋がりの女性教師。自分が務める高校の校長である高祖母は正真正銘の悪魔で、彼女が度々悪戯を繰り返すと容赦なく叱りつける。

関連記事

親記事

吸血鬼退治人 ばんぱいあはんたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サテツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65180

コメント