2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

ユーラシア東部(東アジア東南アジア)にルーツを持ち、主に居住する人種。ユーラシア西方の白人(コーカソイド)より比較的肌が黄色いということからこの名前で呼ばれるが、実際には、肌の色がオリーブ色の地中海系の白人(ギリシャ人、アラブ人など)より色が白い人も多い。また、やや色が黒い褐色肌も多く含む。

アフリカにおけるホモ・サピエンス発生後、東方へ向かって移動し、 ヒマラヤ山脈・アラカン山脈でコーカソイドと遮断された人類がモンゴロイドになったと言われる。

主にアジア極東東南)からアメリカ大陸にいたる環太平洋地域で分布している。

南方系、北方系、アメリカ系(インディアン)などに大別される。韓国人・モンゴル人・エスキモーなどは北方系モンゴロイド。東南アジアの人々は南方系に属する。日本人中国人は基本的に北方系だが、南方系の特徴も若干混ざる。

太平洋に住むポリネシア人も南方系モンゴロイドであるが、大型の体格と、彫りの深い顔立ちという人種的特徴が他のモンゴロイドとはかなり異なり、白人(コーカソイド)に似ている(太平洋に南下する前に現生人類とは異なる旧人類であるデニソワ人と混血したためという説がある)。アイヌも白人的に見える形質を持っているため、かつては白人の系統であるという説があった(アイヌも遺伝的には全くのモンゴロイドであり、白人に似た形質はコーカソイドと分岐した直後の祖先形質を残している結果である)。

アジア人」と言う場合は地域的・文化的なアジアの人々の分け方であって、様々な人種を含んでいる。ただ、東アジアに古くから住んでいた人々は全てモンゴロイドと言えるため、(東アジア人という意味での)東洋人=モンゴロイドと言うのは間違いではない。

近代科学を作ったわけでも人類の先祖でもないという中途半端な存在であり、自らが世界を制するべしと考えるイスラム教徒を除けば良くも悪くも内にこもる集団が多い。
なお、白人至上主義(KKKなど)があるが、黄色人種至上主義はまず無く、むしろいかに自分達が黄色人種的で無く西洋から評価されているかが競われる傾向がある。これは日本が明治維新以降西洋をモデルに発展を目指した事に由来する他、白人コンプレックスもあると考えられる(勿論思想に個人差はあるため注意)。
体格は小さい。アーリア人やアラブ人は起伏豊かな顔を持つが、東に行くほど顔の起伏が貧しくなる。日本や韓国では、整形技術が発達している。

このような経緯から、三大人種の内では最も頼りない人種とされており、実際のところ、何か問題が発生した際、相手にしてすらもらえないのが黄色人種とされる。
これはコミュニティの弱さや、自己主張の低さなどが理由とされているが、損得を鑑みる上では、日系人やバブル時代の日本人、華僑などの富裕層はむしろ優遇されていたりもする。
また2010年代の米中対立を反映してか日韓台はよくヨイショされる。だがこれも利害の問題なので、日本理解はサムライハラキリゲイシャにOTAKUがついただけのインチキなものな事が多い。だからBLM・コロナ騒動の際には中国人と同一視され(暴徒は中国人と日本人の区別がつかない人間が大半な上、そもそも見分けようとすらしない)普通に暴行を加えられている。

日本も、永らくイエローモンキーという蔑称で馬鹿にされていたが、ロシア帝国大日本帝国による日露戦争により日本が健闘し、ポーツマス条約による講和を勝ち取って以降は列強の一角と認識されるようになる。しかし、今度は台頭する日本への警戒心からか「黄禍論(アジア人は災いをもたらすという白人らの主張)」が出てくるなど、人種差別は中々無くならなかった。
その後、日本は「大東亜共栄圏・アジア解放」を唱え太平洋戦争に突き進むが、最終的に敗北しアングロサクソンを始めとする連合国に服属した。
その後21世紀には中華人民共和国が目覚ましい発展を遂げ、アメリカ合衆国の覇権に挑んでいる他、インドも経済発展し力をつけてきているなど、パワーバランスは変化してきている。
一方、日本人は戦前の反動でガリバー旅行記のフウイヌム国編みたいな状況になっており、アメリカとの繋がりが依然として強い。

関連タグ

人種 モンゴロイド アジア 極東 東南アジア アメリカ アジア人 中国人 台湾人 日本人 ベトナム人 タイ人 インド人 インディアン
黒人 ネグロイド 白人 コーカソイド オーストラロイド

関連記事

親記事

人種 じんしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43001

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました