ピクシブ百科事典

ベトナム人

べとなむじん

ベトナム社会主義人民共和国に生まれ国籍を持ち、住んでいる人や、ベトナムで育った人のこと。
目次[非表示]

民族

ベトナムの主な民族キン族(người Kinh)であり、総人口の80%強を占めている。
その他にも53少数民族がおり、その中で1%以上の人口を有する民族に、タイー族 (Tày、旧名:トー族)が1.9%タイ族(Thái)が1.7%ムオン族(Mường)が1.5%クメール族(Khơ Me Crộm)が1.4%ホア族(Hoa)が1.1%ヌン族(Nùng)が1.1%ミャオ族(苗族、miáozú H'Môngとも)が1%となっている。
また、大多数を占めるキン族も、ベトナムの周辺国(タイラオスカンボジア中国など)では少数民族として暮らしている。

歴史

ベトナム人の中で主要民族であるキン族は、ベト族(Người Việt)、アンナン族(Người An Nam)とも呼ばれ、漢字では『京族』、現地独自の文字であるチュノムでは『京』と書く。
中国大陸の南部が起源と言われているが、詳しいことは定かではなく、現在のベトナムタイ少数民族であるモン族との関連が、一部から指摘されている。

紀元前の時代においては、現ベトナムの北部に当たる地域で勢力を強くし、東南アジアで最古とされる青銅器の文化として知られている『ドンソン文化』を発達させ、原始的ながら小規模な国家群を形成していたとされ、彼らが『古越人』と呼ばれる現在のキン族の直接の先祖にあたる民族とされている。

同地域は、中国王朝の一つであるの成立以後、中国侵略され1000年以上にわたって支配を受け続けたため、東南アジアにおける他の民族による周辺諸国ほどインド文明を受容しておらず、漢字を使用したり中国風の姓を持っていたりなど、他のアジア諸国と比べ中国文明の影響を強く受けている。

しかし、だからといって完全に中国と同化することは決して許さず、常に一定の独立性を保ちながら中国の中央に対してしばしば反乱を起こしていた。
そうして末期の時代になると、中央政府の混乱によって中国の支配が衰え、その隙をつき938年に最初のキン族王朝とされる呉朝が成立、さらに別の王朝である丁朝が興った。

また、現ベトナムの中部から南部に当たる地域では、後にチャム族と呼ばれる『古チャム人』による国家であるチャンパ王国が形成されており、後に日本とも盛んに交易が行われるようになった。
この頃の歴史について、現代の同地域の国におけるベトナムについての歴史教育では、属国ではなく独立王朝として扱われている地域もあるという。

気質

上述した歴史にあるように、中国王朝の支配を跳ね除けて独力で王朝を樹立させ、長らくそれを守ってきた経緯から、民族としての誇りが非常に高く、愛国心が強い。
一方で、他の南方系アジア民族に見られるように、時間にルーズだったりなどの温和でおおらかな面もみられる。
あまり知られていないが、国民の半数が仏教徒で占められた隠れた仏教国であり、仏教文化の根付きが深いためか、『過去を恨むことは恥』と考える文化があるとされる。

ベトナム戦争において、韓国軍によるベトナム人大虐殺され多くの女性が強姦され社会問題になるほど混血児が生まれるという酷い戦争犯罪が起こったが、その大惨事が忘れられて風化しないように、写真や模型、壁画や慰霊碑、被害者の怒りの碑文などが残されていて、今でも韓国・韓国人を憎悪している人もいるものの、それを必要以上に追及して謝罪や賠償を求めたり韓国を貶めるような宣伝などは行っていない。

また、古代の時代から長らく文化交流交易を行っていて、フランス植民地時代においてフランス軍を駆逐し、ベトナムが独立するための支援を行い、戦後起こったベトナム独立戦争(インドシナ戦争)において協力したことなどの歴史経緯から、日本に対して非常に友好的で、親日的なことで知られる。

人物・キャラクター

人物

新ベトナム人


キャラクター


関連タグ

ベトナム社会主義人民共和国 越南
タイ王国 カンボジア ラオス
民族 国籍
ディエンビエンフー ホー・チ・ミン

pixivに投稿された作品 pixivで「ベトナム人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101295

コメント