ピクシブ百科事典

お父さんは心配症

おとうさんはしんぱいしょう

岡田あーみん作の伝説的ギャグ漫画。
目次[非表示]

概要

集英社の漫画雑誌「りぼん」で1984年から1988年にかけて連載された岡田あーみんの伝説的ギャグ漫画。なお、元々は1983年に読みきりとして「りぼん」に掲載された作品だったりする。

本作を幼少時に読んでいた読者のトラウマは根深い。
なぜかあの子がこの作品世界に遊びに来たことがある。

1994年4月と5月に、朝日放送ホスト・テレビ朝日系列(ただし一部系列局除く)にてテレビドラマ版が放送された。全5話。出演は大地康雄ほか。

登場キャラクター

佐々木光太郎(ささき こうたろう)
主人公。典子の父。通称「パピィ」。
妻に先立たれ、一人娘を大事に想うあまりに異常なほどの心配症になり、常識外れの変態的な行動に出ることが多い。北野くんをはじめとする、娘に近づく男には容赦しない。また、看護師の安井さんに惚れてからは、例え患者であろうとも彼女に近づく男に牙を向けるようになった。

佐々木典子(ささき のりこ)
本作のヒロイン。今時珍しい、とてもよくできた性格の女子高生で、父の代わりに家事をこなしている。父の心配症ぶりに苦労しているものの心底嫌っておらず、父のことを誰よりも慕っている。北野くんとは清い関係の恋人同士。
唯一まともなキャラだったが、連載終了後の「あーみんの好き放題劇場」では、作者から「唯一まともでいられた典子が一番の変人」と言われる羽目になってしまう。

北野(きたの)
典子の彼氏。好青年だが、光太郎の嫌がらせでいつもデートの邪魔をされているものの、窮地に立たされた場合は光太郎と絶妙のコンビネーションを発揮したりと、少しずつではあるが仲良くはなっている。典子への愛は本物で、光太郎の心配症すら上回るレベルであるが、時としてその行動は光太郎ですらドン引きさせる程の異常さとなることがある。
家族は両親と兄の四人家族。
名字で呼ばれており、名は最後まで不明だったが、ドラマ版では、北野司(きたの つかさ)と名前がつけられている。

安井智恵子(やすい ちえこ)
課長が紹介した光太郎のお見合い相手で、もう一人のヒロイン。職業は看護師天然ボケでおっとりした性格の持ち主。目の前で起こる変態な出来事にも物怖じせず、時には大胆かつエキセントリックな行動に出る。
最終回では晴れて光太郎と結婚した。

安井守(やすい まもる)
智恵子の一人息子。素直で優しい性格で、話が進むごとに光太郎とは実の親子にも劣らない確固たる絆を築いていった。典子や北野にも懐いている。
最終回では母が晴れて光太郎と結婚したことで、典子の義弟となった。

関連イラスト

お父さんは心配症 夏コミの表紙だよ!
パピィの日だよォォォン♪



関連項目

岡田あーみん

pixivに投稿された作品 pixivで「お父さんは心配症」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 437684

コメント