ピクシブ百科事典

香澄真昼

かすみまひる

「アイカツスターズ!」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

おしゃれ命な完璧主義アイドル

プロフィール

名前香澄真昼
学年/専攻中学年1→2年(第51話以降)/月の美組
身長(1年生)162cm →(2年生)165cm
血液型B型
誕生日10月28日
好きなものチョコマフィン
苦手なもの長い話、英語
特技デコネイルスマホなど)、空手
趣味ショッピングアロマ
愛用ブランドRomance Kiss(ロマンスキス)
システム起動時の台詞香澄真昼、まばゆい光のように
CV宮本侑芽
歌唱担当かな from AIKATSU☆STARS!


人物

アイカツスターズ!」のキャラクター。DCD2弾、アニメ本編8話より登場だが、初メイン回は14話。
四ツ星学園の中学一年生。
理想が高く、成績も優秀な完璧主義のエリート美少女。特技は空手で、感情が昂ぶると瓦割りをしてしまうことも(ゆめからは本気を出せば勢い余って地球ごと割りかねないと思われている)。

アイカツスターズ24話


ミステリアスで近づきがたい雰囲気を醸し出しているが、一方で大のスイーツ好きであり、特にチョコレートの前では普段からは想像できないような姿を見せる。
弱点はくすぐりで、するのもされるのも大嫌い。また、出自を考えると意外ではあるが英語が苦手だと自己申告している。
第1部ではユニセックス口調だったが、第2部からは女性語を常用するようになる。

トップモデルを目指す「月の美組」所属。同組所属の一年生の中ではズバ抜けた実力の持ち主。
女子高生を中心にまひラーと呼ばれる熱狂的な女性ファンが存在し、彼女達との交流がきっかけで「香澄真昼のおしゃれガールレッスン」という連載を持っている。

姓が同じなのでコアなファンなら察している人も多いと思うが、S4の一人である香澄夜空の妹。のちにM4香澄朝陽の妹であることも明かされる。

1年目

姉の実力にコンプレックスを抱いており、夜空の妹ではなく、一人のアイドルとして実力で越えたいと思っている。
第27話では夜空を超えるために夜空とは違うタイプのS4を目指すとゆめに語っており、後に夜空・如月ツバサと共にアイドルユニットSKY-GIRLを結成するなど、姉との関係は当初の倒すべき敵から超えるべき敵を経て対等なライバルへと次第に変化している

同じく月の美組に所属する七倉小春とは友人であると同時に良きライバルという関係で、小春を通じてゆめローラあことも親しくなる。小春が転校した際には、ショックを振り払うべくレッスンに打ち込み過ぎた事で、オーバーワークに陥って生徒会長室に呼び出されている。

S4選抜を前にしたある日、夜空からステージを経験する事の重要性についてアドバイスを受けた事で、ローラを誘ってイベントを行う事を思いつく。機材メンテナンス後の30分という条件ながら会場の確保に成功し、ゆめとあこの協力でステージの準備も整っていく。
ステージ前日、ゆめとあこが雪合戦に興じる姿を見ながら、真昼とローラはゆめと出会った事で入学当初から心境が変化したのだと語り合う。そして、当日は大雪に見舞われながらもステージを無事に成功させ、2人はオリジナルドレスを作るためのグレードアップグリッターを手に入れる。

S4戦本番はただでさえ四ツ星学園史上初の姉妹対決という話題に加え、初日2日目と、1年生世代が現役S4に善戦するも力の差を見せつけられるという構図が続き、さらに最終日はの歌組である事から、真昼の成績次第では1年生全体が空白の世代扱いされかねないというプレッシャーを背負う事になるが、(用意した瓦を全部割った事もあって)真昼は平常心であった。
ランウェイ審査で視線をぶつけ合う真昼と夜空。そして、特別なグリッターで作ったドレスを着て最高のステージを行い、大トリである夜空のステージを待つ。結果は僅差で真昼が勝利であった。幼い頃から夜空に憧れ続けて、アイドルになってからは打倒お姉ちゃんが目標になっていた真昼。しかし、ついに打倒お姉ちゃんを果たした真昼は、何が起こったのか理解できないでいた。そんな真昼に夜空は真昼が自分を超えた事への喜びを伝え、自分と一緒に成長してきたRomanceKissを真昼に託して、フランス留学の事を観客の前で発表する。
真昼はなぜ夜空に憧れていたのか、なぜ夜空を越えようと努力してきたのかを思い返し、夜空は向上心の固まりで、決して現状に満足する事が無いからだと悟り、決定戦後のインタビューで「香澄夜空は私にとっての永遠の目標」と言って夜空を送り出す。客席からその様子を見ていた朝陽は「地球に生まれて、香澄家に生まれてよかった」と貰い泣きしたのであった。

ありがとう いつまでも



2年目

S4として活動していたが、日本にいる筈の無いお姉ちゃんの香を感じる。その後、学園長二階堂ゆずからの提案で留学する事になったヴィーナスアークで小春と再会。お姉ちゃんの香の源は小春の出発前に夜空が渡したミストの香であった。
ヴィーナスアークのアイドルの個性を一度全て否定する事で本物の個性を見つけるという教育方針に対しては懐疑的であるが、アイドルの実力については素直に認めている。

留学して少し経った頃に、伝説のスーパーモデルシューティングスターの事を知る。それと同じ頃に騎咲レイと剣道と空手で口論になるが、ヴィーナスアークへの侵入者騒ぎを経て和解する。この時、真昼はレイに何かを感じたようだが…。

その後、シューティングスターとして復帰したレイと共演。
エルザの圧倒的な実力を自身の経験を含めて語るレイに、「だったら私はエルザさん以上の輝きを放ってみせます!」と宣言する真昼。
そして、真昼はRomanceKiss新作ステージにて海王星のツバサを手に入れる一方、レイは真昼のステージと夜空の言葉によってエルザから逃げ続けた自分の姿と向き合わされる事となる

夏のイベント『ヴィーナスウェーブ』には夜空の付き添いで渡仏したため不参加となっているが、レイはエルザは別の目的で真昼にヴィーナスウェーブへの招待状を送らなかったのではないのかと疑っている。

第75話では、両親が久々に帰国するという事で香澄3きょうだいは揃ってオフとなるが、夜空は朝陽と一緒に買い物に出掛けてしまう。
一人で留守番をする真昼だが、あこが司会を務める番組のイベントにゲスト出演する予定だった花園きららが、トラブルにより到着が遅れそうだという連絡が入る。真昼はヘリに乗って帰宅したばかりの両親に事情を話すと、前作のこの人のごとくあこのもとに文字通り飛んで駆けつける
帰宅が深夜になった真昼を待っていたのは来月の真昼の誕生日には家族全員が揃わないかもしれないと考えた夜空が発案したサプライズパーティーで、夜空が朝陽と一緒に出掛けたのは真昼へのプレゼントを買うためだった。

年が明け、アイカツランキング決勝を目指す真昼は海王星のツバサの力を引き出せる完璧な自分を目指してトレーニングを積むが、夜空から「ちょっと可哀想。私は大好きだけどな、今の真昼も」という謎の言葉をかけられる。
真昼は『ハッスルアイドルフェス』を目指して双葉アリアと共に山籠もりを行うが、厳しい修行に耐えられず自分を卑下する。真昼は思わず「そんな風に言ったら、今まで頑張ったアリアちゃんが可哀想」と声をかける。自分を越えるには、自分を追い込むだけでなく自分を認める事も大切。夜空の言葉の意味を悟った真昼はアリアを「頑張った自分をちゃんと認めてあげてね」と諭す。
フェス本番で真昼は優勝し、決勝進出をほぼ確実なものとする。また、アリアからお師匠様と慕われるようになった。

トーナメント決勝では、エルザの目的が自分達がアイドルを続ける理由と違う事を悟り、エルザと競い合う事に意味があるのか迷う事になる。しかし、仲間やファンからの声援を受けた事と、アリアから「本気じゃないと楽しくないという事なのか」という疑問をぶつけられた事で、自分が目指すべきなのは太陽の輝きではなく太陽の向こうで輝く一番星だと気づく。
結果的にエルザには敗れたものの、このステージは真昼にとって勝敗を度外視して心から楽しんだステージだった。そして、ステージ後は夜空と共に太陽のドレスの輝きを自分の物にするための作戦を練るのだった。

その後S4戦について、小春から宣戦布告されるが見事に勝利して第27代S4に就任する。
真昼によると「ほんの少しの差」、小春によると「その少しが大きいんだよ」と言うように、僅差での決着だったようである。

家族構成

真昼本人と、姉である夜空、兄の朝陽
75話では父(CV:佐々木啓夫)と母(CV:西村ちなみ)が登場した。

関連タグ

アイカツスターズ
香澄夜空 香澄姉妹
香澄朝陽 七倉小春
如月ツバサ SKY-GIRL S4
虹野ゆめ 桜庭ローラ 早乙女あこ 騎咲レイ 双葉アリア
こはまひ まひロラ まひアリ

海王星

真中のん 同じく打倒姉を持つプリパラの妹キャラ。
ジャニス 同上。なお、中の人縁がある人物前作と本作に出演している。

リュウ
拳で岩を割り、目隠ししたまま舞い落ちる木の葉を掴み、締めに滝行。
双葉アリアを引き連れて修行をした。
エアーズロック割ったらメェーッ!

関連イラスト

まひる勉強中

真昼ちゃん

真昼ちゃん

関連記事

親記事

アイカツスターズ! あいかつすたーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「香澄真昼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1734172

コメント