ピクシブ百科事典

目次[非表示]

美しすぎるアイドル

プロフィール

名前香澄夜空
学年/専攻中学3年/月の美組
身長164cm
血液型O型
生年月日5月13日
好きなもの体や心に良いもの、マフィン
苦手なもの長い話
特技ヨガ
趣味入浴
タイプセクシー
愛用のブランドRomansKiss(ロマンスキス)
CV大橋彩香
歌唱担当みほ from AIKATSU☆STARS!


人物

2016年4月にスタートした「アイカツ!」の新シリーズ「アイカツスターズ!」の登場人物。
四ツ橋学園のトップスター「S4」の一人で、モデルを究めるためのコース「月の美組」のトップ。
気取らないナチュラル美人。容姿に優れているだけでなく、さっぱりした性格で後輩にも優しく、精神的にも大人なので皆の憧れでもある。
健康に良いものと、可愛いものだけでなく可愛い女の子も大好き。

父親はアパレルメーカーのCEO。母親は世界をまたに駆けるスーパーモデル、
M4香澄朝陽は弟、同じコースの香澄真昼は妹であり、まさに芸能一家である。
真昼に対しては自分がS4である間に伝えておかなければならない事があると考えている。その一環として如月ツバサ発案のアイドルユニットSKY-GIRLに真昼と共に参加する。

冬のイベントとなった星取りフェスでは、美組は歌では歌組に、踊りでは舞組に、演技では劇組に劣ると考えて、美組の参加者達にプラスアルファの魅力を見つけるように指示する。如月ツバサとの一騎打ちとなった決勝で、月の上に腰掛けて光の粒子を撒く(ひめ曰わく久し振りに本気を出した夜空を見た)というパフォーマンスで、美組に優勝をもたらしている。

S4戦では、真昼と四ツ星学園史上初となる姉妹対決となるが、わずか14ポイント差で真昼に敗れる。真昼が自分を越えるアイドルになった事を確信した夜空は、結果発表の場で真昼に自身の愛用ブランドであるRomanceKissを託すと、自らのフランス留学を発表する。それに対して真昼は香澄夜空は向上心の塊で、現状に決して満足する事が無い、わたしにとっての永遠な目標と応えて、夜空を送り出した。

星のツバサ編では長らく名前のみの登場だったが、第64話にて再登場。真昼のRomansKiss新作ステージを見学するために一時帰国していた。この時、騎咲レイとは彼女がモデルとして活躍していた頃からの知り合いである事も判明している。
この回の終了後何気にコーデを紹介するコーナーにも参加し、公式HPには記載されていない彼女のちびキャラも公開されている

第75話にてスケジュールの都合で1ヶ月前倒しで行われた真昼の誕生日パーティでは、朝陽と共にハリネズミのぬいぐるみをプレゼントしている。

人称・呼称・言葉遣い

  • 一人称は一貫して「わたし」、二人称も一貫して「あなた」。
  • 呼称同じS4仲間たちと朝陽には「名前の呼び捨て」(実例:ひめ・ツバサ・ゆず・朝陽)、真昼には「真昼(ちゃん)」、彼女たち以外の女子生徒には「名前+ちゃん」(実例:ゆめちゃんローラちゃんあこちゃん小春ちゃんリリィちゃん)、先生や年上の人物・頭が全く上がらない人物には「苗字+先生・さん」、諸星には「(諸星)学園長」と呼ぶ。なお、S4以外の女子生徒から「夜空先輩」、真昼から「お姉ちゃん」、朝陽から「姉さん」と呼ばれ、非常に慕われている。
  • 言葉遣いはひめ同様、大多数な女子生徒に反して、女性語を頻繫に使う。ただし、先生や年上の人物・頭が全く上がらない人物には敬語へと変化するが、敬意のカケラすら全く感じさせない人物には、相手の年齢に関係なく敬語を全く使わず、タメ口で接する。


余談

前作『アイカツ!』にて大橋彩香演じる紫吹蘭は3rdシーズン以降、いちごあおいと比べて先輩としての助言役が少なかったが、一転『アイカツスターズ!』の香澄夜空ではそういう役回りを演じる事が多くなっている。
56話と64話では彼女に瓜二つなカメラマンが登場しており、まさかなそっくりさんの登場に話題となっていた。

アイスタワンドロ 56話その3



関連イラスト

ウツクシキディナー
香澄夜空


夜空パイセン
未来トランジット



関連タグ

アイカツスターズ! 紫吹蘭同じ中の人
S4 白鳥ひめ 二階堂ゆず
SKY-GIRL 如月ツバサ 香澄真昼
香澄朝陽 七倉小春 ファッションモデル

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「香澄夜空」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2050335

コメント