ピクシブ百科事典

アイカツ!プリキュア

あいかつぷりきゅあ

アイカツ!プリキュアとは、「ドキドキ!プリキュア」と、「アイカツ!」のコラボタグである。
目次[非表示]

概要

プリキュアシリーズ全般に使われるタグであるが、特に『ドキドキ!プリキュア』との親和性が高い。
アイカツ!』のロゴ上部にはピンクハートダイヤ黄色クラブスペードと、『ドキプリ』と配色とスートが一致している

なお、『アイカツ!』の制作会社はサンライズを経て現在はバンダイナムコピクチャーズだが、『劇場版アイカツ!』は東映配給であるため、間接的だが制作会社繋がりでもある。

無論、メインスポンサーは両作ともバンダイであるため、スポンサーつながりでもある。

メインキャラの比較

ドキプリ&アイカツ/キュート!


外見はどちらかといえば、変身前の相田マナよりも変身後のキュアハートの方が似ている。
マナの実家はレストランであるが、いちごも料理が得意である。

ドキプリ&アイカツ/クール!


主人公をサポートする青いヒロイン。両者共に頭が良く、試験ではトップクラスの成績を誇る。

[5話感想]トップアイドル[こするとユリのにおい!]



四葉有栖川乙女


名前に「ありす」が入っている。→名前系バラエティ
ありすはマナ達と別の学校に通っているが、おとめはいちご達と別のクラスである。

ありす繋がりの本体


二人とも髪型は特徴的なシニヨンで、性格も天然である。
ちなみにプリキュア5シリーズのキュアレモネードの髪型はおとめに似ているうえ、春日野うららその道先輩でもある。

相似形


なお、おとめの声を担当している黒沢ともよは、『ドキプリ』の主題歌『Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア』を歌っている。

\(^o^)/ フフッヒ


両者ともアイドルとして既に活動中であり、プロ意識が強く、少々ツンデレな性格も共通している。

蘭まこぴー


真琴のキャッチフレーズは『勇気の刃』だが、蘭の別名も『美しき刃』とここでも共通点がある。

紫吹ランス


蘭の声優である大橋彩香は、『ドキプリ』ではランスの声を担当している。→紫吹ランス

キュアノエル


一方、真琴役の声優である宮本佳那子は第2期から登場の音城セイラの妹、音城ノエルの声を担当していた(2014年2月に宮本が長期休養に入ったので担当声優は加隈亜衣に交代した)。→キュアノエル
また、大橋と宮本は、実際に歌手活動もしている。(大橋は島村卯月の『S(mile)ING!』を歌い、宮本は『プリキュア5』の主題歌『キラキラしちゃってMyTrueLove!』を担当したほか、ライブ活動やミュージカル出演も行っている)

愛の切り札


どちらもイメージカラーはであり、髪型ロングヘアに共通している。
但し、美月役を演じている寿美菜子菱川六花の中の人でもある。→神崎六花

その他

ジコチュー活動はじまります!


第12話から登場したレジーナが、いちごに似ているという声もある。 →レジ宮いちご

『ドキドキ!プリキュア』以外では

※イラスト準備中
↑「みちる /「◯木れいか / 「きらら

ユウゆうゆう


↑「ゆう
といった名前繋がりのコラボや

私達、ズッ米…だよね!
おしゃもじをマイクに持ち替えたお弁当屋さんの娘


中食業界出身つながり

わたし達、二人でアイドルカツドウ始めました!
ゆりさんといちゅきの熱いアイドル活動!


↑『ドキプリ』や『アイカツ!』と同じ配色である『ハートキャッチプリキュア』のコラボもある。
一方、『アイカツ!』の放送開始時は2012年10月8日であり、『スマイルプリキュア』とはほぼ同期である。

ちなみに『プリキュアオールスターズNewStage』の主人公である坂上あゆみ役の声を担当する能登麻美子は、『アイカツ!』ではいちごの母、星宮りんごを演じている。
また 『ハピネスチャージプリキュア!』のオレスキー役の子安武人は、いちごの父、星宮太一の中の人である。
そして、『アイカツスターズ!』の主人公虹野ゆめの母、虹野景子(にじのきょうこ)役の久川綾は、『ハートキャッチプリキュア』のキュアムーンライトこと月影ゆりの中の人である。

GO!プリンセスアイカツスターズ

『アイカツスターズ!』の七倉小春と『Go!プリンセスプリキュア』の七瀬ゆいの共通点が多い。

  • アンダーリム眼鏡
  • 「七」で始まる苗字
  • 寮生活で主人公のルームメイト
  • 一見すると控えめに見えるが実は社交的で芯の強い性格
  • 絵が上手い(小春は第2部現在デザイナー志望、ゆいは絵本作家志望)
  • 小春はアニメ本編でステージの描写がなく、ゆいはプリキュアではないという、どちらもレギュラーキャラとして出番は多いが、花形のポジション、アイドルやプリキュアとしての活躍がないというポジション
ちなみにアニメではステージはないものの、ゲーム版の七倉小春の歌唱担当はななせである。

また、星のツバサ編では天ノ川きらら名前繋がりのキャラが登場している。

そもそも『Go!プリンセスプリキュア』は、全寮制の学校通常の学業以外の日々のレッスンという点でアイカツシリーズと親和性があり、ドーナツが頻繁に登場するという『アイカツ!』3rdシーズンとの共通点、主人公の実家がお菓子屋という『アイカツスターズ!』との共通点もある。

キラキラ☆アイカツ!アラモード

そして2017年、「いち○」、「あおい」、「有栖川」繋がりのプリキュアが・・・!

アイカツプリキュアアラモード



余談

共通点やコラボネタについては以上の通りだが、実はバンダイ及びバンダイナムコピクチャーズの公式見解ではプリキュアとアイカツ!の企画のコンセプトは相互補完の関係にある

アイカツ!の企画は(プリキュアを卒業した女児を競合他社の作品に奪われている現状を受けて)プリキュアと逆の事をやってみようというコンセプトで始まったもので、バンダイ カード事業部高橋誠氏の「プリキュアさんやプリパラさんは女児の好きな要素を取り込んでいくという発想だが、アイカツ!は女児が嫌いな要素を排除していくという発想で作っている。」という発言がある。ただし、この発言の後には「一度世に出した以上は、どんなに受けが悪くても簡単に切り捨てたりしないで、受け入れられる方向性を探っていく」と続く。この点においても良くも悪くもトライ&エラーのプリキュアとは対照的である。

また、アニメにおいてアイカツ!には女児向けアニメには不可欠な物とされていたマスコット要素やファンタジー要素は極力排除されている、アイカツ!のステージはプリキュアの戦闘と違い必ずしも各回のクライマックスにはないなどの相違点がある。

上記以外の共演出演者

 

関連イラスト

夢のコラボ
ドキドキ!アイカツ!


あかりちゃんがアイカツ界で頂点をとれるって、祈里信じている
謹賀新年



関連タグ

ドキドキ!プリキュア アイカツ!
カップやきそば現象 他人の空似 トランプ
混ぜるな危険中の人ネタ

芸能人プリキュア 歌キュア

その他のドキプリコラボ

※トランプモチーフのヒーローの元祖的存在。
※ただしニコニコ大百科では、「ドゥキドゥキ!プディキュア」の名で登録されている。 →ドゥキドゥキ!プディキュア(ニコニコ大百科)
※タグ名の由来はしゅごキャラ第3期『しゅごキャラ!どっきどき』から。
※実際は「ドキプリ」よりも「ハートキャッチプリキュア」とのコラボが多いが、ハトプリのコラボタグはこちら。(馬越嘉彦がキャラデザを担当した。)
剣崎真琴のモデルは『どれみ』の瀬川おんぷではないかと言われている。→おんまこ
また、「ドキプリ」、「どれみ」共にカラーリングは同じである。
※名前などにトランプのスートが用いられている。→キュアキングオブハート

pixivに投稿された作品 pixivで「アイカツ!プリキュア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 327633

コメント