ピクシブ百科事典

プリキュア×まどマギ

ぷりきゅあまどまぎ

アニメ「プリキュア」シリーズと「魔法少女まどか☆マギカ」のクロスオーバーおよび衣装交換の作品。
目次[非表示]

概要

伝説の戦士である「プリキュア」シリーズと、魔法少女である「魔法少女まどか☆マギカ」。
どちらも女子中学生(※注)が主役、かつ変身ヒロインを主軸とした作品である。
ある程度話題になればファンによるコラボレーションが行われるのは必然と言える。

放送時期としては「ハートキャッチプリキュア!」終盤から「スイートプリキュア♪」序盤が「まどマギ」と重なっており、脚本家も放送期間中にハトプリに掛けた発言をしている。

また『まどマギ』アクションディレクターの阿部望神谷智大が、魔法少女たちの変身シーンの作成にあたってプリキュアの劇場版作品(どの作品かは不詳)を観て勉強したとインタビューで語っており、具体的な影響関係も確認できる。

さらに、『スマイルプリキュア!』でのキュアハッピーの強化版・ウルトラキュアハッピー(特にテレビ終盤では巨大化して3幹部やピエーロを抱きしめて浄化した)や、『魔法つかいプリキュア!』終盤での花海ことは(キュアフェリーチェ)の巨大化を見て、アルティメットまどかを連想した人が多く、それぞれ「アルティメットキュアハッピー」「アルティメットはーちゃん」と呼ぶ人も散見される(まほプリについては後述)。(なお、『ハートキャッチプリキュア』の無限シルエットも同じだが、ちゃんとした名前があるため、「アルティメット〇〇」のようには付けられていない。)

※注意

歴代プリキュアの中には小学生高校生、果ては祖母もいたりする。
また魔法少女の中にも(外伝作品も含め)小学歴史上のらしき人もいたような描写がある。

内容

 色繋がりで鹿目まどかピンクチーム美樹さやか青キュア巴マミ黄キュアのコラボイラストが多いが、ここではプリキュアシリーズごとに紹介していく。

ふたりはプリキュア(MaxHeart)

マミなぎ001


 10年近く経って登場した名前繋がり美墨なぎさ百江なぎさ)。
 相方巴マミになるのは必然。

Yes!プリキュア5

ティロ・フィナーレ! 弾ける光!


 頭数が双方共に5人、という事でこんな↑イラストも(更に「6人目枠」として百江なぎさをミルキィローズに当てはめる事も可能ではある)。
 細かいところでは「学年違いの混成チーム」「青の戦士が剣使い」という共通点もある。
 また、実際にイラストとなってはいないが、「『蝶』と『薔薇』の魔法少女」である事から「仮にココ&ナッツの前にと出会っていた場合、彼女達の中の誰かが『薔薇園の魔女』Gertrudとなっていたのでは…?」という仮説も存在している。

フレッシュプリキュア

ブルーのソウルは癒しの祈り!
フレッシュマギカュア!
我が名は、ほむイース!!★フレッシュまどマギ!!


 蒼乃美希(キュアベリー)と美樹さやか中の人ネタが多い(後述の共通出演者も参照)が、イース東せつなと別キャラと見なして)を含めたイメージカラーが共通している。
 更に、両者とも仮面ライダー鎧武との間に妙なする。

ハートキャッチプリキュア

トラウマキャッチプリキュア
無限の銀河!無限の愛!
魔法少女つぼみ☆エリカ 第1話
巨大中二


 無限シルエットアルティメットまどかとの共演など(カップルタグとして、アルティメットシルエットがある。)。
 また両作品ともにヒロインの戦闘経験が長い・ストーリー冒頭で主人公がその紫ヒロインが戦っている夢を見ている・【夢の構図】【どうしてこうならなかった】タグが付けられることが多いという共通点もある。

スイートプリキュア

横取り
フィナーレっ!
魔法少女まどか☆マギカ漫画13


 序盤がまどマギと放送時期が重なっていたこともあってか、ハミィキュゥべえの異次元同位体扱いされたり、ミラクルベルティエティロ・フィナーレを絡めたネタが見られる。
 しかし物語上は、前作から一転して味方・敵・一般人に一切の犠牲者が出ずに大団円ラスボスさえも救われた)、という『まどか☆マギカ』とは真逆の展開となった。

スマイルプリキュア

魔法少女まどか☆妖精
プリキュア・まどかコス
小友向けアピールをするまどマギ勢


 メインキャラが五人で、まどマギの暁美ほむらとスマプリの緑川なお(キュアマーチ)以外の四人のイメージカラーが一緒(佐倉杏子日野あかねキュアサニー)のパーソナルカラーを赤とした場合)という共通点があり、特に鹿目まどか星空みゆきキュアハッピー)、巴マミ黄瀬やよいキュアピース)のコラボイラストがよく見られる他、両作品ともにネタにしやすい作品のためか、このタグの付いた作品の(2014年11月現在)およそ三割がスマプリ絡みのイラストである。
 また、敵組織が「バッドエンド王国」で幹部に魔女がいて、絶望をエネルギーに還元している事から、前作の結末と併せて一部ファンの間では虚淵玄を暗に指しているのでは?」とも言われたこともあったが、最終的にはそうでもなかった模様。
 余談ではあるが、叛逆の物語5人の魔法少女が変身して上から降りて集まっていくシーンがスマイルと似ている。

ドキドキ!プリキュア

ほむらちゃ・・・ん?
まこぴー、僕とけいやゲフゥ・・・
ばきゅーん!まどか


 やはりメインキャラが五人で、両作品のヒロイン全員のイメージカラーが一致しており、それ以外にも以下のような共通点がある。

イメージカラードキプリまどマギ共通点
剣崎真琴暁美ほむら本編開始直後に戦闘シーンがある。転校生として主人公と同じクラスになる。主人公以外で弓矢状の武装を使用
相田マナ鹿目まどか主武装が弓矢。最終回の途中で悪堕ちしかけるもラスボスをソロで撃破(ただし、あまりネタにされない上、キュアハートのは専用装備ではない)
菱川六花美樹さやかピンクヒロインと幼馴染で本編開始前から仲良し。外部関係で楽器に縁がある
四葉ありす巴マミティータイムのイメージがある。チーム中トップクラスの戦闘能力・センスを擁する
円亜久里佐倉杏子5人目に登場したヒロイン。お菓子スイーツ好き。がある。及びがいる

 上記以外に、鹿目まどかと円亜久里の名前繋がりネタも見られる。

映画 プリキュア×まどマギ 公開紀念K23採用稿
ドキ☆マギ


 また、奇しくも2013年10月26日にはそれぞれの映画最新作『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』と『劇場版魔法少女まどか☆マギカ 【新編】叛逆の物語』が公開され、正面からの興行戦争となった。映画内容も両作品とも過去に対する依存をテーマとして扱ったり、別の世界に閉じ込められてしまうという共通点もあったりした。しかし両作品の結末は真逆になったといってもいいほどの対称的な展開になった。ちなみに特にこだわりがない場合、両作品を連続でみるときは、まどマギ⇒ドキプリの順で見たほうがいいと言われたりする。その理由お察しください

ドキプリ/まどマギ映画観てきた(ネタバレ含)


↑ドキプリ⇒まどマギの順で見た場合の事例(3ページ目)
魔法少女!プリキュア☆マギカも参照。

ハピネスチャージプリキュア!

本日の『ハピプリ』。
♪お菓子とごはんは~愛のエネルギー☆キュアマミー&キュアハニー♪


 ブループリキュア恋愛禁止令の原因が美樹さやかとするようなネタや、以外にも戦闘時にリボンを使用するという共通点のある巴マミ大森ゆうこ(キュアハニー)を絡めたネタがある。
 また、「本編以外にも多数の戦士が存在する」「願いのために」という点がまどマギと共通しているという見方や意見もある。事実、ブルーとキュゥべえを同一視するようなネタや、両作品とも「仮面ライダー龍騎」と絡めたネタタグが存在している。

杏ラブリー


 外見が似てるという事で佐倉杏子アンラブリーをかけた杏ラブリーというネタもある。

ほむフォーチュン★繰り返す私は何度も繰り返す★もう誰にも頼らない
孤高の戦士キュアほむチュン★私はあなたを許さない!絶対によ!


 氷川いおな暁美ほむらはイメージカラーが紫であるばかりか、「才色兼備・文武両道でクールな性格」「大切な相手のために孤高に戦う」「青のに対して苛烈な態度をとる」「力の授与者であるはずのキャラからイレギュラー扱いされていた」など共通点が多いため、2人を絡めたイラストもある。ただし、当初は孤高に戦っていたが、仲間の大切さを知ってハピネスチャージチームの一員となったいおなと、仲間たちと共闘していた頃もあったが、「もう誰にも頼らない」と孤独な戦いの道を歩んだほむらとでは、辿った道筋は逆と言える。

Go!プリンセスプリキュア

実は、この物語は二週目です。


 七瀬ゆいのルックスが、メガほむ酷似との声があり、こんなタグが生まれた。その辺も影響してか、ゆいをプリキュア化する場合にはほむらのイメージカラー・紫ベースで描かれる事が多い。

魔法少女ななせ☆マギカ★君にはその資格がありそうだ♪契約は成立だ
ゆいちゃんもうプリキュアでいいんじゃないの




 また、ともにブルーヒロインにして繋がりということで、海藤みなみ美樹さやかのコラボネタもある。

人魚の魔法少女★みきたんかと思った?残念!みなみたんでした♪
プリキュア戦士 VS 魔法少女⑨



 両作品とも、夢/希望が絶望に変わる状況をあるいは黒幕が利用しているという点も共通している。

魔法つかいプリキュア!

 プリキュアシリーズで初めて「魔法」が主題的に取り上げられた作品。
 両プリキュアの名前が「キュアミラクル」、「キュアマジカル」とは、奇跡も、魔法も、あるんだよ」(まどマギ第4話のサブタイトル)に対応している。

魔法少女リコちゃん
まっどまどにしてやんよ!♪魔法学校のみんなにも、内緒だよっっ♪
ほっむほむにしてやんよ♪★魔法少女ほむら☆マジカ♪&ほむチュン♪
奇跡も、魔法も、あるんだよ♪★まどかミラクル&ほむマジカル♪♪★



 第49話の最終決戦時に見せた花海ことはキュアフェリーチェの超巨大化形態はアルティメットまどかを思わせた。

「混沌よ、あっちへ行きなさい!」



 一時Twitter上では「アルティメットはーちゃん」が急上昇ワードにまでなったほどである。「どこからでもみんなのこと見ていられるから…私はみんなとずーっと一緒。つながってるよ」という台詞も円環の理と化したまどかに通じると言えよう。
 宇宙空間での別離のシーンも合わせて、『まどマギ』最終回に通じるものがあった。

キラキラ☆プリキュアアラモード

 プリキュアシリーズで初めて「お菓子」が主題的に取り上げられた作品。
 故に、巴マミ精神性と大きく合致する。

 最初の5人のカラーリングが『ドキドキ!』同様に一致するため、こんなイラストも投稿されている。

レッツ・ラ・まぜまぜ!



 『まどマギ』の二次創作の動物化ネタで「ほむにゃん」「駄犬杏子」のタグがもともと存在しているのは偶然か必然か……?

HUGっと!プリキュア

ルールーは無感情で、情に動かされる人間の振る舞いを「理解不能」と評する……といえば、同様に感情を持たないあの淫獣の例の台詞に通じるものが見てとれよう。

ルールーちゃん喋りましたね!
わけがわからないよ


ちなみに、彼女がルールー・アムールとして野乃はなたちの学校に転入し、その初日からあらゆる面でハイスペックぶりを披露するシーンは、暁美ほむらの同様のシーンともよく似ている。ともにイメージカラーは紫である。

出演者関連

共通出演者



※:初出がマギアレコードのキャラは【(マギアレコード)】表示不要。

上記以外

 自身のプリキュアシリーズへの出演は長らく実現しなかった(その30分前のシリーズには既に出演していた)が、それまでにも以下の事が確認されている。

本人関連

  1. 叛逆の物語』後のインタビューで「ニチアサ風のまどマギをやってみたい」と、明らかにプリキュアシリーズを意識した発言をしている。
  2. 剣城あきらキュアショコラが大好きだそうで、あきら役の森なな子にショコラの絵を描いて渡したとのことである。詳細はこちらの森のツイートを参照のこと。また、この悠木自身のツイートを見ると、そのハマりようは半端なものではないようである。
声優ネタ
1.アニメ版【蒼き鋼のアルペジオ】にてイオナ役を担当したのが四葉ありす役も演じた渕上舞である(キュアイオナ参照)が、原作準拠のドラマCD版では悠木碧である。

謎の潜水艦イオナと接触せよ


2.アニメ版アホガールにて悠木が演じる花畑よしこは【プリチュア】なるアニメの大ファン(原作設定)で、一部ファンから「アホガールのスタッフが狙ってやった!?」「キャラと中の人がシンクロしてる!」とか言われてたりする。
 と、プリキュア関連の話題はすでに豊富だった彼女だが、2017年10月に公開される「映画キラキラ☆プリキュアアラモード_パリッと!想い出のミルフィーユ!」にクック役で出演が決定し、遂にプリキュアシリーズ進出を果たすことになった。過去にもプリキュア劇場版へのゲスト出演を経てTV本編のプリキュア役を勝ち取った声優は少なくないが、果たして……。

ラスボス疑惑



関連イラスト

55分以内に15RTされたら
魔法少女は楽じゃない


スマイルキュゥベエ
まどか☆プリンセスフォーム


フレッシュまどマギ!全員集合前編☆チェインジ!レッツ!フレプリ♪
かわいいいきもの


集結!プリキュア☆マギカ!
いきなり秘密がばれちゃったね・・・



関連タグ


兄弟タグ

ニチアサキッズタイム関連

おジャ魔女!プリキュア おジャ魔法少女どれみ
セイントプリキュア まどか☆オメガ
プリキュアスーパー戦隊シリーズ 魔法戦隊マギレンジャー
キュアライダー 仮面ライダーマギカ

上記以外

プリキュアスケッチ 血だまりスケッチ
ピュエラ・マギ・セーラー・クインテット セーラームーン×プリキュア
プリキュアシリーズのコラボタグ一覧 魔法少女まどか☆マギカのコラボタグ一覧

外部リンク

まどか☆マギカ×プリキュアリンクニコニコ大百科の当該タグ。

pixivに投稿された作品 pixivで「プリキュア×まどマギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 988997

コメント