ピクシブ百科事典

ナタ王子

なたおうじ

『キラキラ☆プリキュアアラモード』のキャラクターである(メイン画像右のキャラ)。
目次[非表示]

CV:鳥海浩輔

人物

25話に登場するコンフェイト公国の王子。
来日していた時にたまたま琴爪ゆかりを目撃して一目ぼれ。
彼女がいちご坂キラキラパティスリーの店員であることを突き止めると、キラパティに乗り込んでいきなり結婚を申し込み、コンフェイト公国へと連れて行こうとする。
ゆかりは「ちょっと面白そう」とプロポーズに対して肯定も否定もしない曖昧な態度をとっていたが、その場に居合わせていた剣城あきらがゆかりの意思を無視するようなことはやめろと異を唱えたことで、ナタ王子はあきらがゆかりの恋人と勘違いしてあきらに「ゆかりを賭けた男同士の勝負」を挑む。
そしてゆかりはやっぱり「面白そう」とその勝負に王子が勝てばコンフェイト公国に一緒に行くと約束してしまった。

勝負の種目はあきらが複数を選定したが、世間擦れした王子は100m対決では乗馬で挑んだり、瓦割り対決では召使いにやらせるなどルール外の行動ばかりで勝負がつかず、最終的にスイーツ作りで勝負をすることになる。
贅沢な材料を使って豪華なスイーツを作ろうとしていた王子だが、勝負の場に現れたエリシオにスイーツ共々キラキラルを奪われ気絶。
最終的にあきらがプリキュアに変身してキラキラルを取り返したことで回復。また、ゆかりはこの時のあきらとのやり取りで、自分はキラパティの仲間たちと一緒にいたいんだということを再確認し、王子にちゃんとした言葉でコンフェイト公国行きを断った。
ゆかりからキッパリ振られた王子は男らしく身を引き、あきらにゆかりを大切にするよう言い残して帰国した。つまり最後まであきらを男性だと思い込んだままであった。

作中では強引な性格が強調されていたが、ワガママというよりも世間ズレしている感じで描かれていて、実際は誰かが嫌がることは基本的にしない人物であることがわかる。
今回の話はゆかりが王子について行くような気があるそぶりをしていたことが元凶である。
勝負を通じて王子に振り回されたあきらは王子のことを「悪い人じゃない」と明言している一方で、自分に好意を寄せてきた相手の心を試そうとするゆかりの態度に苦言を呈していた。

コンフェイト公国について

コンフェイト公国は実在しない架空の国家。
作中ではひまりが「コンフェイト公国は小さいけれど、スイーツ作りがさかんで有名な国なんですよ」と解説している。

ちなみに「コンフェイト」とはポルトガルの砂糖菓子であり、日本で「金平糖」と呼ばれるお菓子のルーツでもあり語源でもある。
ちなみにポルトガルは現在共和国制だが、かつては王政だった時代もある。

1話限りのネタかと思っていたら、45話でコンフェイト公国からゆかり宛にスイーツの勉強をするために留学しないかという誘いが来ていることが判明する。この誘いの背景にナタ王子の意思が関わっていたかどうかは不明だが、この留学話に下心やおかしな条件などはついてなかったのは確かなようだ。
そしてゆかりは、この留学話は自分を成長させるメリットになると判断し、コンフェイト公国行きを決意する。
25話でのドタバタ騒動を全てひっくり返すようなゆかりの決断には、皆はショックを受け、ペコリンに至ってはゆかりを嘘つき呼ばわりまでしていた。
だがゆかりがこういう決断をしたのはキラキラパティスリーで仲間と過ごす中でスイーツのトキメキを知ったからであり、留学はみんなとの出会いに意味があることを証明するためでもある。そして同時に、こういうことを仲間に相談せずに一人で決めてしまうのもゆかりという人間なのである。
そしてゆかりがキラパティを去ることが確定してから、他のみんなも否が応でもこの先の自分の道にキラパティがあるのかどうかを直面せざるを得なくなる。

中の人について

担当声優の鳥海浩輔はプリキュアシリーズ初出演だが、数多くのアニメに出演しているのでコラボネタが期待される。GO!プリンセスプリキュアに出てくるウォープ役の諏訪部順一とは同じ声優ユニットの相方にして、彼の出演により剣城あきら役の森なな子も出演していたクロスアンジュのミスルギ皇国の王族全員がプリキュアシリーズ経験者となった。⇒プリキュアンジュ
さらに『美少女戦士セーラームーンCrystal』における黒幕を含むダーク・キングダム主要幹部の担当声優が全員プリキュアシリーズ出演者になった。⇒キュアムーンライト伝説/セーラームーン×プリキュア

関連タグ

キラキラ☆プリキュアアラモード

残念なイケメン

関連キャラ

ジェフリー王子:プリキュアシリーズで来日した王子繋がり
カナタ王子:プリキュアシリーズに登場した王子繋がりで一字違い。ただし、彼の方がいろいろな意味でイケメンだが、ナタ王子は残念なイケメンという決定的な違いがある。
伊集院キミマロ:惚れたの為に玉砕した繋がり
中野みつるある男装プリキュアを最後まで男性と思い込んだゲストキャラ繋がり

伊織順平:中の人繋がりでこちらはゆかりという名前のキャラと仲間同士である。ちなみにこちらのゆかりの中の人6年前の作品プリキュアを演じている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ナタ王子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13328

コメント