ピクシブ百科事典

東山コベニ

ひがしやまこべに

漫画『チェンソーマン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「風俗かデビルハンターしか選択肢なかったんですぅ~」

概要

公安対魔特異4課所属の新人デビルハンター。臆病で常にオドオドしている小動物系の女の子。
とても悪魔と戦える人間には見えないが、先輩である姫野は「引っ込み思案だけどかなり動ける」と評価をしており、事実、肝が据わると途端に実力を発揮するタイプ。

動物並みの運動力と俊敏性を見せるガチンコファイターであり、得物は普通の三徳包丁。

実家に経済的な余裕が無く、優秀な兄を大学に通わせるために半ば強引にデビルハンターにさせられた不憫な娘であり、常に薄幸なオーラが漂っている。
悪魔との戦いには頻繁に巻き込まれ、散々な目にばかり遭うものの、しぶとく生き延びているあたり、悪運だけは強い様子。

せっかく買った初の新車をパワーに事故車にされた挙句に轢き殺しの責任を被らされるなど人間関係も微妙に恵まれてない。

戦闘能力

身体能力

コベニちゃん


上述のように素の身体能力は相当に高く、サムライソード・沢渡と戦った際は沢渡のけしかけたヘビの悪魔の攻撃をものともせず逆にヘビの尾を駆け上がってサムライソードの腕を(普通の包丁で)切り落とし、さらに一瞬で銃を奪い取って(照準も合わせず背中越しに)サムライソードを銃撃するといった離れ業を見せた。
また沢渡との再戦では、沢渡がアキとの戦闘に気を取られていたとはいえ一切気取られずに背後に忍び寄って身柄を押さえた。
しかし普段はその性格のせいか実力を発揮できる場面はあまり無く、大抵はバディに戦闘を任せて自分は隠れている事がほとんど。

契約悪魔

本人曰く「契約している悪魔は秘密」との事で、何の悪魔と契約しているのかは今のところ不明。

バディ

荒井ヒロカズ
コベニと同期の青年。契約悪魔は狐。22歳で趣味は俳句とのこと。
姫野に半年間鍛えられ、「実力不足だがやる気は十分」という評価をもらった。

暴力の魔人

無題


公安がサムライソードによって襲撃された後、新たにバディを組んだ魔人。魔人ではあるがかなり気さくな性格で、「食べてる幸せそうなコベニちゃん見てたいの」とアイスクリームを奢っていた。
彼とバディを組んでからは直接戦闘はほとんど彼が担当している。
詳細はリンク先を参照。

コベニの愛車

コベニカー人気投票7位記念


単行本7巻〜8巻の通称「刺客編」の影のMVP(車なのでMVC?)と言われる人気キャラクター(?)
「家族の送り迎えもできるから」と給料で買ったが、登場直後から散々な目にあい最後には大破するという憂き目にあっている。
しかしその身(ボディ)を張って敵を倒し味方を助けた活躍は読者の心を鷲掴みにし、人気投票ではなんと持ち主のコベニを抑え7位にランクインした(コベニは8位)。決してネタ枠として票が流入したとかそういうのではない!

作中での活躍

vsアメリカの三兄弟

帕瓦衝衝衝!


京都の公安メンバーを殺害して「皮の悪魔」の能力で彼らに成りすましてデンジに近づこうとした三兄弟の長男だったが、パワーがコベニの愛車を難癖をつけて奪い取り暴走、あろうことか味方のデンジごと長男を轢き殺すという愚挙を冒した上に「ウヌの車じゃ。ワシのせいじゃない」とコベニにその責任をなすりつけようとした。
しかし直後に轢き殺したのがアメリカの刺客だと分かるとパワーは「ワシの手柄〜!」と手のひらを返して狂喜しデンジを轢いたこともなんだかんだでうやむやになったのだった。
その後コベニと暴力の魔人はなぜか他メンバーに置いていかれたらしく、デパートでデンジらが人形と戦っている際に「このヘコみ直すのいくら掛かるんだろう…」と愛車の横でうなだれるコベニが描かれている。

vsクァンシ
デパート内での岸辺とクァンシの交渉が決裂し、岸辺vsクァンシの闘いが勃発、クァンシは岸辺をデパートの窓から外へ放り投げるが、岸辺が落下した先にあったのはおなじみのコベニの愛車であった。
高所からの落下にも関わらずコベニの愛車が身を挺してクッションとなってくれたおかげで岸辺には「いてぇ…」と呟いた以外大きなダメージは無かったが、代償としてコベニの愛車は屋根が完全に潰れるという大ダメージを負ってしまうのだった…
また直後にアメリカの刺客の三男も投げ捨てられてコベニの愛車の上に落下しているが、この時はすでに潰れてクッション性が無くなってしまっていたせいか岸辺と比べるとかなり痛そうにしていた。
これらの一連の流れはコベニもデパート内から目撃していたようで、「わた、わた…わ…私の車が…車っ」と言葉を失っていた。

vsサンタクロース
闇の力を手に入れたサンタクロースと戦っていたデンジであったが、夜の闇の中では無限に回復してしまうサンタクロースへの苦肉の策として、全身に火をつけて自身が光源となってサンタクロースから闇を奪いながら闘う事を思いつく。
その策はうまくハマり、サンタクロースを追い詰めたデンジは最後のとどめとして手近にあった屋根の大きくヘコんだ車を持ち上げ、サンタクロースへと投げつけた。
「これが俺のオ…!光ん力だアアアアああ‼︎ ぎゃああああアア‼︎」
サンタクロースはその車が起こした爆発によってついに倒れるが、サンタクロースを撃破したその車こそコベニの愛車だったのであった…

その後、アキによってデビルハンターを退職したことが明かされた。ハンバーガーショップに転職したことがわかるが、そのハンバーガーショップも上司がパワハラをしてくるブラック企業であり、同僚も妙に洗脳された感じがあったりとやはり運だけには絶妙に恵まれていない。

その最中、とんでもないことに巻き込まれてしまう。

関連タグ

チェンソーマン
姫野(チェンソーマン) 暴力の魔人

関連記事

親記事

チェンソーマン ちぇんそーまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東山コベニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3241609

コメント