ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

爺ちゃんに謝罪しろ」

「そうしたら楽に殺してやる」


CV:濱野大輝

演(舞台版):オレノグラフィティ(変身前)/吉岡将真(変身後)

概要編集

[Spoiler]Samuraisword is BACK!!

チェンソーマン』に登場する武器人間の一人。

祖父は第1話でデンジを長らく借金漬けにし、ゾンビの悪魔と契約してデンジを殺そうとしたヤクザ


本名は不明。「サムライソード」は公安内での呼称で、ヤクザの身内からも「若」としか呼ばれていない。そのため、読者からは「ヤクザの孫」と呼ばれている。

TVアニメ版でも初登場時から役名は「サムライソード」としかクレジットされていない。

子供の頃からすでに生えている濃いモミアゲが特徴。デンジも言及している。

なお2023年3月にバンダイから発売された「にふぉるめーしょん チェンソーマン シールウエハース」のオマケシールではモミアゲマンという名前になっていた。


ゾンビの悪魔の事件の真相を知らず、デンジが裏切って祖父を殺したと思い込み、「銃の悪魔」と繋がりを持つ元民間デビルハンター沢渡アカネと組んで公安対魔1〜4課を襲撃する。

サムライソードと沢渡


性格編集

ヤクザの跡取りとして祖父から甘やかされて育てられたせいか斜に構えた自分勝手な性格であり、事あるごとに他者を貶め自身の優位を語る”マウンティング”めいた言動を取る。


デンジとの初対面の際には祖父がいかに尊敬すべき人間かを語ったが、その内容は「ヤクザだったけど必要悪的な存在で女子供も数えるほどしか殺した事がない」「を売って得た金で何でも買ってくれた」といった人の道を外れた悪辣極まるもので、再び対面した際にも上記のゾンビの悪魔事件についてデンジが「ゾンビになったから殺した」と弁明すると「学歴のねえ馬鹿はすぐ嘘をつきやがる」と否定するも、そもそもデンジが学歴を積む機会を奪ったのは他でもない彼の祖父であり(これについてはデンジ自身がデビルハンターになることを志願したものの、普通のアルバイトすらできない年齢だったデンジに70万もの大金の返済を要求することは到底擁護できない)、祖父孫共に擁護のしようがない人間であった。


上記のように「自分は常識も人の心もある」と思い込んでいるだけの外道であり、実際は本人の自己評価とは裏腹に目的のためであれば民間人どころか仲間すらも平気で見捨てたり犠牲にしたりできる非情な人間である。


能力編集

サムライソード

沢渡によって「刀の悪魔」の心臓を移植されており、デンジと同様に悪魔の姿へと変身できる数少ない人間。

左手首を鞘のように引き抜く事で変身し、変身後は頭部に軍帽のような帽子と鍔の代わりに頭部を貫くように長大な日本刀が出現し、さらに両腕にも日本刀が出現する。普段から着用しているロングコートと相まってその風貌は戦前〜戦時中の軍人を彷彿とさせる。

刀はデンジのチェンソーと同様に体を貫いて生えてくるらしく、変身途中には出血している描写もみられる。

生えてくる刀は通常の刀以上の切断力を持ち、明らかに刃渡り以上の大きさの物も切断する事ができる。一方で、長い得物を片腕で扱うことになる弊害か、刀による攻撃はどれも大振りのため、相手によっては避けられてしまう。


また悪魔の心臓を持つ人間の特徴である高い身体能力、回復力、不死性を持ち、死んでも左手首を引きぬけば復活する。


変身前は主に拳銃を操り、デンジ・アキ姫野を瞬時に撃ち抜くなどその腕前は高いが、魔人であるパワーや本気モードのコベニには反応し切れなかった。


居合(仮称)編集

サムライソードの能力。

右腕を左脇に構える、いわゆる「居合」のような構えをとった後、視認不可能な速度で敵の懐に飛び込みすれ違いざま一刀両断する。

「構えたと思った直後には斬られている」といったような非常に強力な能力であり、それなりに間合いも広いため、近接戦を主体とするアキもデンジも一度は敗北し、再戦時もデンジは大いに苦しめられた。

しかし、動きが直線的な上に乱用し過ぎたため(デンジがそれとなく誘導して何度も使わせていたのもある)、最終的に挑発に乗ったことでデンジの隠し玉(足チェンソー、よく見ると交錯の瞬間頭を振りかぶるどころか蹴り上げている)でカウンターを受け、真っ二つにされ敗北した。


最強の大会(ネタバレ注意)編集

デンジ「コイツは姫野先輩を弾で撃った。だからコイツもタマを撃たれるべきだろ」


デンジとの対決に敗れ拘束されたサムライソードだったが、「姫野先輩を殺した(正確には命を落とす原因となった)のにただ一生刑務所に入るだけなのは納得いかない」としてデンジが提案したのは最強の大会であった。

その内容は「サムライソードのサムライソードを互いに蹴り飛ばし、最も大きな悲鳴を上げさせた者が勝ち」というとんでもない大会であり、タマタマそのタイミングで到着した早川アキも合流し、「週刊少年ジャンプ」史上最低とも言われる大会が幕を開くのだった。


アキ「姫野先輩」


アキ「天国まで聞こえるか?」


「ヤアアアアアアアアアア」


アキ「オレ達からアンタへの鎮魂歌(レクイエム)だ」


余談編集

上記の「鎮魂歌」は同じ雑誌で連載されている某作品あるキャラクターの名セリフをオマージュしている。


関連イラスト編集

チェンソーマン【チェンソーマン】サムライソード

チェンソーマン落書きまとめチェンソーマン vs サムライソード


関連タグ編集

チェンソーマン 藤本タツキ

デンジ(チェンソーマン)


クロエネン:おそらく外見の元ネタ。








以下ネタバレ






































デンジに敗北した後公安に身柄を確保され、その後どうなったかは長らく明かされていなかったが、第86話にて再登場を果たした。













「当たり前だろ?マキマさんは何度も俺達の命を救ってくれた」


なんとマキマ直属の部隊である公安対魔特異5課の一員として登場。

その王道少年漫画を彷彿とさせる改心した敵が味方になるかのような言動を伴って登場した事で読者のシュールな笑いを誘ったらしい。

尚、オシャレポイントであったロングコートも公安のスーツ姿へ変更となり、変身後の外見も元の軍人風のイメージから大きく変わっている。駅員さんとか言ってはいけない


ちなみに5課のメンバーは全員が悪魔に変身する能力を持った人間であり、あの娘あの人もメンバーとして登場している。


この先、第二部のネタバレ注意編集
























「正義ぃ…?」

「チェンソーマンにィ……!正義はなアアアアい!!」


144話にて、チェンソーマン教会に公安特異7課が投入され、無力化されていく学生たち。

正義の悪魔と契約したと思われる教祖は、その公安に正義の一撃を喰らわせようとしたが、突如現れたサムライソードによって、体をバラバラにされたのだった。


ちなみにこれは余談だが、1部で登場してから今までで、洗脳されてない状態のサムライソードが登場するのは実に4年ぶりである。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1655759

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました