ピクシブ百科事典

吉田ヒロフミ

よしだひろふみ

吉田ヒロフミとは、週刊少年ジャンプの漫画「チェンソーマン」の登場人物。
目次[非表示]

オレ吉田な 仲良くしようぜ


概要

チェンソーの心臓を狙うアメリカ・中国・ソ連・ドイツからの刺客に対抗する戦力として、
マキマが一ヶ月の契約期間を定めて召集した、民間のデビルハンター。

公安以外から選ばれた唯一のデビルハンターで、現役の高校生

その素性や過去の経歴は一切不明。
しかし岸辺と似たデザインのピアスを付けており、深い付き合いを窺わせる会話を交わしていた事から、ファンの間では「師弟関係ではないか」と噂されている。

さらに単行本の巻末漫画にて、若い頃の岸辺が吉田と似通った雰囲気の顔立ちをしていた事から、「師弟どころか血縁関係にあるのではないか」という予想まで立てられているが、真相は定かではない。

またマキマの盗聴能力を知っており、岸辺経由で彼女の謎に満ちた部分も知っていると考えられる。

戦闘能力


刺客編で召集されたデビルハンターを、「自分も含めて三流」と評していたものの…

アメリカの刺客の一人・ジョーイを瞬殺し、ステゴロ世界最強と噂される中国の刺客・クァンシとも殴りあっていた(お前のような三流がいるか)。


契約悪魔

吉田ヒロフミ


蛸の悪魔

契約における代償は不明。
吉田の体は(少なくとも外見では)どこも欠損しているようには見えず、また悪魔を使用する時に何かを捧げている様子もない。
幽霊の悪魔のように事前に捧げているのか、それとも呪いの悪魔のように寿命といった概念を消費しているのだろうか。

全身は描写されていないものの、触手の大きさからいってかなり巨大であることが窺える。

普段は姿を現さないが、吉田の呼びかけによって触手を繰り出す。
攻撃のほか、吉田が受け身を取れない時にはクッションになったり、高所から転落した際にはキャッチしたりと献身的な様子が描かれている。
さらに、墨を吐いて攪乱したり、索敵を行なう等、吉田のサポート役として優秀な様子。

読者人気

登場するや否や、その色気と物憂げな美貌によって一気に読者の心を掴んだ。

同時に、陽気な口調と薄笑いを浮かべた表情から女を殴ってそうという、とんでもないレッテルを貼られる。

しかし、その色気あるビジュアルが説得力を生み、彼が1コマでも登場するたびに「この姿勢は女を殴っている」「自分も殴られたい」というファンが続出。

「拳が痛まないように灰皿で殴りそう」という、飛躍しすぎた妄想まで囁かれた頃には、タバコを吸う吉田のイラストも描かれるほどだった。

フミくんじゃなきゃダメなの



やがて契約悪魔がタコであることが描かれると、吸盤の配置からタコの性別が雌であることが判明する。

さらにタコを調理するときは叩いて柔らかくするのも加わって、吉田のファンは「雌蛸」と呼ばれることになる(中には自称しているファンも)。

ついには実際に女性であるクァンシと殴り合いを演じたことから、女を殴るという風評被害は頂点を極めた。

しかし…

吉田が高校生であり、タバコを断る人間であることが初めて描かれると、それまでのイメージは一転する。

文字に起こすなら、

「マキマに指名された唯一の民間デビルハンター+岸辺隊長と知り合い+現役高校生+ステゴロ世界最強と殴りあえる体術の持ち主+飄々として殺しも厭わない+蛸と契約している+掴みどころのない色気のある少年」

という、属性盛りすぎの二郎系ラーメンがごときキャラクターだったと評価が見直される。

そのインパクトの強さから別作品の主人公かよと噂され、これによってファン…もとい雌蛸はさらに増えた。なかにはスピンオフまで待望する者もいるとか。

また、公式キャラクター第一回人気投票が開催されていた当時は契約悪魔も不明で、たった十数コマの出番しか無かったにも関わらず10位にランクインしており、チェンソーマン第一部完結後に開催された第二回人気投票では6位に上昇していた。

関連タグ

チェンソーマン

関連記事

親記事

チェンソーマン ちぇんそーまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「吉田ヒロフミ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「吉田ヒロフミ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2534009

コメント