ピクシブ百科事典

ルパン小僧

るぱんこぞう

モンキー・パンチの漫画作品。ルパン三世の外伝的作品で、いわば『ルパン四世』の物語。

モンキー・パンチの漫画作品。
ルパン三世の隠し子である「ルパン小僧」が行方不明の父であるルパン三世を探す旅に出る物語。

そもそも当時の双葉社(もともと『ルパン三世』を連載していた雑誌の発行元)が、新たに少年向け漫画雑誌を刊行する際、モンキー・パンチに雑誌のキラータイトルとして「少年版ルパン三世を」と依頼したのが執筆のきっかけとされている。
ただし当時のモンキー・パンチ自身は「ルパン三世は青年誌だからこそ活きた作品になるのであり『少年(子ども)向けのルパン』はありえない(アニメのルパン三世はアニメのルパンとしてはアリだが、自分の考える本当のルパン三世ではない)」と考えていたため、嫌々ながらの執筆となり、シナリオもルパンネタのパワーダウン版的な要素が目立った。
この顛末は、のちにトリビアの泉に取り上げられ「ルパン四世は望まれた子ではなかった」とオチがつけられてしまう。

本作の主人公「ルパン小僧」は、ルパンと峰不二子の隠し子とされていて、ルパンの少年時代と顔も似ており、頭脳も明晰。

相棒は合気 マリリン(あいき まりりん)で、ライバルはシャーロック・JR。

関連タグ

峰理子・・・・こちらも同じく怪盗アルセーヌ・リュパンの子孫で4代目である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ルパン小僧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 439

コメント