ピクシブ百科事典

エミリー・オブライエン

えみりーおぶらいえん

『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』で登場したキャラクター。
目次[非表示]

CV:松井菜桜子

概要

ルパン三世TVシリーズ第17作『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』で登場したゲストキャラ。

人物像

銭形警部の部下となったICPOの新米女性捜査官。
ドジで失敗が目立つ赤毛の眼鏡っ娘である。



※以下、ネタバレ





















彼女の正体は『天使の策略』における黒幕であり、ブラッディエンジェルスの首領スパイダー・エミリー

オリジナルメタルを加工するための液体(ラベンダーの香水に偽装している)を所有しており、オリジナルメタルの秘密を敵に漏らした仲間のポイズン・ソフィを口封じに射殺した。銭形の信頼を踏みにじり、自分の仲間を殺した事がルパンの怒りを買い、組織が潰れルパンから奪い取ったオリジナルメタルがあらかじめ偽物にすり替えられても尚諦めが悪く、ルパンに泣いて許しを乞うふりをして殺害しようとするが、返り討ちにされ自業自得の最期になった。
そして「ルパンが女を撃った数少ない例」となった彼女の存在は、後世にまで語り継がれる事になる。

漫画版

黒幕の設定は無く、最後まで銭形の部下でソフィの生き別れた妹だった。
前述の理由で漫画版の黒幕は別の人物となっており、「銭形警部の関係者」という共通点を持つが、最後はルパンに殺されることなく敗北している。

  • 国防長官
漫画版における黒幕。こちらは男性。
米国国防省の長であり、アニメ本編におけるエミリーのポジションにあたる悪役。
作中では銭形警部とエミリーにオリジナルメタル奪還の命令を下していたが、実は偽物のオリジナルメタルを囮にして反米テロリストを排除するための作戦であり、本物のオリジナルメタルは国防省の地下に保管されている。
治安維持というお題目を語っているが、その本性は権力欲に凝り固まった俗物であり、軍による掃射作戦でブラッディエンジェルスはおろか多くの島民まで犠牲になったにもかかわらず、反省することもなく「やり過ぎたかもしれんが辞任などしない」と吐き捨て、オリジナルメタルがあれば揉み消せると高を括る始末であった。
だが、最後は厳重に保管されていたはずのオリジナルメタルがルパンに盗まれた事で一瞬にして自信が崩れ去り、秘書と思わしき人物から「辞任どころか解任」と告げられて青ざめたところで退場した。

関連タグ

ルパン三世 天使の策略 眼鏡っ娘 外道 悪女

関連記事

親記事

天使の策略 てんしのたくてぃくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エミリー・オブライエン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137

コメント