ピクシブ百科事典

石川五ェ門

いしかわごえもん

石川五ェ門とは、モンキー・パンチ作の漫画作品『ルパン三世』シリーズ、およびそれを原作としたアニメ作品に登場する人物。
目次[非表示]

「また、つまらぬものを斬ってしまったでござる!」

概要

実在の盗賊・石川五右衛門の十三代目という設定。
名前の表記については「五ヱ門」や「五右ェ門」、「五右ヱ門」等が存在するが、
現在では「五ェ門」となっている。
アニメでのオリジナルキャストはTV第1シリーズのみ大塚周夫、第2シリーズ~2010年のスペシャルまで最も長くつとめたのが井上真樹夫であり、2011年のスペシャル以降は浪川大輔が声を務める。
実写映画版キャストは綾野剛
 
「常に和服」「時代錯誤な口調や思考」「常人離れした居合の技」「女子が弱点」というのが基本的な設定。髪型は基本的に長髪。
 
アニメでは白鞘の日本刀斬鉄剣」を所持しており、この斬鉄剣を使った居合いの斬撃が主な戦闘手段である。剣の流派は、逆手を多用しており(現実では、技の一つとしてあっても逆手メインの流派は存在しない)、示刀流なる流派に所属していたが、袂を分かっている。また「蜻蛉の構え」と呼ばれる示現流の構えを取る事があり、この流派の心得もあるのかもしれない
アニメでは「狼は狼を呼ぶ」の回でルパンとの決闘に臨み、その後互いに肩を組んで仲間になった。原作では自らルパンの元へ押しかけている。

時にはルパン達と距離をおいたり、突き放した態度をとることもあるが、ルパンの弱点を知ろうとする悪党たちに拉致された際、どんな目にあっても決してルパンの弱点を言わなかった点など、実はかなり仲間想いである。

斬鉄剣で様々なものを斬った後の「つまらぬものを斬ってしまった」という趣旨の台詞は劇場映画第一作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』で初めて使われ、その後のTVシリーズや劇場映画第二作『ルパン三世 カリオストロの城』でも使用されて有名になった。ルパンから、「つまらないものを斬らせたら、おまえは世界で一番だぜ!」(TVSP『愛のダ・カーポ』)とまで言われている。
 
剣の道を極めるべく日々修行に励んでおり、それと同時に、大泥棒として天下に名を馳せた初代を心から誇りに思っている。彼にとっては、剣士として生きることも、泥棒として生きることも、どちらもとても大切なことなのである。

また長編アニメシリーズでは仁侠映画や新興宗教はまっていた事があり、案外流されやすい性格なのかもしれない。
 
派手な色を好むルパンとは対照的に、などを基調とした落ち着いた色合いの服を着ることが多い。下着は。変装のために洋服を着ることもあり、必要であれば女装もする。

能力

彼が実際に斬ったものとしては、弾丸砲弾自動車ビル戦車戦艦戦闘機ミサイルスペースシャトル等が挙げられる。
特に、常人離れした動体視力と身体能力を活かし、飛んでくる弾丸を全て斬り落とす(マシンガンの弾だろうと何だろうと)という技は、彼の代名詞のようなものである。
一時期、服や武器だけを斬って相手は殺さないスタイルをとっていた事もある。

また剣術だけでなく空手に関しても免許皆伝な腕前であり、かなりな怪力の持ち主。

バイク並のスピードで走ったり、異様な高さまで跳躍したり、高い所から落ちても平気だったり等、ルパン一味の中でも特にずば抜けた能力の持ち主である。
 
その能力から、DVDの解説書などでは五ェ門を「史上(世界)最軽量の機動兵器」と称している。

ちなみに、古風な印象で剣や和のイメージが強すぎる彼だが、機械が苦手というようなことはなく、携帯電話やスマートフォンを所持しているほか、ルパン一味なだけあって、意外にもボートからトレーラー、ヘリコプターなどの多岐に渡る操縦を担当したり、弓や銃器を扱えるなど意外と万能であったりもする。

超能力者とわたりあうなど、単なる第六感を超越した能力を有しているらしい描写もある。

趣味嗜好

食に関するこだわりはかなりのもので、日本食の入手し辛い海外で日本食を食べたいと言い始めたり、しばらくぶりに白米にありついた際には涙を流したりもしている。
酒に関しても洋酒より日本酒を好む。
また、明確にトマトケチャップが嫌いだと発言したことがある。

煙草に関しては、次元やルパンのようなヘビースモーカーという訳ではないが、まったく吸わないというわけでもなく、喫煙描写がごく稀に登場している。

基本的には真面目でストイックな性格であるが、ルパン達と共に賭け事に興じることもある。
ちなみに動体視力が異様に良すぎるため、ボタンを「目押し」して止めるタイプのスロットマシーンに関しては、狙い通りに止めることが可能だったりする。

歌舞伎の鑑賞なども好きなようで、感動して涙を流すほどである。

女性関係

アニメにおいて峰不二子を「不二子ちゃん」と呼んだ最初の人物である。

純情な性格ゆえ、ルパン以上に女性には弱い。といっても軽薄という訳ではなく、ひとたび一人の女性に惚れこんだら、何よりも相手を最優先しとことん尽くす、という一途な性格である。
しかし、それゆえに女性に騙されることも多く、上記の新興宗教の件など「惚れた女性に騙された」「惚れた相手が敵側の人間だった」というパターンも多く、久々に再会した幼馴染が敵であった上に、騙されて刺された事すらある。
基本的に女性には優しく、端正なルックスであるため、女性の方から好意を寄せられることも少なくない。
しかし、互いに好意を抱いていても何らかの事情で結局結ばれないまま離れるなど、女性方面に関しては悲恋が多い。

OVA版『風魔一族の陰謀』では墨縄紫という名家の令嬢と婚約しており、五ェ門が苗字を変えて婿入りするという形で結婚話が進んでいる。相手の方が積極的な所謂肉食系女子とはいえ、回想シーンでデートをしているなど良好な関係だったのだが、最終的に五ェ門の修行のため結局、結婚は延期となった。

その後婚約がどうなったのかはハッキリしていないため謎である。
しかし、その後の作品でも、五ェ門が女性に惚れたり、女性のために尽くすことは多くあり、周囲もそれを当たり前に受け入れているため、特定な交際相手などは居ない身であることが伺える。(もし婚約者がいるのであれば、生真面目な五ェ門がほぼ浮気レベルの問題行動を連発する上に、周囲の仲間達が全くツッコまない、というかなり無理がある状態になってしまう。)
元々、ルパン三世シリーズはパラレルワールド性の強いものであり、作品によって設定はコロコロ変化することが珍しくないため、この件に関しても、「婚約解消に至った」可能性だけでなく、「設定そのものが無かったことになった」可能性や、「一部の作品のみに通用する設定である」可能性など、様々なケースが考えられる。

余談

特徴的な性格設定やイメージはアニメにより出来上がったものであり、原作漫画では、一人称が「オレ」であるなど、かなり印象が異なっている。

なお、原作以外のコミカライズ作品では、アニメのイメージに沿ったキャラクターであることが多い。

関連イラスト

サムライフレンド
ごおお


1stえもんさん。
「またつまらぬもにょを斬ってしまった」



関連タグ

ルパン三世 次元大介 峰不二子 ルパン
長髪 和服  斬鉄剣 石川五右衛門

pixivに投稿された作品 pixivで「石川五ェ門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5734973

コメント