ピクシブ百科事典

石川五ェ門

いしかわごえもん

モンキー・パンチ作の漫画作品『ルパン三世』シリーズ、およびそれを原作としたアニメ作品に登場する人物。
目次[非表示]

「また、つまらぬものを斬ってしまった」

概要

実在の盗賊・石川五右衛門の十三代目という設定。
名前の表記については「五ヱ門」や「五右ェ門」、「五右ヱ門」等が存在するが、
現在では「五ェ門」となっている。
 
「常に和服」「時代錯誤な口調や思考」「常人離れした居合の技」「女性が弱点」というのが基本的な設定。髪型は基本的に長髪。
 
アニメでは白鞘の日本刀斬鉄剣を所持しており、この斬鉄剣を使った居合いの斬撃が主な戦闘手段である。剣の流派は、逆手を多用しており(現実では、技の一つとしてあっても逆手メインの流派は存在しない)、示刀流なる流派に所属していたが、袂を分かっている。また「蜻蛉の構え」と呼ばれる示現流の構えを取る事があり、この流派の心得もあるのかもしれない

アニメ第一期ルパン三世PART1「十三代五ヱ門登場」で初登場し、ルパンと殺し合いを演じる。しかし老いにより自身の地位を脅かされると怯えた師匠の百地三太夫に裏切られ、ルパンとともに抹殺されかける。邪な企みに気づいた五エ門は師と袂を分かつが、憎き師はその後すぐにルパンが始末したことから、ルパンとの決着を一時保留とする。

次に登場した「狼は狼を呼ぶ」の回では示刀流の総帥の用心棒として登場。斬鉄剣の精製方法を記した巻物を巡る総帥とルパンの決闘の審判を行い、落とし穴に落ちて負けた総帥を見届けて去る。
その後、日を改めて果たし状を送りつけ決闘に臨むが、総帥と同じ手であっけなく敗北し、感慨もなくルパンに助けられる。また別の日、さらに挑みかかってルパンの愛車を両断するが、それに激怒したルパンに半壊した車で「釜茹でにしてやっからな!」と追い回される。そのうちに互いに馬鹿馬鹿しくなったか大笑いしながら和解、肩を組んで成り行きで仲間になった。
なお原作では自らルパンの元へ押しかけている。

時にはルパン達と距離をおいたり、突き放した態度をとることもある。このためシリーズによってはまったく登場しない回があるくらい。しかしルパンの弱点を知ろうとする悪党たちに拉致された際、どんな目にあっても決してルパンの弱点を言わなかった点など、実はかなり仲間想いである。

斬鉄剣で様々なものを斬った後の「つまらぬものを斬ってしまった」という趣旨の台詞は劇場映画第一作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』で初めて使われ、その後のTVシリーズや劇場映画第二作『ルパン三世 カリオストロの城』でも使用されて有名になった。ルパンから、「つまらないものを斬らせたら、おまえは世界で一番だぜ!」(TVSP『愛のダ・カーポ』)とまで言われている。
 
剣の道を極め「悟り」に至るべく日々修行に励んでおり、それと同時に、大泥棒として天下に名を馳せた初代を心から誇りに思っている。彼にとっては、剣士として生きることも、泥棒として生きることも、どちらもとても大切なことなのである。
しかし、泥棒を生業としているとはいえ、根が真面目な性格であるため、ルパンの狙うお宝があまりにくだらない物であった場合や、くだらない理由の盗みであった場合などは、協力を拒むことも多い。(元々、どちらかといえば盗みの仕事よりも修行を重要視する傾向にある。)

なお、愛刀・斬鉄剣に対して過信しているわけではないようで、例え欠けたり折れたとしても自分の腕前の結果と自戒する事がほとんど。大抵その時はひどく落ち込む。

人情話には弱く、仲間たちの中では、どちらかといえば涙もろい方である。
長編アニメシリーズでは仁侠映画や新興宗教はまっていた事があり、案外流されやすい性格なのかもしれない。 余談だが任侠映画にはまっていた時に言った台詞「赤い着物か白い着物~」の元ネタは、鶴田浩二主演の任侠映画、『博徒』が元ネタと思われる。
 
一見、寡黙で不愛想なようにも見えるが、世界各地を渡り歩き修行や仕事をしているため、ルパン達以外の友人も多く、明るく大声で笑うような事も普通にある。
 
派手な色を好むルパンとは対照的に、などを基調とした落ち着いた色合いの服を着ることが多い。下着は。変装のために洋服を着ることもあり、必要であれば女装もする。を使用することも多い。
正装時は黒の紋付袴姿だが、古くからノーネクタイ禁止が原則のドレスコードでも「日本の伝統的正装」として認められているため浮いている感じはしない(むしろ時と場所をわきまえず色柄物を好むルパンのほうがよほど浮いている事が多い)。

なお、宮崎駿は悟り済ました顔をしてるが内面では「人斬り」が忘れられない俗物と評している。「つまらぬものを斬ってしまった」の真意かどうかは不明だが。

能力

彼が実際に斬ったものとしては、弾丸砲弾自動車ビル戦車戦艦戦闘機ミサイルスペースシャトル等が挙げられる。
特に、常人離れした動体視力と身体能力を活かし、飛んでくる弾丸を全て斬り落とす(マシンガンの弾だろうと何だろうと)という技は、彼の代名詞のようなものである。
一時期、服や武器だけを斬って、敵を殺さないスタイルをとっていた事もある。

ただし斬鉄剣の弱点は意外にもコンニャクであり、そればかりは斬鉄剣を以ってしても全く斬れなかった。

徒手格闘においても、空手免許皆伝という腕前であり、凄まじい戦闘力の持ち主。
バイクと同等のスピードで走ったり、異様な高さまで跳躍したり、高い所から落ちても平気だったり等、ルパン一味の中でも特にずば抜けた能力の持ち主である。
その能力から、DVDの解説書などでは五ェ門を「史上(世界)最軽量の機動兵器」と称している。

古風なイメージが強すぎる彼だが機械が苦手なわけではなく、携帯電話やスマートフォンを所持しているほか、ルパン一味なだけあって、意外にもボートからトレーラー、ヘリコプターなどの多岐に渡る操縦を担当したり、弓や銃器を扱えるなど意外と万能であったりもする。

超能力者とわたりあうなど、シックスセンス的能力を有しているとおぼしき描写もある。
(これについては、実際に過酷な修行によって『最速の感覚』を会得し、『見えないものが見える“仏の境地”』に達していたことが明らかとなっている)

趣味嗜好

食に関するこだわりはかなりのもので、日本食の入手し辛い海外で日本食を食べたいと我儘を言ったり、しばらくぶりに白米と梅干しにありついた際には涙を流したり、爆弾を解除する際には「梅干しの色だから」という理由で赤い線を切り解除に成功したりしている。蕎麦なども好きでありインスタントそばをよく買っていたり、時には自らそばを打ったことも。
酒に関しても洋酒より日本酒を好む。が次元にバーボンを飲まされた時はうまいうまいと言ってストレートで何杯も飲んでいた。
また、明確にトマトケチャップが嫌いだと発言したことがある。
煙草に関しては、次元やルパンのようなヘビースモーカーという訳ではないが、まったく吸わないというわけでもなく、喫煙描写が稀に登場している。

基本的には真面目でストイックな性格であるが、ルパン達と共にギャンブルに興じるのも好きであり、ある時は散財したり、逆にある時は大当たりをしていたりする。
ちなみに動体視力が異様に良すぎるため、スロットマシーンのボタンを「目押し」しすることに関しては、狙い通りに止めることが可能だったりする。

歌舞伎の鑑賞なども好きなようで、感動して涙を流すほどである。

茶道を嗜んでいる姿が描かれたこともあり、尺八などの楽器の演奏も出来るようである。

釣りもよくしてるらしく北極で釣りをした事もある。

ラブロマンス

アニメにおいて峰不二子「不二子ちゃん」と呼んだ最初の人物である。
当初は猫をかぶっていた不二子に惚れていたとはいえ、彼女の本性を知ってからは、「信用できぬ」相手として距離を保っている。
ただし不二子と2人で行動する事自体は多く、作品によっては諸事情あって彼女に頭が上がらない場合もあり、時にはルパンの危機ではなく不二子の頼みをやむなく優先する羽目になった事まである。

面食いであり、純情な性格ゆえにルパン以上に女性には弱い。といっても軽薄という訳ではなく、ひとたび一人の女性に惚れこんだら(惚れる相手のタイプが作品ごとに全く違うという点はさておき)、何よりも相手を最優先しとことん尽くす、という一途な性格である。
しかし、それゆえに女性に騙されることも多く、上記の新興宗教の件など「惚れた女性に騙された」「惚れた女性が敵側の人間だった」というパターンもかなり多い。
ルパンは「女は手にかけない」のが基本で、次元は女に対し警戒心が強いので、敵側に戦う女キャラがいる場合は五ェ門と絡ませるのが自然という、ストーリー展開上の都合で割を食っている面もある。
基本的に女性には優しく、(やや目つきは鋭いものの)端正なルックスであるため、女性の方から好意を寄せられることも少なくない。
しかし、好意を互いに抱いていても何らかの事情で結局結ばれないまま離れるなど、女性方面に関しては次元同様、悲恋が多い。

カリオストロの城ではクラリスの可憐さを口にするほど、高貴で可憐な女性にもとことん全力で尽くす。

OVA版『風魔一族の陰謀』では墨縄紫という名家の令嬢と婚約しており、五ェ門が苗字を変えて婿入りするという形で結婚話が進んでいる。所謂肉食系女子的な相手のリードにより、いたって良好な関係だったのだが、最終的に五ェ門の修行のため結局、結婚は延期となった。

その後婚約がどうなったのかはハッキリしていないため謎である。
しかし、その後の作品でも、五ェ門が女性に惚れたり、女性のために尽くすことは多くあり、周囲もそれを当たり前に受け入れているため、特定の交際相手などは居ない身であることが伺える。(もし婚約者がいるのであれば、生真面目な五ェ門がほぼ浮気レベルの問題行動を連発する上に、周囲の仲間達がそれに対して何の反応もしない、というかなり無理がある状態になってしまう。)
元々、ルパン三世シリーズはパラレルワールド性が強いものであり、キャラの設定が作品によってコロコロ変化することが珍しくなく、『風魔』という作品自体が、通常のルパンシリーズとは異なるキャストにより従来な作品とは違うものを、というコンセプトで制作されたものであるため、この件に関しても、「その後婚約解消に至った」可能性だけでなく、「設定そのものが消滅した」可能性や、「一部の作品のみに通用する設定である」可能性など、様々なケースが考えられる。
そのため、「その後も婚約関係が継続しており、かわらず婚約者とラブラブである。」という設定の五ェ門が(通常の五ェ門とは別に)何処かに存在している可能性すらも、一応ある事にはなる。

演じた人物

PART1のみの担当。硬派なキャラ付けとして演じられており、時にドスの効いた声で脅すため、他の担当者と比べて迫力がある。しかしこの声で「こちらは峰不二子ちゃん。某のガールフレンドでござる」というシュールな台詞が飛び出したり、時には乱暴な台詞を吐くことも。後に大塚周夫自身は他のスペシャル等でゲスト出演している。

第2シリーズ~2010年のスペシャルまで担当。2021年現在では担当年数・担当本数ともに最大。変更されたのはテレビ局の意向によるものだが、井上自身は理由を知らず、「PART2以降、五エ門が優男然とするようになったから変更されたのでは?」と事情を推察している。「また、つまらぬ物を切ってしまった」や女性に弱い設定が特に強調されるようになったのはこの頃であり、現在知られる五エ門の性格の多くを形作った。それでもルパン一味の中でかなりシリアスさを保ち続けたキャラだったが、徐々にそれを逆手に取ったギャグに使われるようになった。
2011年のスペシャル以降の担当。先代のイメージを意識して低めに演じられている。初担当時からかなりコミカルなキャラ付けとなっている。
「戸がね!開かないの!」
と言う迷台詞を言ったのもこの五ェ門。
当初は抜刀シーンにおける掛け声は自身が得意とする二枚目に寄ったものだったが、徐々に先代を意識した居合の叫びへと変遷していった。
  • その他
パイロットフィルム-シネマスコープ版では銭形警部役で知られる納谷悟朗、パイロットフィルム-TV版では小林修、D2MANGAでは堀井真吾、風魔一族では塩沢兼人、実写映画版一作目である「念力珍作戦」ではそもそも登場せず、実写映画版二作目では綾野剛新春かくし芸大会『ルパン賛成』では布施明SMAP×SMAP『スマスマルパン三世』では木村拓哉、ルパン三世 I'm LUPINでは影山ヒロノブ、「ルパン三世―王妃の首飾りを追え!―」では彩凪翔が演じた。

『ルパン8世』の石川五ェ門

22世紀の未来を描く『ルパン8世』に登場。
ルパン三世の五代後の子孫ルパン8世の相棒であり、同姓同名である十三代目石川五ェ門の子孫。
服装を含めた容姿や性格は『三世』の五ェ門とほぼ同一だが、名前の表記は「十八代目石川五右ェ門」。
またルパン8世自体が日仏合作企画であったため、子供番組における刃物による殺傷描写をNGとするフランスの放送コードに則りなんと斬鉄剣がレーザーブレードになっている
活躍するのが未来という事もあって仕事によっては宇宙服も着用するのだが、そのデザインは戦国時代の甲冑がモチーフ。

なおコミカライズ版では『三世』時代の五ェ門も実は生きており、ルパン三世や次元らと共に実に250年もの間冷凍冬眠しているという事になっている。

余談

特徴的な性格設定やイメージは、アニメにより形成され定着したものであり、原作漫画ではかなり印象が異なっている。詳しくはこちら。→原ゴエ

なお、原作以外のコミカライズ作品では、アニメのイメージに沿ったキャラクターであることが多い。

関連イラスト

サムライフレンド
ごおお


1stえもんさん。
「またつまらぬもにょを斬ってしまった」


日向にて、ただただ瞑想
あのポーズ



関連タグ

ルパン三世 次元大介 峰不二子 ルパン
長髪 和服  斬鉄剣 石川五右衛門
ルパン一味 ルパンファミリー

燃えよ斬鉄剣血煙の石川五ェ門:劇場用作品にして、主人公として活躍する。

関連記事

親記事

ルパン一味 るぱんいちみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「石川五ェ門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13307906

コメント