ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 二代目にして現状最後のフランス皇帝、「ナポレオン三世」(メイン画)の本名。その後のナポレオン家にも「ルイ」の名を持つものが多い。
  2. キャプテン翼』の登場人物。

1の概要

フランス皇帝、ナポレオンの甥として19世紀後半のフランスで権力をふるう。

1848年の二月革命後に第二共和制大統領に当選、1851年12月にクーデタで独裁権力をにぎり、1852年12月に皇帝に即位しナポレオン3世となる。

フランスの復興を目指し産業の保護、インフラ整備などに努めると共に、国民的支持を得るため、積極的な対外政策(クリミア戦争イタリア介入、メキシコ出兵、中国インドシナ進出など)を進めたが、最後はビスマルクプロイセンとの普仏戦争に敗れ、1871年に退位。


評価

正直に一言で言えば戦争が下手くそであった。

叔父のナポレオンが絶大すぎるゆえ、暗君暴君扱いされがちだが、内政面では優秀だった。

下水道及び水洗式トイレの設置を勧め、これにより、忌まわしきペストの発生は抑えられた。

また、鉄道網や港湾設備の大整備を行い、国内流通と海外貿易の便を改善してフランス経済を発展させた結果、自身の敗戦で課せられた賠償金の短期間完済に成功したのは皮肉である。

戦争が下手と言っても、普仏戦争時点でプロイセン軍に対してフランス軍が分が悪い事は重々理解しており、その数年前に軍隊の改革案を議会に出したり、普仏戦争の直接の原因となったスペインの王位継承問題でも外交と説得でプロイセン王族のスペイン王位継承を阻止して戦わずして目標達成したりするところまで漕ぎつけたが、前者は議会の説得失敗、後者は好戦派に煽られた国民を抑えきれなかった結果、敗戦を招いてしまった。

イタリアのベニート・ムッソリーニと共通点が多く、共に国民の人気を背景に独裁政権を築いたが、その後も国民の人気取りに走らざるを得なかった点や、内政面ではなかなかの業績を残しながら、外交や軍事面で失敗して失脚した点が共通する。これをイタリア人やフランス人に言うと怒られるので、注意が必要である。


2の概要

ナポレオン

CV:松本保典塩沢兼人(カセットブック)/高塚正也


フランスユース代表FW


ジュニアユース編では決定力不足に悩むフランスの起爆剤として起用された。

日向と並んで攻撃的な激しい性格で短気。素質や実力はあるが問題行動も多い。

そんな彼の起用をピエールは危惧していたが、代表入り後は危険なプレイでイエローカードを貰う事はあっても、問題行為は減った模様。


必殺シュートは「キャノンシュート」。

また、エル・シド・ピエールとのコンビでフィールドをエッフェル塔に見立てたパス戦法「エッフェル攻撃」や、ゲームオリジナルにおいてピエールとのツインシュート技「スライダーキャノン」を使う。

誕生日:12月25日 血液型:O型


関連タグ

フランス帝国 フランス ナポレオン

共和制  独裁者


参考

  • 世界史の窓

関連記事

親記事

フランス人 ふらんすじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27066

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました