ピクシブ百科事典

フランス皇帝

ふらんすこうてい

帝政フランスの支配者だった。Empereur des Français。
目次[非表示]

国民が承認した『帝位』

1804年フランス共和国国民議会第一執政だったナポレオン・ボナパルトが議会上院と国民投票により得た帝位

正式号はEmpereur des Français。「フランス人の皇帝」ナポレオン1世の誕生である。

帝位の理由

フランス革命により国王が処刑されるほど、当時の(現在も)フランス国民は『王爵』を嫌うらしい。
依って“王”ではない存在のローマ皇帝が妥当だと思われたそうだ。

ナポレオン(以下1世) はローマ帝国にならい帝位に就く前にローマの『セナートス』を模し、国民議会の上院として『元老院』を創設する。

そして、これまたかつてローマ元首コンスル(定員2名の執政者)を模し『第一執政』による『執政政府』を作る。

そして第二執政も設定し、ますますローマ共和国ローマ帝国を真似していた。

1世は戦勝記念としてかつてローマ皇帝が戦場から帰ってくるときに『凱旋門』という門をくぐっていた伝統をこれまた模した。エトワール凱旋門である。

しかし大きさがかつてのそれとは桁違いに巨大なところは違っていた。
どうも1世はアウグストゥスを目指していたようだ。

しかし、皮肉なことにこの凱旋門が完成したのは1836年。1世の死後15年が経っており、4年後にパリに改葬するため無言の帰国の際、彼の棺がエトワール凱旋門を潜った。

関連タグ

ナポレオン3世:実質2代目のフランス皇帝で、1世のの子。実子ナポレオン2世は早世。

pixivに投稿された作品 pixivで「フランス皇帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100

コメント