ピクシブ百科事典

ピエール・コーション

ぴえーるこおしょん

ピエール・コーションとは、フランスの聖職者(1371年 - 1442年)。
目次[非表示]

概要

ブルゴーニュ派・親イングランド派の聖職者。
ジャンヌ・ダルク異端審問にて裁判長を務め、彼女を異端認定し死刑判決を出した張本人として知られる。

Fateシリーズにおけるコーション

Fate/Apocrypha』『Fate/GrandOrder』にてわずかながら登場している。

外見は恰幅の良い老人として描かれている。
史実の通りジャンヌ・ダルクを火刑に処したが、FGOでは第一章「邪竜百年戦争オルレアン」にてジャンヌ・オルタに捕らえられ、命乞いをするも、異端認定したジャンヌに命乞いしたことで自らを異端者と認定してしまい、復讐の炎によって骨も残らず焼き尽くされた。
その後はジャンヌ関連のイベントに登場している。

関連タグ

フランス 聖職者 司教 百年戦争 異端審問 Fate/GrandOrderの登場人物一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ピエール・コーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 681

コメント