ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

正式タイトルは、『LUPIN THE III RD 血煙の石川五ェ門』。
ルパン三世』シリーズでお馴染みの石川五ェ門主人公となった短編映画。監督・作画監督は前作に引き続き小池健がつとめる。
2017年2月4日に全国で公開。

LUPIN the third ~峰不二子という女~」から始まるスピンオフの作品第3弾で、本作は前作「次元大介の墓標」のハードで危険な世界を引き継いだ…というよりは「実質的に前作で出番の無かった五ェ門のために用意された作品」とでも言うべき内容である。

タイトル通り作中でも大量の血しぶきが飛び交い、人体の切断面が明確に描写される等、歴代の作品の中でもグロテスクな描写が多い。

あらすじ

これは石川五ェ門がルパン達と出会っているが、まだ正式に仲間入りしていなかった頃、一行の実力が現在のように洗練されるよりも前の話。

舞台は日本の伊豆沖を進む豪華賭博船で、敵対する組に襲撃された鉄竜会の組長を救ったのは、若き用心棒石川五ェ門だった。
しかしを振り回す謎の大男により、機関部を破壊された船は大爆発し、組長も命を落とす。そして五ェ門も男の底知れぬ力を前に逃げられてしまう。

一方、同じ賭博船から売り上げ金を奪うことに成功したルパン三世次元大介峰不二子は、洋上のボートからその様子を目撃する。

かつて戦場で2,000人を殺戮したという兵士ホーク
“バミューダの亡霊”とも呼ばれる死んだはずの男が何故日本にいるのか?公安の銭形警部はホークの足取りを追う。
また組長の葬儀の場で、義理を果たせなかった裏切り者の汚名を掛けられた五ェ門も、その屈辱を晴らすためホークを追う。

そしてアジトで祝杯を挙げるルパンたちを突如ホークが襲撃し、逃げる一行と追うホークの前に現れたのは五ェ門だった。
「助太刀無用!」そう言い放つ五ェ門とホークの死闘が始まるが…。

登場キャラクター

  • ホーク

その筋では有名なスゴ腕の兵士で2000人を殺したとされる生ける伝説。バミューダ沖の作戦で死亡が確認されたのに、今も生きている謎の存在で「バミューダの亡霊」と称され、世界中の諜報機関からマークされている。
見た目は平凡なアメリカの農夫然としているが、その本質は野生暴力の化身のような存在で、ターゲットは勿論、邪魔なものや利用しようと考えた市民にも息を吸うように手を上げる危険人物。

超人的な筋力と防御力、反射神経の持ち主で、五ェ門の居合いを軽く見切り剣が抜けなくなるほどのトラウマを与えた。
バイクと二丁の片手斧を自在に操り、機械や乗り物にも強い強敵である。食べる量も超人的で、10人前の肉を軽く平らげ、大量のビールを飲み、なお的確な行動とバイクの運転ができる。

鋼鉄製の義歯がトレードマーク(恐らくはバミューダ沖の作戦中に自らの全ての歯を別の焼死体に埋め込んで歯形を偽装した逸話からと思われる)。
結局ルパン達を抹殺しようとした理由は最後まで明かされず、覚醒した五ェ門に腕を斬り落とされて負けを悟り、何処かへと去っていった。


  • 稲庭組長
伊豆半島に根を張る極道組・鉄竜会のボス。石川五ェ門の腕前に惚れ込み、彼を用心棒に迎え入れた。
気っぷが良く度量の大きい人物だったが、ホークによる賭博船襲撃による爆発に巻き込まれ、仁義より残虐さが勝った部下たちに見棄てられたため死亡した。
劇中前半で五ェ門が着ている紋付き袴と刀の拵えは稲庭組長が贈ったものである。

鉄竜会・稲庭四天王
鉄竜会の幹部で腕利きのヤクザ達である。新参者の五ェ門を疎んじている。

  • 西郷兄弟
双子の威丈夫。六角棒の使い手で四天王の中心人物である。

  • 井上
四天王の一角で無口な格闘家。

  • 岩崎
四天王の一人で分銅鎖の使い手。

  • 稲庭Jr
稲庭組長の息子で、組長亡き後鉄竜会を引き継いだ。護衛の役目を果たせなかった五ェ門に仇討ちを命じる。

  • 吉永
虎刃組の組員。かつて稲庭組の組員だった。稲庭の組長の暗殺を四天王と五ェ門に阻止された。

関連動画




関連リンク

公式サイト
監督インタビュー

関連タグ

次元大介の墓標 峰不二子という女 ルパン三世
メガロドン?...なぜか伊豆の沿岸にいた。

関連記事

親記事

ルパン三世長編シリーズ るぱんさんせいちょうへんしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「血煙の石川五ェ門」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「血煙の石川五ェ門」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 346488

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました