ピクシブ百科事典

宇宙革命軍

うちゅうかくめいぐん

宇宙革命軍とは、『機動新世紀ガンダムX』に登場する勢力。
目次[非表示]

概要

と正反対にあるラグランジュ・ポイントのスペースコロニー群「クラウド9」を拠点とする軍事政権を発端として軍事勢力。

来歴

地球統合連邦政府とは激しく対立しており、アフターウォー以前からコロニーの独立を求める勢力と旧連邦政府との間で武力衝突が多発していた。
中でもザイデル・ラッソ総統を中心とした武装勢力は「宇宙革命軍」と名乗り、旧連邦軍相手に独立戦争を挑み、「第七次宇宙戦争」と呼ばれる一大戦争を引き起こした。
革命軍は戦争に反対する勢力をコロニーの住民諸共毒ガスで抹殺し、戦争が8ヶ月にも及ぶ長期戦となると無人となったコロニーを地球に落下させるコロニー落としを準備し連邦側に無条件降伏を迫った。
しかし地球側はモビルスーツ・ガンダムを投入して徹底抗戦の構えを崩さず、ガンダムXサテライトキャノンでコロニーを破壊するのを見た革命軍は勝利を焦るあまり恫喝のつもりだったコロニー落としを強行。40基以上のコロニーが地球に落とされ、壊滅的な被害を与えた。
その後戦争は泥沼化し、双方とも大量の戦力を失ったままなし崩し的に戦争は終結した。
母体であるクラウド9は無傷だったものの戦力の再建に手を取られて現状維持のまま15年もの歳月を過ごしていった。しかしあくまで地球侵攻を諦めたわけではなく、欧州を中心に再建しつつあった新連邦の施設にスパイを送り込むなど、地球の情勢を探らせることは怠らなかった。このスパイの中には戦時中から地球に潜伏していた者もおり、コロニー落とし等の理由で犠牲者が出たり、指揮官の暴走で最終的には私物化されたものの無政府状態だった北米大陸に拠点「フォートセバーン」の構築に成功している。

一方革命軍の攻撃でコロニーを追われ、難民となった人々が反革命軍組織「サテリコン」を結成し、放棄された小惑星基地を根城に妨害交策やテロ行為を行っていた。
革命軍はこの基地を発見するとモビルスーツ部隊の攻撃や荷粒子反応弾で壊滅させ、かつての連邦政府が息を吹き返すとコロニーレーザーで地球を攻撃する「ダリア作戦」を決行しようとするが、直前にサテリコン残党と手を組んだガンダムダブルエックスのツインサテライトキャノンでコロニーレーザーを破壊されてしまう。
その後は旧連邦軍がファーストニュータイプを封印した月面施設「D.O.M.E.」に接触する方針に転換し、同じくD.O.M.E.を目指す新連邦軍と戦闘を開始。フリーデンクルーや連邦側のフィクス・ブラッドマンらと共にD.O.M.E.との接触に成功したが、望んでいた回答は得られなかった。
それでもなお戦い続けようとしたものの、ブラッドマンを裏切ったフロスト兄弟によって両者共に暗殺される。
指導者であるザイデルが戦死したことでようやく新連邦との和平交渉に臨んだ。

ニュータイプ主義

ザイデル総統はコロニーの思想統制として、進化した人類と言われる「ニュータイプ」を政治に利用する。
ニュータイプを「人の革新」と位置づけ、スペースノイドはその最初の一歩であると説いていた。彼の主義では宇宙に住む人々は全て潜在的なニュータイプであるとし、その能力者は潜在していた力は早い段階で発露した存在とされていた。
しかしザイデルはあくまでもニュータイプを思想統制の為の道具程度にしか考えておらず、能力には関心がなくむしろ疎んじていた。彼が必要としているのはあくまでも「自身の思想統制や主義に従うニュータイプ」であり、地球生まれでありながらニュータイプ能力を持つという主張していた思想とは異なり、彼にも従わなかったティファ・アディールの存在を認めなかった。

戦争自体もザイデル個人のエゴで発生した側面が強く、彼の死を持って融和政策へと転換した。

所属人物

ザイデル・ラッソ
ニコラ・ファファス
ノモア・ロング
ランスロー・ダーウェル
ペイン・ネル
ネラー・ガモウ
ベルノ
ナーダ・エル

所属MS・MA

ジェニス
ジェニス改
ジェニスカスタム
ジュラッグ
ポーラ・ベアー
セプテム
セプテム改
オクト・エイプ
オクト・エイプ改
ベルティゴ
クラウダ
フェブラル
パトゥーリア
ディクセン・ホーネット
ディクセン・モードエックス

所属戦艦

アストラーザ級
パテオ
ガーベラ
キグナス

関連タグ

機動新世紀ガンダムX

コメント