ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私は現状に不満を抱いている。革命軍と和平を締結するなど私の求めた答えではない。コロニーはもともと地球に隷属すべき存在なのだ」
「ニュータイプ、か……。私はニュータイプを人の革新だとは認めておらん。いや、認めるわけにはいかんのだ。それを認めてしまえば自分を含めたすべてのものが"旧人類"の烙印を押されてしまうからだ。やっと私の番が回ってきたのだ。世界を動かす世代となったのだ。それを特別な力があるという理由だけでニュータイプなどに奪われてなるものか!奴らの力は我々のためにあるのだ!」

概要

CV:青森伸
機動新世紀ガンダムX』の登場人物。でっぷりと太ったスキンヘッドの中年男性。
政府再建委員会のリーダーであり、新地球連邦政府樹立後は新連邦軍総司令官に就任した。


人物

ガンダムシリーズお決まりの典型的な腐敗した地上軍の象徴。
ニュータイプに対しては、兵器としての利用性のみを認め、同時に秩序を乱すものとして恐れている。そのため妥協寄りの意見で固まりつつあった委員会では孤立しており、フロスト兄弟が彼らを排除するまでは疎まれていた。
同じくニュータイプに否定的な考えを持つフロスト兄弟は、彼のそのような部分に取り入り、物語後半においてはブラッドマン直属の部下にまでのし上がっていた。
ブラッドマン本人はフロスト兄弟を使いこなし、事を進めてきたつもりであったが、兄弟にとってブラッドマンもまた、利用するだけの存在にすぎなかった。宇宙革命軍の地球侵攻計画・ダリア作戦が破綻した後も尚、ブラッドマンは「D.O.M.E.」をめぐって宇宙革命軍との間で早期に全面戦争を再開するよう主張する。そして遂にフロスト兄弟は宇宙革命軍のボスであるザイデル・ラッソを誅殺し、新連邦は勝利した……かに見えた直後、用済みとばかりにフロスト兄弟に裏切られ、最期はサテライトランチャーの直撃を受けて消滅した。

スパロボでは

『X』自体参戦回数が少ないため、今の所『スーパーロボット大戦Z』で登場したのみ、
一応クーデターで失脚したジョゼフ・コープランドの後任の地球の大統領という扱いであるが、上記を見れば明らかなとおり、政敵であるザイデルに勝るとも劣らない俗物かつレイシストであることから完全に「わかりやすい悪役」として描かれ、ロード・ジブリールにすら「小物」と断ぜられている。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX

関連記事

親記事

新地球連邦 しんちきゅうれんぽう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フィクス・ブラッドマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35230

コメント