ピクシブ百科事典

アイムザット・カートラル

あいむざっとかーとらる

アイムザット・カートラルとは、『機動新世紀ガンダムX』に登場するキャラクター。

CV:石塚運昇

人物像

政府再建委員会(のちの新地球連邦の中心メンバーである諜報統括官。フロスト兄弟の上官。

第七次宇宙大戦時代から地球連邦軍に属しており、当時の階級は中佐。この頃からニュータイプを戦争の道具と見なしていた。

ニュータイプの力が新地球連邦に必要と考え、東南アジアにある人工島ゾンダーエプタにてジャミル・ニートが第七次宇宙大戦で使用していたガンダムX2号機を回収し、そのデータを基にガンダムダブルエックスを開発していた。

北米の偵察と調査が管轄だが、ニュータイプを中心とした開発を推進しており、それ故ガンダムが強大な戦力とみなしつつも軽視している再建委員会からは煙たがられている。またニュータイプ研究所と独自に接触を図るなど、自ら行動を起こしていた。恐らくこれは前大戦時に口にしていた「戦争の道具たるニュータイプをうまく使う者が世界を作る」と言うセリフから見てニュータイプを使って覇権を求めていたと思われる。尚フロスト兄弟に関しては優秀な部下として認めてはいたが内心ではニュータイプではないカテゴリーFとして蔑視していた。
ローレライの海にてGビットの回収に失敗後、フリーデンとの戦闘にて再建委員会から派遣されたカトック・アルザミールら精鋭部隊が派遣される等自身の立場が危うくなったものの、ダブルエックスのツインサテライトキャノンでフリーデンクルーを恫喝し、ゾンダーエプタに拘束。
そしてカトックやフロスト兄弟を巻き込む形で行動を起こしたものの、カトックの裏切りでダブルエックスがガロード・ランに奪われ、さらにはフロスト兄弟からも離反された上、委員会直属の軍を派遣されてしまった。
完全に追い詰められ、自身に銃を向けたシャギア・フロストをカテゴリーFと恫喝したが用済みとみなされ射殺された。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX

コメント