ピクシブ百科事典

ザイデル・ラッソ

ざいでるらっそ

ザイデル・ラッソとは、『機動新世紀ガンダムX』に登場するキャラクターである。

CV:岸野一彦

人物像

宇宙革命軍の総統。ニュータイプを中心に据えたニュータイプ主義をイデオロギーとし、革命軍を統率する。15年前の第七次宇宙戦争の時点ですでに革命軍総統の地位にあった模様。
しかしザイデル本人は自分の権力独占と選民思想を正当化するためにニュータイプを神格化しているだけにすぎず、ランスロー・ダーウェルへの扱いから見てもニュータイプの力に興味を示さず、地球生まれでありながら生粋のニュータイプであり、自身が掲げるニュータイプ主義と反する存在であるティファ・アディールの事も認めず、むしろ異質な存在であるかのように扱うなど連邦軍のフィクス・ブラッドマン同様ニュータイプを道具程度にしか考えていない。この行いが、ランスローやニコラ・ファファスの失望を買う事になった。

かねてよりの悲願であった地球再侵攻の為、地球をコロニーレーザーで攻撃する「ダリア作戦」を慣行するも、ガロード・ランが搭乗するガンダムダブルエックスサテライトキャノンでコロニーレーザーを破壊され作戦は失敗。
その後は地球の覇権を握る鍵とされているD.O.M.E.への接触を図り、同じくD.O.M.E.を目指す新連邦軍と戦闘に陥った。
D.O.M.E.から望んでいた回答は得られずともなおニュータイプ主義に固執し戦闘を続行させようとしたものの、フロスト兄弟のサテライトランチャーで乗艦諸共木端微塵に吹き飛ばされた。
彼の死を持って革命軍はようやく融和政策へと転換し、地球との和平へ進むこととなった。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX 宇宙革命軍

関連記事

親記事

宇宙革命軍 うちゅうかくめいぐん

兄弟記事

コメント